2組の兄妹の再会! …そして高遠遥一のルーツとなる、新たな館が登場! 金田一少年の事件簿・薔薇十字館殺人事件の感想・14

 週刊少年マガジンで連載されている

金田一少年の事件簿』。

20周年を記念する最後の事件は

薔薇十字館殺人事件

で、

今週発売の第20号で事件は完結した。



 最終回では2組の兄妹の再会が描かれていた。

 一組は高遠遥一と月読ジゼル

 そしてもう一組は佐久羅京白樹紅音


 つまり、高遠の異母妹はジゼルだった!!

 
 …けれども高遠とジゼルの再会は、はじめ曰く『兄弟対決は最悪だった』とのこと。


 何と、ジゼルは証拠隠滅のために館を爆破しようとしていたのだ!!


 けれども起爆スイッチはジゼルの胸に隠してあって、ナイフで起爆スイッチを刺して高遠が止めた。
 また、薔薇十字館からは具体的な描写はないがジゼルの仕掛けた爆弾を用いて茨のアーチを吹き飛ばして脱出した模様。

 …直近のボストンマラソンで子どもを含めて3人が亡くなり多数の負傷者も出た爆破事件があったばかりなのでさすがに爆発はなかったか…。

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2938996/10590961

 そして佐久羅と白樹先生が兄妹関係だということは、はじめは気がついていた。
 その理由は白樹先生の小さい頃の写真。子どもにしては写真が上手に撮れているからだという。


 …今回の事件では母・美咲蓮花を殺されたジゼルが、母がダイイングメッセージとして残した薔薇に皇翔(こうしょう)という薔薇がはっきりとあったので、この薔薇十字館を売る話を持ちかけ、皇翔(すめらぎしょう)を館に呼び出し、他の共犯者の名前を聞き出そうとした。けれども皇に拒まれに掴みかかられ、突き飛ばしたら死んでしまった
 ジゼルはパニックになって館を飛び出したが、公園で蜉蝣という薔薇を披露する大道芸人を見かけたこと、そして異母兄にジゼルの母が「蜉蝣」を残していた事から高遠が自分の兄であることに気がつき、残りの4人を抹殺することを決意、皇をバラバラにしてプリザーブド処理したとのこと。

 またローズグランドホテルの火災について、スプリンクラーに不備があったことが毛利御門から明かされていた。それはジゼルも勘づいていて今回の事件では管理人役を依頼していた。

 そして薔薇十字館殺人事件』のラストは、高遠が警察に逮捕され連行されるときにはじめに『高遠とジゼルの父親はどんな人物だったのか』ということを言い残し、再び脱獄を果たした高遠が、父につながりがあると思われる館の前に立つ…、というシーンだった。

 …いずれこの館を舞台に新たな事件がスタートすると思われるが、今回の事件は、犯人はキャラクターの濃さから容易に想像がつくけれどもこれまでの事件とは違って、「何気ない場面がトリックを解くカギになるシーン」が少なかったと私は思う。
 特に禅田みるく殺しの『ニオベの娘』関連については、冒頭の高遠とはじめが会う場所が映画館ではなく美術館だったらトリックは想像がついていたかも

 …それにしても、高遠に毎度脱獄される警察って一体…。
 
(※参考
週刊少年マガジン 
金田一少年の事件簿 薔薇十字館殺人事件
講談社
(第1話~最終回(第20号 p320~p345))

AFPBB News
ボストン・マラソンで複数の爆発、3人死亡 100人超負傷
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2938996/10590961
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年マガジン
ジャンル : 本・雑誌

冬野八重姫は人間のクズか!? …金田一少年の事件簿・薔薇十字館殺人事件の感想・13-2

 今週刊少年マガジンで連載されている

金田一少年の事件簿

薔薇十字館殺人事件

が解答編に突入し、犯人の動機も語られ、いよいよクライマックスを迎えることに。
 
 …それにしても、去年

金田一少年の事件簿』が20周年

を迎え、これに合わせて連載された3つの長編、『人喰い研究所殺人事件』『香港九龍財宝殺人事件』『薔薇十字館殺人事件非常にパターンが似ていると私は感じる。
http://www.kindaichi20.com/jiken201.html
http://www.kindaichi20.com/jiken202.html
http://www.kindaichi20.com/jiken203.html

 これらに共通するのは、犯人の復讐の動機は

『無尽藻』(人喰い研究所殺人事件


『九龍財宝』(香港九龍財宝殺人事件)


青薔薇』(薔薇十字館殺人事件



という財宝あるいはそれに準ずるものが関わっていて、事件の犠牲者の多くがその人物に関わる人を直接あるいは間接的に死に至らしめている過去がある

 ただ大きく違うところは

殺人計画をした人と実行した人が異なる(人喰い研究所)



七瀬美雪に瓜二つな中国人少女、ヤン・ランが登場する(香港九龍財宝)



『高遠遥一の異母妹を守る』という高遠の依頼が事件に巻き込まれるきっかけになっている
 トリックが奇想天外。特に『ニオベの娘』に関わる犯人の矛盾は、彫刻の知識がないとまず解けない(※あっても解けなかったのでは?)(薔薇十字館)



というところだろうか。

 …ところで、私のブログにこんなコメントが来ていた。

冬野は青薔薇欲しさに展示場に行っただけで、美咲蓮花に対する殺意はなかったと言えます。また、冬野以外の罪人達は管理人さんの指摘通り、「人間のクズ」又は「お前ら、人間じゃねぇ!」と言いたくなるほどの所行をしていると言えます。



http://muraigenmb.blog.fc2.com/blog-entry-2223.html

 …そういえば3つの事件の最後に殺される(あるいは殺されそうになる)人もよく似ていると思う。薔薇十字館では冬野八重姫であるが、未遂に終わっている。

 このポジションになるのは『人喰い研究所殺人事件』では谷瀬あやね、『香港九龍財宝殺人事件』ではリュウ・アイビーと考えられるが、アイビーは犯人に殺され、谷瀬は殺されていないものの、谷瀬のパシリ(?)である財前乙彦がいわゆる『予定外の殺人』で殺されている。

 そして冬野が『人間のクズか?』という判断についてはアイビーと谷瀬についても比較する必要があるのではないだろうか。

 まずアイビーについては積極的に関わっていたわけではなく、九龍皇帝、ワン・ロンの息子たちを逃している。これはドラマでビビアン・スーがアイビーを演じたのとほとんど同じ展開だ。

http://www.ntv.co.jp/kindaichi-hongkong/

 また、谷瀬についても緑川繭の父を自殺に至らせるシーンはあるものの、目撃しただけで事件には直接関わっていない。

 また、冬野についても直接殺人には関わっていない。
 そもそも美咲蓮花に対する殺意という殺意というか青薔薇を手に入れるのに一番積極的だったのは最初に黒薔薇で飾られたバラバラ死体で登場した皇翔で、この人こそ『人間のクズ』というにふさわしいと思う。次に青薔薇のケースを壊した小金井睦で、冬野と祭沢一心、禅田みるくは実行に消極的だった。

 けれども、ローズグランドホテルの火災で月読ジゼルの母・美咲蓮花や佐久羅京の妹と思われる人物のみならず大勢の人を火事に巻き込んだことから『人間のクズ』とみなされても仕方ないと私は思っている。

 …『磯田知章』さん、コメントありがとうございました!
 確かに美咲蓮花に対する冬野の殺意はなかったと思います。けれどもローズグランドホテルの火災で多数の被害者、犠牲者が出たことから、事件の一番の実行犯である皇翔は明らかに人間のクズであり、青薔薇の窃盗に関わってしまった人たちはたとえ積極的でなくとも冬野を含め「人間のクズ」というそしりを受けても仕方ないと私は思います。


(※参考
金田一少年の事件簿 20周年
人喰い研究所殺人事件
http://www.kindaichi20.com/jiken201.html
香港九龍財宝殺人事件
http://www.kindaichi20.com/jiken202.html
薔薇十字館殺人事件
http://www.kindaichi20.com/jiken203.html

日本テレビ
金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件
http://www.ntv.co.jp/kindaichi-hongkong/

週刊少年マガジン 
金田一少年の事件簿 薔薇十字館殺人事件
講談社
(第1話~第13話(第19号 p273~p294))

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

『美咲蓮花』は月読ジゼルの母の名前だった! そして皇翔たちの過去も明らかに… 金田一少年の事件簿・薔薇十字館殺人事件の感想・13

今週刊少年マガジンで連載されている

金田一少年の事件簿薔薇十字館殺人事件

解決編

に突入したが、犯人は何となくわかったけれども祭沢一心、禅田みるく殺しの密室トリックや、はじめと高遠遥一の指摘する犯人・ローゼンクロイツの『おかしな発言』3つは予想もしないところにあった。特に彫刻の『ニオベの娘』は。
 ところで今回は名前に2つの薔薇の名前を持つ

月読ジゼルと、その母である美咲蓮花のこと

がジゼルの口から明かされていた。
 美咲蓮花はジゼルの本名かと思っていたが、母親の名前だった!

ちなみにジゼルの本名は美咲ジゼルで、月読姓は母方の遠縁の姓だという。

 また、美咲蓮花は薔薇ブリーダーで2年前にローズグランドホテルで行われた世界薔薇博覧会で世界初の完璧な青薔薇を披露した人物だという。ところが最初に殺された皇翔をはじめ、小金井睦、祭沢、禅田、そして殺人未遂に終わった冬野八重姫が青薔薇欲しさに展示会場から青薔薇を盗み出そうとし、皇の提案で火を放ったが予想以上に火の周りが激しく、しかも美咲と鉢合わせしたので美咲を気絶させ5人は逃げてしまった。美咲は逃げ遅れて亡くなってしまったが、ダイイングメッセージを残していた。

 それは焼けた5本の薔薇だったが、皇翔(こうしょう)という薔薇がはっきり残っていた。

 …特に皇翔(すめらぎしょう)が薔薇の権利を美咲に迫っていたことから皇が最初の犠牲者になったのではないか。

 …ローズグランドホテルの火災を起こした5人はまさに

『許さんぞ、人間のクズめ!』(CV:飛田展男)

『お前ら人間じゃねぇ!』(CV:うえだゆうじ)


と思わず言いたくなるような人たちだと私は思う。

 実際、今回のストーリーでは佐久羅京も自分の妹ではないかと思われる人を失ったことに憤りを覚えていたし。
 
 …それにしても、この『薔薇十字館殺人事件』は、金田一少年が20周年の最初の事件、『人喰い研究所殺人事件』の展開とよく似ていると思う。
 
 ただ違うのは事件に関わりのある何かしらのものに携わっていた親を失った子どもが犯行計画をしたものの、実行したのは後者では別になっていることだ。

http://www.kindaichi20.com/jiken201.html

 …もしこの事件をドラマかアニメでやるとしたら犯人は原作とは別になっているのではないかと私は思う

 …ジゼルも犯行を認め、残る謎― 高遠の異母妹は誰か、そして白樹紅音、佐久羅京との関係は果たしてどうなるかという事に私は期待したい。

(※参考
金田一少年の事件簿 20周年
人喰い研究所殺人事件
http://www.kindaichi20.com/jiken201.html
薔薇十字館殺人事件
http://www.kindaichi20.com/jiken203.html

週刊少年マガジン 
金田一少年の事件簿 薔薇十字館殺人事件
講談社
(第1話~第13話(第19号 p273~p294))

テーマ : 週刊少年マガジン
ジャンル : 本・雑誌

禅田みるくの死体の見立ては薔薇ではなかった! そして3つの犯人のおかしな発言も意外なところに! 金田一少年の事件簿・薔薇十字館殺人事件の感想・12

今週刊少年マガジンで連載されている

金田一少年の事件簿薔薇十字館殺人事件

は解答編に突入し、犯人

ローゼンクロイツ

が最後のターゲットである冬野八重姫に手をかけようとしたところをはじめと高遠遥一に阻止された。
 

阻止されたのは歌人の月読ジゼルだった

こと、祭沢一心の円形応接室の密室の種明かし、特になぜ祭沢の胸に刺さっていた死体の杭が床を貫いていたかについてが前回(第11回)で明かされていた。

 今回は禅田みるくがボーガンの矢を背中に撃たれて殺されたことについて、禅田が殺されたのは薔薇十字館の本館ではなく本館とは別の離れだったこと、すなわち1階と地下1階が左に約30度ずれていたということ。そして、はじめが2つ、高遠が1つ見つけたジゼルの『おかしな発言』が明かされていた。

 それは次のようなことだった。

【はじめが気づいた犯人のおかしな発言・1】
 禅田殺しの時、ジゼルが螺旋階段から降りてきた場面で
何かあったんですか? 金田一さん 七瀬さん
と発言したこと


白樹紅音や毛利御門が騒いでいたのに真っ先にはじめと美雪に聞いたのはおかしい。
 普通なら毛利に聞くか『皆さん何事ですか』と聞くはずで、これははじめと美雪に開かずの部屋で殺人が行われていることを確認させた証拠。



【はじめが気づいた犯人のおかしな発言・2】
 祭沢が殺された時にジゼルが詠んだ薔薇風呂の詩。

 覗きでもしない限り男湯に浮かんでいた薔薇が女湯と同じだと知るチャンスはないはず。これは毛利に命じてどの薔薇を風呂に入れるか命じていた証拠。



【高遠が気づいた犯人のおかしな発言】
 禅田殺しの時にジゼルが詠んだ詩に『ニオベの娘』があったこと。

 入り口からは死体はテーブルが邪魔で禅田の体はほとんど見えなかったのに、ローマの国立博物館にある『崩れ落ちるニオベの娘の像』を引き合いに出したことをおかしいと高遠は気づいた。
 ちなみにニオベの娘の像は発見当初は片腕が失われていたが、「禅田の死体ははじめと高遠以外腕も袖も見えていないのにまるで見たかのように詠めるはずがない」、すなわち「ジゼルが禅田の着物の右袖を引きちぎった犯人でない限りは知りえない」というのがポイントだったようだ。



 …私はジゼルが犯人であるということは詩を詠んで小金井睦を毒薔薇のトラップにかけたことや関係者の名前に薔薇が入っているがジゼルには2つ入っていることから何となく想像がついていたし、そして禅田が殺された部屋は外からみた時と中から見た時では十字架の影がずれていることから禅田が殺された部屋は薔薇十字館ではないことも想像がついていたが、禅田が赤い薔薇の花言葉『私を射止めて』ではなく、彫刻になぞらえられていたというのは意外だった!

 …結局のところ、国語の問題ではなく美術の問題だったのか…

 …さて、次回はジゼルがなぜ今回の犯行に及んだのか、2年前のホテル火災の原因は何か、そして高遠がジゼルに対してどう動くのか、そもそも高遠が探していた異母妹は誰なのか…、など盛りだくさんな内容が予想されるので期待したい。
 
 …それにしてもたまには美術館や博物館に行かないと…

(※参考
週刊少年マガジン
金田一少年の事件簿 薔薇十字館殺人事件
講談社
(第1話~第12話(第18号 p99~p120))

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

祭沢一心の死体に杭が床まで刺さっていた理由! …金田一少年の事件簿・薔薇十字館殺人事件の感想・11

 今週刊少年マガジンで連載されている

金田一少年の事件簿薔薇十字館殺人事件

は解決編に突入したが、真相当てクイズはないのは、若干の不満はある。
 けれどもトリックはかなり大掛かりなのものが予想されるが私はどうしてもそのトリックは想像がつかなかったので、そちらは「捨て」ということで、

はじめの言う『犯人のおかしな発言2つ』とこの事件のキーパーソンかつはじめの宿敵、高遠遥一がなぜ犯人がわかったか

ということに注意して読み進めていった。
 
 前のブログにも書いたが、犯人を見つける最大のポイントは

『高遠は犯人のどんな発言からその人物が犯人だと確信したのか』



ということで、導入として高遠の変装があったこと、そしてそもそも高遠は薔薇十字館では変装をしていなかったことから高遠の顔まで知っている人物が犯人ではないかと私は睨んでいた。
http://muraigenmb.blog.fc2.com/blog-entry-2161.html
 そして私が睨んでいた人物は、最後のターゲットとして毒の仕込まれた薔薇で冬野八重姫を引っ掻こうとしたが、はじめと高遠が殺人を食い止めた!そしてその顔が明かされた。

 …それは、苗字と名前に2つの薔薇の名を持つ月読ジゼルだった!

 ジゼルは美咲蓮花の2種類の薔薇でできた黒薔薇を見せつけて小金井睦を館から逃げ出させ勝手に毒薔薇のアーチのトラップに引っ掛けて殺害した。また、ジゼルは薔薇風呂に入れなかった人をタオル回収ボックスに入っていたタオルが濡れているかで特定したとのこと。

 そして私がどうしてもわからなかった祭沢一心が円形応接室でゴルゴダの丘に見立ててしかも胸にを打たれて死んでいた件については、真ん中にがあることによってカーペットをずらさないで、なおかつカーペットの縁に糸を通すことによって扉から離れている青薔薇をたぐり寄せるというトリックだった。ちなみに高遠が言うには、『腕時計で文字盤が回る細工がしてあるもの』と同じ要領のこと。

 …ただ、最初の犠牲者となる皇翔の死体が薔薇で盛りつけられて登場するシーンでもしターンテーブルが出て来たら、読者にもっと祭沢殺しのトリックは容易に想像ができたのではないだろうかと私は思う。
 もしこの事件でドラマかアニメをやるとしたらそうしてほしい。
 特に前の事件、香港九龍城財宝殺人事件で佐木竜二のメガネが形状記憶合金であるという何気ないことからトリックを思いついたシーンがあったが、この事件ではそういう「何気ないこと」がなかったのでトリックを想像できなかったので。

 …今週の第11話では、禅田みるく殺しのトリックとはじめが気づいたジゼルのおかしな発言2つと高遠がジゼルが犯人だと気づいたジゼルの発言1つは明かされておらず次回以降に持ち越しだが、禅田殺しのトリックが祭沢殺しと同じ要領である…、ということから、

『何を軸にして何を回転させたか』

というのが最大のポイントになると思われる。ただはじめが言うには『想像を絶するアリバイトリック』とのことだから、

『どこを軸にしてどこを回転させたか』…例えば、『ホールにある螺旋階段を軸にして薔薇十字館全体を回転させた』というぶっ飛んだトリックだったりして。

 次回の『金田一少年』は禅田殺しと、はじめと高遠のジゼルを犯人と特定した発言3つについてが中心となることが予想されるが、はじめがジゼルを初めて見た時思わず「プッツン系女」と言っていたとおりにジゼルはなってしまうのだろうか?

 …トリックの解明やジゼルの動機、そして高遠の動きなど次回はいろいろな意味で盛りだくさんのないようになりそうな予感がする。

(※参考
週刊少年マガジン
金田一少年の事件簿 薔薇十字館殺人事件
講談社 (第1話~第11話(第17号 p123~p144))

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

はじめと高遠、ローゼンクロイツの最後の殺人を阻止する! …金田一少年の事件簿・薔薇十字館殺人事件の感想・10

 はじめの決め台詞、『謎はすべて解けた』が出ていよいよ解決編に突入した

金田一少年の事件簿薔薇十字館殺人事件』。

はじめは皇翔、小金井睦、祭沢一心、禅田みるくの4人を殺した

真犯人・ローゼンクロイツ

による第5の殺人を阻止するべく

高遠遥一とともに一芝居うって、毒薔薇でターゲットを引っ掻こうとした犯人

をついに暴きだした!

 ただそれは、高遠が犯人を殺してしまうのを未然に防ぐねらいもあったようだ。

 金田一少年の事件簿』はいつもは真相当てクイズがある今回の事件はナシのもよう。ただ問題を作るとしたら、

Q1 真犯人・ローゼンクロイツは誰か?
Q2 はじめが気づいた真犯人のおかしな発言2つは何か?
Q3 高遠が真犯人の正体に気がつくきっかけとなった真犯人の発言は何か?



という問題はまず外せない、と私は思う。

 ただ、禅田殺しについては外から開かずの間を見た時と内側から見た時では十字架の影がずれていることと館の南にある釘で開かずの扉状態になっている扉が大きなポイントになりそうだというのは何となくわかるけれども祭沢殺しについては私は全く想像がつかなかった。

 …今回は部屋のトリックよりも、はじめと高遠が気づいた犯人のおかしな発言3つを探していくのがポイントではないだろうか。

 特に今回の事件では、

『はじめとは違う視点で、高遠も「犯人のある発言」から犯人を見つけた』

というのが重要な手がかりだと私は思う。

 そこで最初から読んでいくと、第1話ではピエロに扮して子どもたちに風船を配っている高遠の描写があるし、映画館から脱出するときも老人に扮しているのがある。

 …思えば高遠が脱獄してからは高遠は速水玲香が誘拐された件ではマネージャーに、はじめが香港で殺人犯の疑いをかけられた時は最初の犠牲者を作るために神父に、獄門塾での殺人はゴムマスクをかぶった教師に高遠は変装して、それが誰かにバレるまでは素顔を見せたことはなかったのではないか

 実際第6話では犯人について、高遠は

変装している私に堂々と手紙を送り付けてくるあたりかなり私について情報収集したに違いない」
「向こうは私についてよく知っているのに私はローゼンクロイツのことを全く知らない… これでは実にアンフェアだ」



と話している。(※週刊少年マガジン11号第6話p361参照)

 …つまり、高遠は変装したり今回の場合は遠山遥治という偽名を使っているが、犯人・ローゼンクロイツは顔まで最初から知っているという事になる。

 そこで禅田の死体が発見される12号第7話をよく読んでみると300ページに月読ジゼルのこんなセリフがある。

『さっき金田一さんが高遠って呼んでいたわ それで思い出したの どこかで見たことがある顔だなと思っていたけど…

 …これは月読が最初から高遠の顔まで知っていることを示す決定的で客観的な証拠ではないか!?

 そこで高遠は「月読が犯人である」ということを確信したのではないかと私は思う。
 
 ちなみにネットでは佐久羅京が犯人ではないかという説もあったが、今号16号・第10話、279ページに犯人が

『せっかく高遠遥一に疑いの目を向けさせ拘束させることで 次のターゲットの油断を誘う計画だったのに』



とつぶやいていることから佐久羅は犯人ではないということが伺える。

 …もし佐久羅が犯人ならばこのセリフは『拘束させる』ではなく『拘束する』になっているはずだ。

 こう考えるとはじめの言う関係者に入っている薔薇の名前に関して『仲間外れ』の一人、つまり犯人は美咲蓮花の2つの薔薇のように、唯一2つの薔薇の名前が入っている月読ジゼル以外にありえないのではないかそして月読ジゼルの本名はもしかしたら「美咲蓮花」(岬蓮花?)ではないだろうか。

 そしてはじめの言う、月読についての「2つのおかしな発言」を考えると

 「祭沢の死体の周りには黒い薔薇はないのに『黒く塗られし薔薇に込めたる憎しみを』と詠っていること」(※10号第5話p73参照)
 「はじめは禅田の死体が発見された後関係者のアリバイを聞いていたが、月読だけ時間のアリバイについて『冬野さんと同じです』と言い、時間を明確に話さなかったこと」(※12号第7話p294参照)」



の2つではないか。
 
 …次回で確実に犯人が明らかになるが、特に月読については、はじめが月読を初めて見た時

『出たっ!! 俺の苦手なプッツン系女!!』(※6号・第2話p184参照)



と言っていたように犯人はプッツンして悪あがきを見せるのではないかと私は信じたい。

 …それにしても薔薇十字館にはどんな構造があるのだろうか…。

(※参考
週刊少年マガジン
金田一少年の事件簿 薔薇十字館殺人事件
講談社 (第1話~第10話(第16号 p273~p294))

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

美咲と蓮花は『誰』なのか? …金田一少年の事件簿・薔薇十字館殺人事件の感想・9

 今週刊少年マガジンで連載中の

金田一少年の事件簿薔薇十字館殺人事件

は第9話に突入し、問題編もいよいよ大詰めになった。

 これまで皇翔、小金井睦、祭沢一心、禅田みるくの4人が殺されていて、特にはじめ、美雪、そして高遠遥一を除く人たちは全員2年前のローズグランドホテルの火災に何らかの関わりがあるという

ミッシングリンク

があることが明かされていた。
 また、はじめは薔薇図鑑を調べ、関係者の名前に薔薇の名前が隠れていることもついに見つけたようだ

 …今回は、薔薇風呂に浮かべられていた2種類の薔薇が、

蓮花美咲

だったことをはじめが解き明かした。
 また、皇のバラバラ死体が登場した時に飾り付けられていた黒薔薇の正体が蓮花美咲であることをワインセラーの黒薔薇を調べたことで解き明かした。
 
 このことから、はじめは「犯人が黒薔薇蓮花美咲)を見せつけることで火災について身に覚えのある人物をあぶり出した」と推理した。

 …すると犯人「ローゼンクロイツ」は、小金井が逃げ出し毒薔薇のトラップに引っかかって死ぬきっかけを作った、すなわち蓮花美咲の2種類の薔薇を見せつけた月読ジゼル以外に考えられないのでは、と私は思う。

 …月読が犯人だとすると、はじめが言っていた『ミッシングリンクの例外』はおそらく『ペンネーム』ではないかと思う。ジゼルはペンネームで、殺された人たちを除けば全員が本名ではないだろうか。
 たとえ全員が本名でなかったとしても、芸名の冬野八重姫か、佐久羅京のどちらかをジゼルは次に狙っているのではないだろうか。
 ミッシングリンクにはじめが気がつくきっかけになる白樹紅音が殺されると私は最初は思っていたのだが、次回そういう流れになりそうな気がする。

 ちなみに『悲恋湖伝説殺人事件』の時は、はじめのよき協力者となるフリーライターのいつき陽介の本名が樹村伸介であることからはじめが犯人を解き明かしたが、今回の薔薇十字館の場合は、ジゼルの本名はおそらく蓮花美咲のうちのどちらかで、もう一方はジゼルの母ではないだろうか。

 …ところではじめは、『ローゼンクロイツが3つの矛盾(※はじめが気づいた2つと高遠が気づいた1つ)を口にしている』ということを言っていたが、そのうちの1つは祭沢が死んだ時、ジゼルが詠んだ歌にあるのではないか。
 ジゼルは、

『ゴルゴダの丘に咲く青い薔薇よ… 何人も抜け出せないその檻の中に咲き誇る瑠璃色の不可能よ 願わくば教えておくれ薔薇十字の魔王 黒く塗られし薔薇に込めたる憎しみを 温もりの泉に斑模様の薔薇を浮かべ彼を癒しながら 青薔薇と枯れた白薔薇をもってその命を奪った矛盾を―』



と詠んでいたが薔薇風呂にも祭沢の死体があった円形応接室にも黒い薔薇はない。
 …これは「祭沢の部屋にあった薔薇、あるいは薔薇風呂にあった薔薇が元は黒い薔薇だった」ということを知っている証拠とも言えるのではないだろうか。つまり、黒い薔薇は蓮花美咲の2種類で作られている薔薇だとはじめが気がつく前にジゼルは知っていたのではないか。犯人だから。

 これと同様に、『ジゼルが詠んだ歌の中に彼女が犯人である証拠がある』と考えると、禅田殺しの時は

『赤い薔薇はかく語りき… 悲しき”ニオベの娘”よ そなたを射止めし銀の矢を放ちたる者は オリンポスの神にあらず― 血塗られし地獄の使者―』



と詠んでいたが、そこがはじめよりはむしろ高遠がジゼルを犯人と疑った理由ではないかと思う。

 ギリシャ神話によれば確かにアルテミスはニオベの娘を殺しているがニオベの子どもたちを殺害したのはアルテミスとアポロンの共犯で殺害を依頼したのはレトという女神であることから、今回の事件は殺人犯がジゼル一人ではなくもう一人共犯者がいて、しかも背後に殺人をそそのかしている人がいるということを匂わせているのではないだろうか
 …けれどもこれまでのストーリーを読み返してみても共犯者がいることをほのめかすような場面はなかったと思われるが…。

http://kotobank.jp/word/%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%99

 また、はじめが言う「3つの矛盾」のもう一つはジゼルが詠んだ歌の中ではなく、禅田が殺された後ではじめが関係者のアリバイを聞いている時他の関係者は時間をはっきり言っているのにジゼルだけが『冬野と同じ』と曖昧に答えていたことにあるのではないだろうか。


 …ところで今回のストーリーでは殺人こそなかったものの禅田殺しの時はじめが通った南端の部屋に通じるアーチが何故か薔薇で塞がれていた。これははじめと美雪が禅田の着物を窓越しに見た南端の部屋と地下1階から階段でつながっている禅田が殺されていた部屋は全く別の部屋、すなわち

『薔薇十字館1階、107号室南にある、ドアが内外釘で打ち付けられている部屋の先には禅田の死体はない』

という事を犯人が隠そうとした
のではないだろうか。

 …ただ、これまでのストーリーで私がどうしても見当がつかないのは祭沢が円形応接室で殺された時の薔薇を部屋に敷き詰める方法。

 このトリックを解くヒントとして、

1.シンプルで意表をつくようなトリックがあった。
2.杭は園芸用の柵みたいなもの。けれども死体ごと貫くにはハンマーのような道具が必要。
3.見た目のためだけなら祭沢の死体に杭を刺せばすむ話だが、『見た目以外の理由』があったのでは?
4..禅田殺しの時、腕時計を見てはじめは「違和感」を感じたが、祭沢の薔薇密室にも共通の原理があり、特に祭沢殺しには杭が必要。



というのがあるのだが、はじめが『謎はすべて解けた』と言っているにもかかわらず真相当てクイズがないことから、次のターゲットをはじめがガードする間もなく第5の殺人が起こってしまうように感じるし、気になる薔薇密室の謎や共犯者の有無などについても明かされるのではないかと思う。

 金田一少年の事件簿』で共犯者がいる事件といえば獄門塾殺人事件や墓場島殺人事件だが、今回はこれよりも難しい事件になりそうな予感がする。

(※参考
週刊少年マガジン
金田一少年の事件簿 薔薇十字館殺人事件 第1話~第9話
講談社
(※第9話 p241~p262)

コトバンク
ニオベ
http://kotobank.jp/word/%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%99

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

はじめも高遠も犯人の目星がついていた! そして白樹紅音先生に死亡フラグ立った…!? …金田一少年の事件簿・薔薇十字館殺人事件の感想・8

 今、週刊少年マガジンで連載中の

金田一少年の事件簿薔薇十字館殺人事件

は第8話に突入し、これまで皇翔、小金井睦、祭沢一心、禅田みるくの4人が今回の事件の犯人、『ローゼンクロイツ』によって殺された。
 しかも

高遠遙一

にアリバイがなく、遠山遥治の偽名を使っていたことを月読ジゼルに見ぬかれてしまい、佐久羅京に遊戯室に閉じ込められてしまった。
 …けれども、高遠は『地獄の傀儡師』であり、マジシャン。縄を解いてしまう。


 …そこにはじめがやって来て犯人の目星が付いていることを高遠に告げる
 はじめは、『おかしな発言を2回している』ということを犯人である根拠と考えていて、それは

1.今朝のこと
2.禅田殺しの流れの中の発言



の中にあるという。

 一方高遠もはじめと同じ犯人を指摘していた。高遠いわく、禅田殺しの時の「ある発言」に疑問を抱いていて、それには『ある重要な事実』が隠されているという。

 そして犯人を高遠はこのままだと自分が罪をかぶることになるので殺そうと思っていることを発言し、はじめに事件を早く解くように促していた。


 …これは真相当てクイズの問題に使われそうなポイントで、おそらく

『はじめが真犯人「ローゼンクロイツ」について、犯人だと気づくきっかけになった2つの「おかしな発言」を挙げよ!』

『高遠が禅田殺しの時の真犯人の発言で気がついた「重要な事実」は何か?説明せよ!』

…という問題が出るのでは、と私は思う。
 
ただ、高遠の指摘するポイントは、はじめの言う『おかしな発言』とは異なるもののようで、アリバイの他にも別の要素があるのではないかと思う。

 そこで鍵となるのが、前号で禅田の死体を発見したとき、開かずの間の外にあった十字架の影をはじめがチェックするシーン。そこに何らかの疑問を感じていることから、もしかすると、薔薇十字館そのものにも思いもよらぬ構造があり、それが高遠の言う『重要な事実』の正体ではないだろうか。

 おそらく、禅田が殺された『開かずの間』がはじめが外から見た開かずの間とは違うもの…すなわち館の地下から開かずの間につながる螺旋階段は館南の開かずの間につながっているのではなく、館とは全く別の部屋につながっているのではないだろうか

 ではその隠し部屋はどこにあるのかというと、館の東側にあるのではないだろうか。そこで禅田殺しをやってのければ他の人達の死角になりうるので誰にも気づかれずに館に戻って来られるのではないか。

 すると、冬野八重姫に部屋を出て合流した月読ジゼルが犯人として一番怪しくなる。

 …そういえば月読以外の人物はローゼンクロイツの手紙を受け取っているけれども、彼女だけ手紙を受け取ったことを話していない。

 『冬野さんと同じ』という発言をしたけれども、手紙についてなのかがはっきりしない。

 ところで今回の事件にはミッシングリンクがあり、薔薇に詳しいことと、火ではないかとはじめは推理していた。それを確かめるべくはじめはキッチンでオリーブオイルに火をつけて火災報知機を鳴らし、関係者の反応を見ていた。その反応は…
 

白樹紅音 →  『助けて!』と叫び、子どもを気にかけていた。
月読ジゼル → 母を何度も呼び続けていた。
佐久羅京 → 「火事だ!」と叫ぶと共に『許してくれ』と叫んでいた。おそらく火事で逃げ遅れて炎に飲まれた女性に対してだろう。
冬野八重姫 → 火事について『だから言ったのよ!』と言っていた。火事を起こした犯人の一人なのだろうか
毛利御門 → 薔薇十字館にエレベーターはないのに、エレベーターは使わないで非常口を使うように、と発言していた。 これはホテルの従業員であることを示す証拠。



 はじめの行動に対し、月読たちは口を閉ざしてしまったが、白樹先生だけははじめに2年前にローズグランドホテル火災に遭ったことを明かした。白樹先生はローズグランドホテルのオープニング記念に開催された世界薔薇博覧会に作品を出品したがそこで火事にあってしまったという。

 また、白樹先生がカバンに紅音という名前の薔薇の絵(写真?)を名札がわりに下げていることも明かされていた。

 これは前にブログにも書いたが、関係者の名前に薔薇の名前が入っていることを示している。

http://muraigenmb.blog.fc2.com/blog-entry-2033.html

 …おそらく犯人は『悲恋湖伝説殺人事件』の時と同じで薔薇の名前が入っている人をリストアップし、何らかの理由で薔薇十字館に呼び寄せ火事を起こしたかあるいは誰かを見殺しにしたと思われる人を次々に殺害していったのではないか。特に、その犯人もまた火災の被害に遭い、ひどい目にあったのではないか。もし先に述べたように月読が犯人だとすると母を殺されたことに恨みを抱いている可能性は十分にあるのではないだろうか。そして、もしかしたら佐久羅が見ていた火事の写真こそ、月読ではないだろうか。

 ただ、白樹先生が今号で、名前に関するミッシングリンクを明かしたことは同時に先生自身の死亡フラグを立ててしまうことを意味するのでは、と私は心配している。例えば過去の事件、『魔犬の森の殺人』ではミッシングリンクがない人物がクイズを出したが後に犯人に殺されそのダイイングメッセージこそが犯人を暴く最大のヒントになっている。

 …もし、次回白樹先生が第5の犠牲者になるとすれば予想されるダイイングメッセージは、2種類の違うバラを両手に握っていることではないかと私は思う。

 そうなると、月読が犯人になる。

 なぜならば、月読ジゼルには『つきよみ』『ジゼル』と、名字も名前も薔薇の名前が入っているからだ。

http://showkaen.jugem.jp/?eid=12496
http://showkaen.jugem.jp/?eid=11327

 …1号お休みを挟んで、第5の殺人が起こってしまうのか次回が気になるところだ。

(※参考
週刊少年マガジン 第12号、13号
金田一少年の事件簿 薔薇十字館殺人事件 第7話、第8話
講談社
(12号(第7話) p281~p301 (第8話)p425~p446)

FLOWER NOTE
バラ(つきよみ
http://showkaen.jugem.jp/?eid=12496
バラ(ジゼル+)
http://showkaen.jugem.jp/?eid=11327

テーマ : マンガ
ジャンル : 本・雑誌

高遠遙一、偽名を使っていたことがバレる! そして意外な人がとんでもない行動に!! 金田一少年の事件簿・薔薇十字館殺人事件の感想・7

 今週刊少年マガジンで連載中の

金田一少年の事件簿薔薇十字館殺人事件

は7話目に突入し、館の1F南端にある

『開かずの間』

が第4の殺人に利用された。

 犠牲になったのは

禅田みるく

背中をボーガンで射抜かれて殺されていた。

 はじめと美雪は『ローゼンクロイツ』の指示で開かずの間の外に午前11時55分にいたが、カーテンを開けると禅田の着物が見えたことから地下を通り螺旋階段を上って開かずの間にたどり着き、そこで禅田の死体を見つけた。途中、白樹紅音先生と毛利御門に会い、さらに月読ジゼルと冬野八重姫と合流。更に高遠遙一とは地下南端の扉の前で合流した。けれども佐久羅京はずっと自分の部屋の前に居ろという指示がありそこにずっといたという。ちなみに手紙によれば『11時50分に部屋の前』とのことだった。

 …また禅田は殺される前に乱闘があったらしく、着物の袖が引きちぎられていた。

 …けれども禅田は開かずの間ではないところで殺されたか、あるいははじめが外で待機していた時にはもう死んでいたと私は思う。
 そもそも乱闘でボーガンを使うだろうか。確かに、禅田の着物の袖は引きちぎられていたが、もしここで乱闘があったら着物がはだけていてもおかしくないのではないか。けれども着物の帯はしっかり結ばれている

 これは犯人が、もし外に人の気配がしたら禅田の着物から引きちぎった袖ををカーテン越しに見せることで『禅田は、はじめが窓から中の様子を見ようとした時間に襲われた』と錯覚させるためのトリックではないだろうか?

 ちなみに関係者の証言によるローゼンクロイツに指定された集合場所と時間を整理すると以下のとおり。(※(手)は手紙によるものを示す。)

冬野… 1F北端の部屋の前 12:00(手) (階段下の騒ぎを聞きつけて合流)
月読… 1F北端の部屋の前 12:00   (部屋を出た所で冬野に会い一緒に来た)
毛利… B1のダイニング    11:50(手)
白樹… 1Fホール       11:55(手)
高遠… B1の南端の部屋前 11:45
佐久羅… 103号室前    11:50(手)
はじめ&美雪… 開かずの間の外 11:55(手)



 …ここで冬野が高遠に禅田殺しの疑いを持つ。その根拠は、

「犯行後犯人が南端の部屋から逃げるためにはどこかで誰かに出くわさなければならないのに誰も犯人と会っていない」

ということ。しかも、月読が高遠が遠山遥治偽名を使っていたことを見ぬいてしまう。はじめが「高遠」と思わず呼んでしまったのを聞いていたのだ。

 …それを聞いた佐久羅が思わぬ行動に出る。

 …どこからかナイフを取り出し、高遠を縛り、遊戯室に閉じ込めるよう毛利に指示したのだ!!

 佐久羅は前回でも明かされていた過去の火事に何かしらの関わりがあると思われるが、これまで殺された4人は本当に佐久羅が気にしている火事のことに関わりがあるのだろうか?

 …それにしても、佐久羅が刃物まで持ちだして高遠を閉じ込める展開は予想がつかなかった。おそらく刃物は火事に関して加害者を刺し殺すために持っていたのではないかと思われるが、逆に佐久羅が真犯人・ローゼンクロイツによって殺されてしまいそうな気がしてならない。

 …そうなるとますます高遠に疑いがかかることになるだろうし、事件もますます複雑になっていくと思われる。
 その一方で、ふとダイイング・メッセージが登場し、犯人が誰かということに一気に近づきそうでは、という期待も私にはある。

(※参考
週刊少年マガジン
金田一少年の事件簿 薔薇十字館殺人事件 第7話
講談社 (p281~p301))

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

『ミッシングリンク』は薔薇ではなく火事!? そして高遠遥一の異母妹は容疑者の中にいるのか? 金田一少年の事件簿・薔薇十字館殺人事件の感想・6

今週刊少年マガジンで連載されている

金田一少年の事件簿薔薇十字館殺人事件

は6話目に突入したが、ここまでバラバラ死体となって現れた皇翔、薔薇のアーチのトラップに引っかかって死んだ小金井睦、そしてゴルゴタの丘に見立てられて殺された祭沢一心と3人が殺されている。
 特に祭沢は心臓に杭が打ち込まれていたがその杭はカーペットも木の床も貫通していたという。
 
 …これは殺人であることは言うまでもないが、なぜそこまでするかは殺害現場の円形応接室に何らかの仕掛けがあるというよりはむしろ祭沢の死体をこうすることで何かしらのトリックを成立させているのではないだろうか。

 …さて、今回のストーリーでは犯人『ローゼンクロイツ』の黒い影が登場し、高遠遥一が殺人であることを見ぬいたことは想定内であるが、はじめを連れてきたことは想定外であることをほのめかしていた。
 また、高遠がはじめを連れてきたのはローゼンクロイツの予想を裏切る『ジョーカー』が欲しかったからだという。相手は高遠を徹底的に調べあげているが高遠には心当たりがなく「アンフェア」であるため、『ジョーカー』としてはじめを用意し、異母妹を守りきれたら警察に出頭するという条件を、ローゼンクロイツに提示したという。
 さらに高遠は幼少期に貿易商の父から腹違いの妹がいることを明かされていて、「貿易商の父は実は本当の自分の父ではなく、別にいるのではないか」と考えていることもはじめに明かしていた。

 …ところで、今回の事件の動機に関わると思われる出来事が写真家の佐久羅京が事件の写真を調べているシーンにあった。
 
 …とある建物の火災の写真が出てきて、逃げきれずに炎に飲まれる女性の写真があり、それに対して佐久羅が「くそっ!」とつぶやいていた。

 …おそらく今回の事件の動機と見て間違いないが、その炎に飲まれた女性こそ高遠の異母妹…、なんてことはないだろうか?

 そんな中、禅田みるくのもとに毛利御門を通してローゼンクロイツからメッセージが届けられる。そのメッセージのあとにノックがあり、禅田がドアを開け、誰かと会ったと思われる
 ただそのメッセージは、はじめと美雪にも届けられていた。
 地図に集合場所を示す赤丸が書かれていて、『午前11時55分に外を出て、館南にある『開かずの間』の入り口に集まるように』という旨というメッセージだった。そして、『時間を守らない場合薔薇の棘に気をつけるように』というメッセージと共に。

 11時35分の時点では禅田も含め皆無事だったが、はじめと美雪が薔薇のアーチをくぐって約束の時間に集合場所に集まったが突然開かずの間から悲鳴が!

 はじめが窓を叩くが返事はなく、美雪が白樹紅音先生が襲われているのではと心配する。

 …次回にはそこで襲われた人が明らかになると思われるが、今回の襲撃はどうもローゼンクロイツによるものとは言い切れないと思う。

 そのカギとして、彼のメッセージはいつも『Rozenkreuz』という署名が高遠に招待状(脅迫状?)が届けられた時も、祭沢が殺された時もあったけれども、今回はない。

 …単に署名を忘れたのか、それともローゼンクロイツとは別に事件を起こしている人がいる可能性も考えられなくもない。

 …ここまで様々な事件が起こっているが、私が想うに、『毛利がどうやってローゼンクロイツから手紙を受け取っているのか』という事をずっと来客者たちが、高遠が、そしてはじめでさえも突っ込まないのは最大の疑問だ。

 毛利が『ローゼンクロイツ』という架空の人物をでっち上げ、関係者たちを恐怖のどん底にたたき落としているような気がしてならない。
 そこを突っ込めば今回の殺人事件の犯人も一気にわかるような気がしてならないのだが…。

(※参考
週刊少年マガジン 2013年第11号
金田一少年の事件簿 薔薇十字館殺人事件 第6話
講談社 (p351~p372)

テーマ : お勧めの漫画
ジャンル : アニメ・コミック

『金田一少年』のスタッフはCAVEファン!?  金田一少年の事件簿・薔薇十字館殺人事件の感想・5

1号お休みしていた

金田一少年の事件簿薔薇十字館殺人事件』。


 今回のストーリーでは青薔薇完成披露会の招待客の一人

祭沢一心

がイエス・キリストの

ゴルゴタの丘に見立てて胸を杭で打たれて殺害されたことについての検証

がメインだった。
 高遠遥一が、祭沢が殺された部屋が密室であることをほのめかしていたが、その根拠は応接室の扉が内開きで青薔薇は踏まれたり乱れたりした形跡が全くなかったことから。
 
 それを受けて冬野八重姫は皇と小金井を殺害したのは祭沢ではないかと考えるが、「皇翔と小金井睦が罪人である」という冬野の発言にはじめは疑問を呈する。

 …ところで高遠は部屋の一面に見取り図や事件の関係者の相関図を貼っていて犯人、『ローゼンクロイツ』を暴き出そうとしていることが伺えたが、事件の関係者たちには、隠された共通点』(ミッシングリンク)があると言っていた。

 …おそらく高遠のいう『隠された共通点』は、

薔薇の品種

ではないだろうか。

 名前が植物モチーフといえば『ポケモン』のジムリーダーの名前を思いつく人もいるだろうし、特に、キャラクターの名前が薔薇といえば、ケイブのシューティングゲーム、『鋳薔薇』を思いつく人もいるかもしれない。

http://www.cave.co.jp/gameonline/ibara/top.html

 …調べてみたところ、まさにその通りのものがあったので、以下に今回の事件の関係者に薔薇の名前が入っている証拠を挙げる。

【『金田一少年の事件簿薔薇十字館殺人事件』に出てきた人たちの元ネタ】

『皇翔(コウショウ)』 
http://showkaen.jugem.jp/?eid=10606
佐久羅『京(ミヤコ)』
http://showkaen.jugem.jp/?eid=11775
月読 『ジゼル』 
http://showkaen.jugem.jp/?eid=11327

(※ちなみに、『ジゼル』は『ジベル』ともいい、『ジベルばら色粃糠』という皮膚の病気もあるそうです。
http://www.mirai.ne.jp/~seisinc5/giberu.htm

…背中の十字架のアザはそれが元ネタなのかも。)

白城『紅音(K-ベニネ)』 
http://showkaen.jugem.jp/?eid=11973
小金井『睦(睦No.10)』 
http://showkaen.jugem.jp/?eid=11977
祭沢『一心』 
http://showkaen.jugem.jp/?eid=12431
冬野『八重姫
http://showkaen.jugem.jp/?eid=11509
毛利『御門(ミカド)
http://showkaen.jugem.jp/?eid=12199
禅田『みるく
http://showkaen.jugem.jp/?eid=12211




 …よく『鋳薔薇』の面々と名前がかぶらなかったなと思うし、もしかして『金田一少年の事件簿』のスタッフの中に熱狂的CAVEファンがいるのかな、と思わずにいられなくなった。

 …さて、はじめと高遠の現場検証によれば祭沢の死体に打ち込まれていた杭はカーペットを突き抜けて床まで達していたという。また、祭沢の死因は心臓を一突きにされたことではない、と高遠は推理していた。
 …その様子を月読が覗いていた。青薔薇を詠みに来たという。

 月読は

『温もりの泉に斑模様の薔薇を浮かべ 彼を癒しながら 青薔薇と枯れた白薔薇をもって その命を奪った矛盾を』



と詠んだが、高遠の話によると祭沢は風呂に入っておらず高遠が浴室ですれ違った時、浴室を見るなり青ざめてそのまま出てしまったという。

 また、高遠が立ち去るとき、美雪が『高遠を信じていいのか』『今回の事件は高遠が仕組んだことでは』と不安を口にしていた

 …今回の事件は『毛細管現象』がキーワードということで館に2箇所ある『風呂場』、そして扉を利用した密室殺人ということから今後の展開としては『ワインセラー』が鍵になりそうな予感がする。特にワインセラーは見取り図によれば北と南では扉の開き方が異っていて、特に南側のワインセラーは応接室と同じ内開きになっている。しかも館の南にある107号室の隣のホールは扉も窓も釘で打ち付けられていて扉が開かないので、この場所に加えて2箇所あるワインセラーが今後の殺人トリックの舞台として使われるのではないかと思うし、薔薇の名前がダイイングメッセージ絡みで使われそうな予感がする。 
 
 …おそらく第4の犠牲者となりそうなのは冬野か禅田のどちらかだろう。

(※参考
週刊少年マガジン
金田一少年の事件簿 薔薇十字館殺人事件 第5話
講談社 (p55~p76)

FLOWER NOTE
http://showkaen.jugem.jp/

鋳薔薇
http://www.cave.co.jp/gameonline/ibara/top.html

たらお皮膚科
ジベルばら色粃糠(ひこうしん)
http://www.mirai.ne.jp/~seisinc5/index.htm

(※ちなみに…)

【『鋳薔薇(ピンクスゥイーツ)』に出てきた人たちの元ネタ(※一部不明なものもあります)】
http://www.cave.co.jp/gameonline/pinksweets/


『ボンド』(ジェームズ・ボンド007) http://jixji.blog.so-net.ne.jp/2009-11-10-7

『テレサ』・ローズ  http://showkaen.jugem.jp/?eid=9999
『フレンチ・レース』 http://shinomiya-rose.com/2009/french-lace.html
『マウント・シャスタ』 http://keshiki-photo.tea-nifty.com/blog/2012/10/post-2f45.html
『ハナ・カスミ(ハナガスミ)』 http://www.explode.jp/s/single/ilso/fp003/FP03098_jpg.html
『グロワール・ドゥ・ミディ』 http://www.k-oka.com/dictionary/rose.html
『オレンジ・メイアンディナ』 http://www.k-oka.com/dictionary/rose.html

『キャラメル(キャラメルアンティーク)』・ピンク http://showkaen.jugem.jp/?eid=10006
『メープル(メイプルテレサ)』・ピンク http://showkaen.jugem.jp/?eid=10708『ハーモニー』・ハミング http://shinomiya-rose.com/2009/harmonie.html
『ユニ(ユノ?)』・ユリシーズ http://showkaen.jugem.jp/?eid=12524
スーパー・『ノヴァ(ノバ・ゼンブラ)』 http://p.tl/0_8n


(※参考
ピンクスゥイーツ~鋳薔薇それから~
http://www.cave.co.jp/gameonline/pinksweets/薔薇図鑑 神代植物公園
http://www.k-oka.com/dictionary/rose.html
JIJI's Photo Gallery
" ジェームス・ボンド 007 " の薔薇 [JIJI's Rose Story]
http://jixji.blog.so-net.ne.jp/2009-11-10-7
hiromのブログ
マウント シャスタ(バラ・身近な花301)
http://keshiki-photo.tea-nifty.com/blog/2012/10/post-2f45.html素材集のG&E
バラ(ハナガスミ) - FP03098.jpg 写真素材
http://www.explode.jp/s/single/ilso/fp003/FP03098_jpg.html

篠宮バラ園
Harmonie ハーモニー
http://shinomiya-rose.com/2009/harmonie.html

村田ばら園 Murata Rose Nursery
ノバ ゼンブラ - Nova Zembla
http://p.tl/0_8n

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

薔薇風呂と刻まれた十字の謎! そして『ゴルゴダの丘』で新たな犠牲者が! 金田一少年の事件簿・薔薇十字館殺人事件の感想・4

 今週刊少年マガジンで連載されている

金田一少年の事件簿薔薇十字館殺人事件

は第4話に突入し、異母妹をめぐって『地獄の傀儡師』高遠遥一とのまさかの共闘、薔薇十字館に招かれた客を待つ薔薇で盛りつけられた皇翔のバラバラ死体という笑えないダジャレ、そして逃げ出そうとした小金井睦の毒薔薇による死という展開が圧巻だが、第4話で

また新たな犠牲者が出てしまった。



 青薔薇のお披露目と称して、バイオ・フェス社長の

祭沢一心

が館の「北の端」にある円形応接室の中で、ゴルゴダの丘に見立てられて胸を杭で打たれた状態で発見されたのだ。

 ちなみに祭沢の横たわっていた十字架は白薔薇で、ゴルゴタの丘は青薔薇で表現されていた。

 また祭沢は生前、血相を変えて風呂から上がり、

『俺が悪いんじゃないんだ、悪いのはあの皇と小金井だ!』
『悪いのは俺じゃない!俺は潔白だ!』


と叫んでいた。

 …今回のストーリーでは、まず使用人の毛利御門が皇の死体を北側のワインセラーに運んで警察が来るまで遺体の腐敗を防ごうとしていた。もっとも皇の死体はプリザーブドフラワーのように防腐処理がなされていたけれども。

 一方はじめは皇と知り合いであることを口走った織物師の禅田みるくに疑いの目を向けていた。実際禅田は皇と2年前に付き合っていたという。
ただ、禅田は小金井と皇の関係については口を閉ざし、気分を悪くしてしまっていた。 

 また、はじめは生物教師である白樹紅音の手のひらに青い十字架があり、それを見ながら思いつめていたことを思い出していた。
 これは白樹が高遠の異母妹であることの伏線っぽいが、薔薇風呂に入るシーンで何と歌人の月読ジゼルの背中にも真っ赤な十字の痕が見えるシーンがあり、今回の事件の関係者の人間関係がかなり複雑であることを匂わせていた。

 さらに毛利と白樹は薔薇に詳しいことも今回で明らかにされた。タオルに描かれている薔薇、「ルイ14世」と「プリンセス・ドゥ・モナコ」の説明をそらんじ、特に白樹は父が薔薇の研究をしていて、兄弟がいたけれども幼い頃に離れ離れになってしまったので顔も覚えていないという。
 
 …少なくとも、白樹の兄弟は高遠でほぼまちがいないだろう。

 …今までのストーリーを整理すると、鍵となる出来事は

1.毛細管現象
2.高遠の映画館からの脱出



の2つだと思われるが、更にもうひとつ付け加えるとしたら

3.はじめたちは小金井の死から、「薔薇の棘に触ったら死ぬ」と犯人・ローゼンクロイツにより暗示させられている



ではないだろうか。
 実際、祭沢の死体を発見する前も薔薇の棘に気をつけるようにはじめは他の人に注意していたし。高遠も青薔薇でできたゴルゴダの丘が部屋を密室にしている、と言っていたし。

 …来週の『金田一少年』はお休みだが、これからあともう1つ殺人が起こり、それがローゼンクロイツの正体を暴くもっとも重要な手がかりになるのではないかと私は思う。
 そこで、毛細管現象や小金井の死から暗示させられた「薔薇の棘に触ったら死ぬ」がいよいよ生きてきそうな予感がする。

(※参考
週刊少年マガジン 2013年第8号
金田一少年の事件簿 薔薇十字館殺人事件
講談社
第4話 (p403~p424))

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

毒薔薇からは逃げられない!? 金田一少年の事件簿・薔薇十字館殺人事件の感想・3

 今週刊少年マガジンで連載中の

金田一少年の事件簿薔薇十字館殺人事件

は、夕食として出されたローストチキンの代わりにバラバラ死体となって

皇(すめらぎ)

という男が現れたが、今週の第7号(第3話)でフルネームが明かされた。その名は、

皇翔



 …招待客の一人である織物師の禅田みるくの話によると、禅田の知り合い「だった」人で、皇生花チェーンの社長だという。

 …ちなみに高遠遥一(遠山遥治)によれば遺体に添えられた黒い薔薇は染められた生花で皇の首にプリザーブドフラワーと同じ防腐処理(エンバーミング)が施されていたという。
 プリザーブドフラワーと言えばまず真っ先に疑われたのは冬野八重姫。けれどもプリザーブドフラワーの作り方は調べれば出てくるし、メチルアルコールやエタノールも誰でも手に入れられる…すなわち、生物教師の白樹紅音やバイオテクノロジー会社社長の祭沢一心、そして禅田も薬品を手に入れることはできる…、という理由で冬野は否定する。

 そこに写真家の佐久羅京が「肝心なことを忘れている」と口を挟んだ。

ディナーを誰が用意したか』と。

 …ちなみに佐久羅はプリザーブドフラワーを自分で作ることもあるという。

 …これについてはじめはローゼンクロイツの『死体すり替えトリック』と推理する。

 …予めエレベーターの奥に皇の死体を盛りつけたものを置き、ハリボテの壁をしておく。そうすると1階にいる世話人の毛利御門が何も知らずにローストチキンを壁の手前に置く。
 けれども食事を運ぶエレベーターの扉は開くのが1階のキッチンと地下の食堂では正反対、すなわち奥のほうが開くので地下では皇の死体を取り出してしまう…



という算段だ。ちなみに高遠によればマジックの基本中の基本だという。

 そんな中、歌人の月読ジゼルが黒い薔薇を詠み始める。それにビビった小金井睦が薔薇十字館から出ようとする。けれどもアーチは薔薇で埋め尽くされてしまっていた。それでも小金井は椅子を使って強引に脱出を試みるが、薔薇の棘に刺さった小金井は…

 …毒により絶命した!

 …ところで小金井は皇を知っていたようで、

『こいつ…まさかあの時の!?』

と皇の死体を高遠に見せられた時口走り、怯えていた様子。

 …おそらくは小金井が皇と過去に何かをやらかした可能性があり、犯人の動機はそれに対する復讐だろう。するとこれから出てくると思われる犠牲者にもそれと何らかの関わりがあるのでは、と私は思う。

 今のところ犯人はまだわかっていないが鍵となるのは

毛細管現象
『高遠が映画館から脱出した方法』


の2つではないかと私は思う。

 毛細管現象については今回小金井を亡き者にした(※もしかしたら別の人が犠牲になっていたかも)『毒の薔薇』が鍵になるのはほぼ間違いないだろう。
これが登場することで、「薔薇十字館からの脱出は不可能」と館にいる人達に印象付けることが可能だけれども、犯人、ローゼンクロイツによる毛細管現象を利用して毒を消す、すなわちアーチを安全に通るトリックが今後出てくるのではないかと思う。
 そして高遠の脱出トリックは、無線スピーカーと受信機を使って身代わりの男に変装するトリックだが、今薔薇十字館にいる関係者の中にも変装をしている人がもしかしたらいるかもしれないと思う。

 …さて、今回は白樹先生の左手の手のひらに十字が刻まれているシーンで終わっていたが、白樹先生が実は犯人で、犯行中についてしまったものか、それとも別の理由かはわからないが、少なくとも高遠が守ろうとしている異母妹と何らかの関係があるのではなかろうか

 …次回以降起こるであろう新たな事件とともに私はとても気になっている。

【追記】
食事を運ぶエレベーターのことを原作では「ダムウェーター」と言っていたがあれは調べてみると『バカなウェイター』という意味の差別用語らしい。単に「エレベーター」と言ってもいいような気がするのだが…。

(※参考
週刊少年マガジン 2013年第4号~第7号
金田一少年の事件簿 薔薇十字館殺人事件
講談社 (第3話p385~p406;第2話 p179~p202 第1話 p145~p172)

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

薔薇だけに バラバラ死体で 迎えた主!? …金田一少年の事件簿・薔薇十字館殺人事件の感想・2

 週刊少年マガジンで連載されている

金田一少年の事件簿薔薇十字館殺人事件

は、今までの地獄の傀儡師こと

高遠遥一

がプロデュースした犯罪をはじめが解くのではなく、高遠が

義母妹

を「ローゼンクロイツ」を名乗る人物に人質に取られたので、義母妹を守ってほしいと協力要請があり、協力するという前代未聞の事態になっていた。

 そのためはじめは薔薇十字館に向かったが、そのローゼンクロイツらしき人物は思わぬ「形」で登場する

 …何と夕食として出されたローストチキンに見せかけて、薔薇で盛りつけられたバラバラ死体となってはじめたち招待客の前に現れたのだ!!

 その男の名字(※あるいは名前?)は(すめらぎ)という人物。
 彼が高遠に招待状を送りつけた「ローゼンクロイツ」なのかは不明だが、どういう人物かは第3話以降で明かされるだろう。
 
 …さて、今回の事件で舞台となる薔薇十字館の青薔薇完成披露会には不動高校の生物教師である白樹紅音の他にも次の人物が招かれていた。

 佐久羅京(28) 写真家。薔薇をモチーフに写真を撮っていて、青薔薇のプリザーブドフラワーの写真を撮っていた。
 祭沢一心(36) 株式会社バイオ・フェスの社長。バイオテクノロジーで新種の花を開発をしている。
 冬野八重姫(27) プリザーブドフラワー・アーティスト。佐久羅が撮影していたのは彼女の作品。
 月読ジゼル(20)青薔薇を詠みにやってきた歌人。けれどもはじめにとってはプッツン系なので苦手だという。
 小金井睦(60)薔薇園経営者。真昼間から酒を飲んでいた。
 禅田みるく(32)織物師で、仕草から察するに小金井とは知り合いであることが伺える。



 ちなみにはじめや高遠のセリフを見ると白樹先生の他に招かれた人物の中には顔見知りもいるとのこと。
 そして容疑者には世話人の毛利御門も外せない。
 「夕食」というか、の死体を持ってきたのは彼であるし。

 館の主が一度も顔を出さぬまま、死体となって現れるパターンは秘宝島殺人事件の美作大介以来だ。あれもバラバラ死体で発見されるので…。
 この先例を考えるとあと2人ほどバラバラ死体で発見されるのではないか。薔薇だけに。
 けれども、薔薇だけにバラバラ死体というのは犯人にとっては下らないダジャレでは無さそうだ。
 黒い薔薇の花言葉には『死ぬまで憎む』『復習の亡霊』と高遠が言っていたように、これから殺される人たちは何らかの事件に関与しているのは間違い無いし、と同様に無残に切り刻まれて発見されるだろうと思う。

 …けれども死体を切り刻むのには死体をすり替えたり運びやすくするなど何らかの意図があるのではないか。

 そこで鍵になりそうなのは…、と考えると高遠が映画館から脱出した一件。
 あの時高遠は、「高遠の身代わりを頼まれた老人」に化けて映画館からまんまと逃げ出したが、薔薇十字館の事件でも、バラバラ死体となって登場したや、これから殺されるだろう人にもそれを応用したトリックが使われるのではないかと思う。前回は『毛細管現象』が出てきたのでそちらに目が行きがちだが…。

 …とにかく第2の犠牲者が誰なのか、高遠の異母妹が誰なのか、次回が気になる。
 そして、山田涼介主演の12日放送のドラマも気になる。

(※参考
週刊少年マガジン 2013年第6号
金田一少年の事件簿 薔薇十字館殺人事件
講談社 (第2話 p179~p202 第1話 p145~p172)

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

地獄の傀儡師、高遠遥一に挑戦状!? 金田一少年の事件簿・薔薇十字館殺人事件の感想・1

 週刊少年マガジン2013年第4・5号で、今年20周年を迎えた

金田一少年の事件簿

に新しい事件、

薔薇十字館殺人事件

が登場した。

http://www.kindaichi20.com/jiken201204.html

 今回の事件のキーパーソンは何と犯罪芸術家の『地獄の傀儡師』こと

高遠遥一

で、彼に送られた青い薔薇と一通の招待状をきっかけにはじめに協力を依頼するという前代未聞の事態になっていた。
 ローゼンクロイツ(Rosenkreuz)から送られた招待状には薔薇十字館で行われる青薔薇の完成披露会に参加しないと「高遠の異母妹の命を頂戴する」と書かれていて、高遠によれば、

「自分は殺すのは得意だが、犯罪を未然に防いだり人を守るのはむしろ苦手だから、警察に出頭することと引き換えに異母妹を守って欲しい」

とのこと。

 …一方、はじめについて第1話では、生物の授業で2色の薔薇を塗り分ける実験を行なっていたシーンが描かれていた。ちなみに原理は『毛細管現象』で、2本の試験管に入っている違う色の水を薔薇が吸い上げるとのこと。
 毛細管現象」が今回の事件の重要なキーワードになりそうな予感がするが、今回の事件で利用されるのは薔薇ではなく思いもよらぬ別のものではないだろうか!?

 …まさか人体!? 

…これ以上は考えないようにしよう。

 …また、はじめのクラスの生物の先生は白木紅音(しらきべにね)といい、何と高遠と同じ薔薇十字館の招待客だった!! 
 他の登場人物は世話人の毛利御門(もうりみかど)が登場しているが、高遠の異母妹が誰であるかはまだ明かされておらず、他にも登場人物が続々出てくることが予想されるがそこでどういう殺人事件が起こるのかはまだわからない。
 高遠の異母妹をめぐってはじめや高遠がどう動くのか、次回がとても気になる

【追記】
 今週の週刊少年マガジンには『波打ち際のむろみさん』があったが、その後にある久米田康治の読みきり漫画、『下請探偵 鋸織粕日郎シリーズ 密室の留学生』にある、

『コナンくんは死にました 金田一君は死にました』

という助手の鋸織探偵の慈護しよりのセリフに思わず笑ってしまった。

(※参考
週刊少年マガジン 2013年第4・5号
金田一少年の事件簿 薔薇十字館殺人事件 第1話
下請探偵 鋸織粕日郎シリーズ 密室の留学生
講談社 (p145~p172、p324~p344)

金田一少年の事件簿20th スペシャルウェブサイト
薔薇十字館殺人事件
http://www.kindaichi20.com/jiken201204.html

テーマ : 週刊少年マガジン
ジャンル : 本・雑誌

最新記事
カテゴリ
プロフィール

群良源(むらいげん)

Author:群良源(むらいげん)
【群良源(ムライゲン) プロフィール】
まったりとアニメや漫画、ゲームの感想を書いてます。
現在取り扱っているのは…

<アニメ>
ポケットモンスターXY(アニポケ)
今季:ご注文はうさぎですか? 、金田一少年の事件簿R
<お気に入り>
ニャル子、きんいろモザイク、のんのんびより、ご注文はうさぎですか?、ラブライブ! などなど

<漫画>
金田一少年の事件簿R
 
また、Twitterでは genmurai の名でつぶやいています。興味あればフォローしてください!

つぶやき。
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
オレンジトラフィック
アクセス解析
コスメの多様化
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR