藤宮香織役の雨宮天さん、スキマスイッチとクリス・ハートと共演!! 『一週間フレンズ。』の感想・番外編。

…いきなりトップバッターだったので焦った!!

 先月最終回を迎えたアニメ、
一週間フレンズ。』のED『』を「藤宮香織」名義で歌っている声優、雨宮天
 今日放送されたフジテレビの『MUSIC FAIR』に出演し、スキマスイッチクリス・ハートとコラボしていた!!

 雨宮さんが実際歌っているのを見るのは私にとってはこれが初めてだが、ソロパートもハモりも非常に良く出来ていた!
 ただ、
密かに楽しみにしていること」「密かに計画していること」のトークが次回に回されているのが私は気になった。

 雨宮さんは来週も出演するそうだが、次回はトークだけなのだろうか?

 …もしかするとこれが最初で最後かも知れない雨宮さんの「MUSIC FAIR」への出演。
次回、雨宮さんがどんな扱いになっているか、気になるところだ。
スポンサーサイト

テーマ : 一週間フレンズ
ジャンル : アニメ・コミック

【悲報】長谷祐樹、藤宮香織と一緒に正月前に初詣に行くが、香織の父に警察を呼ばれそうになる。 『一週間フレンズ。』最終話の感想。(後編)

(※前編の続きです)

 『一週間フレンズ。』最終回。
 主人公・長谷祐樹は一週間で友達の記憶がリセットされる藤宮香織について、
転校生・九条一が来てから彼と自分を重ねあわせ香織を避けていた。
けれども桐生将吾山岸沙希らクラスメートたちが気づいていることや、
 年末の冬休み中に祐樹が散歩中に偶然香織に会って、その時香織がクレープを食べに誘ったのは
「少しでも安心してもらいたかった」
ということを知った祐樹は、香織と次第に打ち解けていった。
 
 …特に祐樹が香織を家の近くまで送る時に、
一緒に少し早い初詣として神社にお参りした時に、香織が突然泣きそうになった時は。

「今日のこと忘れたくないなあ…。
「長谷くんと過ごした時間を全部、覚えていたい…。
どんな小さなことだって、全部…。」

「でも、長谷くんと友達じゃないのはもっとイヤなの…。」

「もっと前みたいに話がしたい!
もっと今日みたいにたくさん話がしたい!
…長谷くんともっともっと友達になりたいの!!」


「でも、私、どうしたらいいかわかんない…!!」
と、香織は泣いてしまった。

その時、祐樹は涙を流しながら

「うわああああああああああああああああああああああ!!!」

と大声で叫んだ。

「俺、馬鹿だ。
藤宮さんが泣いてる顔、これ以上見たくなかったのに…
何してんだ、俺は!
バカバカバカバカ!!」

「ごめん、藤宮さん!
俺、大事なこと忘れてたよ!」

「もっともっともっともっと藤宮さんと話がしたい!
もっともっと一緒にいたい!
もっと、もっともっともっと
友達になりたいんだああああああああああああああああ!!!」


すると香織は
「長谷くんの笑顔は、やっぱり安心するね。」
と言った。

 そして二人で微笑んだ。


 …二人でいい感じになっているまさにその時、
香織の母がやってきた。

 香織の父が香織が帰ってくるのが遅いと心配していて、何と警察を呼ぼうとしていたという!!

しかも香織の母・志穂は
「二人のこんなところを父に見られたら、
むしろ救急車を呼ばなきゃいけなくなるわ!」

と言っていた。


 …警察沙汰寸前になっていたのか…( ゚д゚)ポカーン
 
 香織の父の顔が見てみたいものだ…
 典型的な頑固親父なのか、それとも超のつく心配症な父なのか…。

 
 …そして冬休みが明け、三学期。
 香織と祐樹はお互いにこう挨拶した。

「友だちになってください!!」
 
 そして祐樹は日記をつけはじめた模様
 日記には、
「想い出を作り続けることは、想い出よりももっと大切なことだ」
ということが書かれていた。

 
 …2期では香織と祐樹の交換日記になるのかな?
それにしても警察呼ぶ香織の父は予想外だった!!!


 香織と祐樹。
 沙希と将吾。
 これからもいい友だちであって欲しいけれども、

 もしもアニメ2期があったら
 「これまで友達だったのが恋人に転化する…」
 そんな急展開がありそうな予感がする。


 …そういえばTwitterの公式アカウントのつぶやきによれば藤宮香織役の雨宮天さんが7月5日フジテレビで放送の
「MUSIC FAIR」でスキマスイッチと共演するという
ので

一週間フレンズ。』2期は必ずある、と信じたい。

(※参考
 『一週間フレンズ。』TVアニメ公式サイト
第12話
http://oneweekfriends.com/story12.html

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

山岸沙希、大泣きしちゃった…。 そしてクレープを紙まで喰らう長谷祐樹!? 『一週間フレンズ。』最終話の感想。(前編)

クレープ
包みまで食べるものなのか…
( ゚д゚)ポカーン


 …友達との記憶が一週間経つとリセットされてしまう少女・藤宮香織と、彼女を慕うクラスメートの長谷祐樹を描いた
一週間フレンズ。』はとうとう最終回
 
 転校生の九条一が来てからは香織の小学生時代のことが明かされていたが
祐樹は何らかの理由で香織が記憶がなくなってしまうことや香織を悲しませることが辛くて距離を置いている模様。
特に一を祐樹は重ねあわせて悩んでいたようだ。

 
 香織も「長谷くんを怒らせたのかな…」と心配していて桐生将吾に相談した。
その時に祐樹の気持ちを全然わかっていなかったことに気がついて涙を流していた。

…ところで将吾は、12月19日の屋上の大掃除の時に山岸沙希に話しかけたが
沙希は逃げ出すようにそそくさと落ち葉の入ったゴミ袋を捨てに行っていた。

 沙希はたくさんの落ち葉が入った大きなゴミ袋を両手で抱えていたが将吾に後ろから話しかけられるとまるで顔をゴミ袋で隠しているようだった。
 将吾は香織と祐樹のことについて話をし、
 沙希は香織について
「楽しそうにしてるけどなんか無理してる。」
祐樹については
「どうしてなんだろう…。あんなに二人仲よかったのに…。」
と答えた。

 すると将吾が
「なんでお前は、俺を避けてるんだ?」
と切り出してきた。

「べ、別に避けてるわけじゃないから…」
と、びっくりする沙希。

「もし俺が嫌いなら、今後こっちも話しかけないことにできるし…」
と将吾が言うと、

「違うもん…。
嫌いだったら、こんな悩んでなんか…!」

「桐生くんならダンナさんになってもらいたい、って言った時、(桐生くんが頭を叩いたので)本当に怒ってる気がして…
…先におかしくなったの、桐生くんだもん!!」


「うまく話したりできなくなっちゃったのも、「これ以上嫌われたくない」って思ったからなのに、
話しかけないこともできるなんて聞きたくなかったよぉ~!!」


…と、沙希は大泣きしてしまった。

 将吾は
「それはごめん。」
と謝ったが、沙希は
「素直に謝る桐生くんって、なんか変。」
と言った。

「俺は悪いと思ったら謝る。普段は「俺が悪い」ってことは少ないから…
謝る機会がないだけだ。」

と将吾は言ったが、沙希は涙を拭いて

「これからも頼りまくっていいですか?」

と言っていた。

将吾は
「頼る気満々かよ…。」
と呆れつつも、
「別にいいけど、甘やかすつもりはねえからな。」
という言葉を聞いた時は
沙希は
ラジャー!」
と笑顔で言っていた。

 
 …沙希は将吾に頭を叩かれてしまったことを気にしていたのか…。
 けれども将吾と沙希はこれからもいい友だちとなり、ついにはいい恋人同士になりそうな予感。

 …それにしても小さな体で大きなゴミ袋を抱えている時の沙希はかわいかったなあ。
ラジャー!」と言っている時の沙希は特に。


 
 …ところで、祐樹は冬休みの時に香織と一緒にクレープを食べに行った。
 当初香織は家族と一緒に旅行に行く予定だったが、父の仕事の都合で年末は家でゆっくり過ごすことになった。
 祐樹は牛丼を食べに行った帰りに散歩したが偶然香織に会った。
 香織は祐樹と一緒に散歩したが、クレープ屋の近くを通ると

クレープ食べていきませんか?」

と祐樹を誘った。
 日記にクレープのことがいっぱい書いてあったので気になったという。

 そしてクレープを祐樹と一緒に食べられたのは夢みたいだ
、と言っていた。

「長谷くんにはいっぱい心配かけちゃったから、ここのクレープを一緒に食べて少しでも安心してもらいたかったの」
と香織は言ったが、その時事件が起こった!

 祐樹はクレープをむしゃむしゃと食べ、
「美味しかったからもうひとつ頼む!!」
と言い駈け出したが、その時祐樹は…

 何とクレープを包みごと食べていたのだ!!!

 「ハッセヤギ説」誕生…( ゚д゚)ポカーン

(※感想は、後編に続く)

(※参考
 『一週間フレンズ。』TVアニメ公式サイト
第12話
http://oneweekfriends.com/story12.html

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

特別な友達… 九条一と藤宮香織の過去が明らかに!! けれどもそれを知った長谷祐樹は香織から一歩身を引いた!? 『一週間フレンズ。』第11話の感想。

 藤宮香織は転校生・九条一の「裏切り者」の一言で一時記憶を失ってしまったが、日記のお陰で長谷祐樹との仲は確実に前進している…はず。
 そんなストーリーが展開されているアニメ『一週間フレンズ。』も、もうすぐ最終回。

 第11話は祐樹が香織と一緒に帰ろうとしたらクラスメートの芹沢舞子が香織をカラオケに誘ったために、西村藍山岸沙希と行ってしまったけれども
後にファミレスで香織は祐樹と合流。
そこには一と彼が小6の時の同級生、太田と山里がいた。

 けれどもその合流が…
いや、そこでなされていた会話が香織に大粒の涙を流させた…

 …そもそもなぜ祐樹が一と彼の小6の同級生と一緒にファミレスにいたのかは
 藍が祐樹に
「香織ちゃんって、クレープ屋さんで何かあったの?
少し前の日記がどうとか言って行きたがらないんだけど…」

と言ったことから、祐樹が一に、「クレープ屋で何があったのか」を聞いたことがきっかけ。
 一は
「オレだってわかんねーよ」
と言っていたが、
「あいつら(太田と山里)だったらわかるかも…」
と電話をかけ、祐樹と太田と山里の待ち合わせ場所のファミレスに向かったのだ。

 …ちなみに沙希はカラオケに誘われる前、桐生将吾の顔を見るとオドオドした様子で走り去り、
 教室の教壇の下にしゃがみこんで隠れていた。

 将吾を怒らせてしまったと思い込んだかららしい。
 謝ろうと思っても、怖くて謝れないらしい。
 また、舞子が
「桐生くんがずっとニコニコしているのを想像してみて」
と言った時に沙希が
「やだ… そっちのほうが怖い…」
と言っていたが、将吾は
「なんかスッゲー失礼な会話が聞こえてきた」
と言っていた。

 …ファミレスで一と会話する祐樹。
祐樹は一に
「一は本当は香織のことが好きなのでは」
と聞いたら不自然な間があることや人違いで
「藤宮さん?」
と行ったら一が反応したことを気にしていた。

 また、一は
自分の名前が横棒一本だけだったので昔はすごく嫌だったが、香織が自分の名前を初めて褒めてくれたことを明かした。
 そして一は香織を祐樹と同様にただの友達ではなく、特別な友達だと思っていた!
 特に一と香織は小学生の頃、放課後に居残って二人だけで一緒に勉強をしていたという。

 祐樹は「香織が数学好きなのは一がきっかけでは…」と思っていると、太田と山里がやってきた。


 …太田と山里に一は、
 「抜け駆け」の話の続きを聞いていた。

 二人の話によると、

一は転校する前日に香織を公園に呼び出したが、
「シギハラナオミ」(シゲハラ?)という香織の友達(※でも内心香織のことをよく思っていなかった)が
そのことを知っていたため香織に嫉妬
ナオミの友達(取り巻き(?))が香織を囲んだらしい。
「抜け駆け」
「友達でも何でもない」
など、いろいろ香織は言われたらしい。

そして、香織は、交通事故に遭った…

 その後、ナオミはお見舞いに行ったが、
香織に全然覚えてないふりをされたらしい。



 …この会話の一部始終を、香織は聞いていた…

そして大粒の涙を流しながら。
「なあんだ。
それで私、記憶をなくしたんだ。
びっくりしたけど、思ってたよりも平気だよ。

…あれっ?
本当に平気なのに、おかしいなあ。
なんでだろう…」


 …そこに沙希が現れた。
沙希は泣いている香織を見ると、
「行こ。」
と香織を引っ張っていった。


 …夜、祐樹と一はバス停にいた。
一は、
 「引っ越してもその先、香織に覚えてもらいたかったんだ。俺のこと。
だから俺、香織を公園に…」
「俺のせいだよな…
俺が自分のことしか考えてなかったから香織は…
「友達のこと信じられなくなっちまったんだな…」
「…何が特別な友達だ!」


 …香織は寝る前に日記を書いていた。
泣きながら…。

 …そして次の日、香織は祐樹に
「長谷くんは特別な友達」と言った。

けれども祐樹は香織と距離を置いていた…。

 また、祐樹は将吾にメールを送り、夜に河川敷に呼び出していた。
 香織が記憶をなくしたその原因がわかったけれども、祐樹は想いを抱いていた。

 …これ以上、香織を苦しめたくないという想いを…
これ以上、香織の辛い顔を見たくないという想いを…


 香織について色々わかったことについては、
「そんなの最初からわかっていたじゃん」
「それでも香織と友達になりたかったんだろ」
と将吾は言うが、祐樹は一の様子を見たことから、
「ホントにそれでいいのかな…」と言っていた。


 …そして香織は祐樹を冬休みに初詣に誘おうとする。
 けれども、祐樹は
「藤宮さん、次移動だよ」
と話題を逸らした。


 
 …「香織をこれ以上悲しませたくない」という気持ちゆえに祐樹がここで折れてしまったらそれこそ香織が悲しんでしまうと私は思う。
それはナオミが香織に嫉妬したことや事故のことを知ってしまった一にも同様のことが言える。
 そして、将吾を怒らせたと思って将吾と距離をおいている沙希の動きも気になるところ。
 最後は祐樹と香織、沙希と将吾、そして一が友達として元気な顔で終わって欲しいな、と思っている。

 …それにしても前回の話から祐樹と香織以上に将吾と沙希は幸せになってほしいと思うのは私だけ!?

(※参考
一週間フレンズ。』TVアニメ公式サイト
第11話
「大切なトモダチ。」
http://oneweekfriends.com/story11.html

テーマ : 一週間フレンズ
ジャンル : アニメ・コミック

長谷くん、九条一に藤宮さんに対する想いを伝える。 一方将吾と沙希に恋の大きな進展が!?  『一週間フレンズ。』第10話の感想。

転校生、九条一

前回の『一週間フレンズ。』で長谷祐樹藤宮香織の友達として積み上げたものを
「この裏切り者
の一言ですべてリセットしていった…。

 けれども一には決して悪気があったわけではなく
心ない一言は
「一週間ごとに友達との記憶がリセットされる」
という今の香織を全く知らなかったゆえではないかと思われる。


 特に第10話ではクレープを一緒に食べようと待ち合わせていた香織が一から遠ざかるように走り去るのを見た祐樹が
 一時は一に腹を立てたけれども、一に香織の記憶のことを話していた。

 もっとも一には信じてもらえず、
「所詮はおままごとだ」
と言われてしまったし、香織がつけている日記についても
「香織は実は(祐樹に)ウソを付いているのでは」
と言われてしまったが、

 「たしかに同じことの繰り返しだが、
確実に藤宮さんの中に思い出は残っていて蓄積されている」
「誰が何と言おうと藤宮さんは友達だ」


と、祐樹はしっかりと香織に対する想いを一に伝えた。

 ちなみに一は過去に何らかの理由で小6の頃に香織に裏切られたらしく、
「そもそも香織が大嫌い」
と祐樹に言っていた。


 …ところで香織の異変に気がついていた人がいた。
香織の祐樹に対する態度が今までと明らかに違うし、祐樹も元気がない、と。
 
 …それは忘れん坊なクラスメイトの山岸沙希だった。

友達のために一肌脱ごうとしたところ、桐生将吾に止められた。
けれども沙希は
「香織には幸せになってもらいたい」と将吾に伝えると、
「お前も色々考えてるんだな。」と将吾に言われていた。

 更に沙希は
「香織が自分の家族になってもっと甘えられたら…
けれども女の子同士だとそれができないのが悲しい」

と言っていた。

しかも沙希は
「桐生くんだったら家族になれる!」
私のダンナさんに…!

と将吾に言ってしまったために、
「そういうこと冗談でも言わないほうがいいぞ。
「誤解される態度とっていつか騙されても知らないから。」

と、沙希は将吾に頭を叩かれてしまった。

 けれども将吾は祐樹と廊下ですれ違った時、顔が赤くなっていた。

 
 …まさか将吾と沙希の仲が
ここまで発展しているとは…( ゚д゚)


 …どう見てもカップルというか夫婦です。
本当にありがとうございました。


 …将吾と沙希はこのまま結婚まで突っ走ってほしいと私は思う。
(※気が早すぎ)

 そしてメインの祐樹と香織の関係は一が入ってきたことで「一が邪魔者」というよりは、
むしろ一が香織の記憶喪失という事実をしかと受け止めた時に祐樹と香織と一の三角(?)関係がどうなっていくかが気になる
 それは最終回までには書ききれないと思う。

 …つまり、一週間フレンズ。』は、2期もあるのではないかと信じたい。

(※参考
一週間フレンズ。』TVアニメ公式サイト
あらすじ
第10話「友達とトモダチ。」
http://oneweekfriends.com/story10.html

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

【悲報】藤宮香織、転校生・九条一に「裏切り者」と言われて倒れたショックで長谷祐樹の記憶を失う…  『一週間フレンズ。』第9話の感想。

一週間フレンズ。第9話に登場した転校生・九条カレン…
もとい九条一は黒かった!!

まさに主人公・長谷祐樹よりもはるかに
SBDK(嫉妬深い男子高校生)だった!!

 転校早々藤宮香織の隣の席に座った時に
「この裏切り者。」
と香織に言い放って香織を倒れさせ、
 しかも香織の祐樹に関する記憶まで消してしまった!!!


 一は過去にどんな約束をしたのか知らぬが、
祐樹が香織のために積み上げてきたものを一瞬で崩してしまった!!!!

 
「転校生九条一デース!
藤宮は裏切り者デース!」

(※CV:東山奈央)
…ってかあ!?

こ れ は ひ ど い
鬼 畜 の 所 業
表 へ 出 ろ



 …さて、第9話のメインは
夏休み最終日に香織の家で祐樹と桐生将吾山岸沙希の4人が夏休みの課題を終わらせることだった。
けれども将吾は、すでに宿題を終えていた

そして沙希は…

 宿題があることそのものを忘れていた…

 ( ゚д゚)ポカーン


 『ソウルイーターノット!』の多々音めめといい勝負だ…
 ( ゚д゚)ポカーン


 しかも楽しいことしか覚えない主義…
 ( ゚д゚)ポカーン


 しかも開始早々テレビを見に香織をつきあわせた…。
 駄目だこいつ早く何とか(ry


 …とはいえ、食べ物に喜んで
「わーい」とバンザイしている沙希は憎めないなあ。

 
 …ちなみにあまりの忘れん坊っぷりに祐樹は将吾に
「沙希にイラッとこない?」
と聞いていた。
 だが、「別にこのぐらいではどうも思わない」と将吾は返していた。
そして
「お前にはイラッとするわ。」
と祐樹に言っていた。

 ところで祐樹は数学が苦手。数学の夏休みの宿題にも苦戦していた。
 すると香織は
「長谷くんは難しく考え過ぎなんじゃないかな。」
数学はパズルやゲームと同じものだよ」
「明確な答えがちゃんとあってそれを探しに旅に出る、みたいな。」
「でも解き方は何通りでもあってだからこそ答えを導き出した時はすごく達成感がある」
「たとえきれいな解き方じゃなくても自分で答えを導き出せたらすごくうれしい」
「数学は解くまでの過程が大事なんだと思う」

と言っていた。

 …この香織の発言は香織とのつきあいかたの暗示なのではないかと私は思う。

 第9話で本格的に登場した九条一という香織の長谷くんに関する記憶を「裏切り者」という一言で消してしまった転校生は今後も祐樹にとって大きな壁になると思われるがどれだけ遠回りしても香織とまた良い関係を築けるのではないかと信じたい。

 ところで良い関係といえば、用があって先に帰った将吾と沙希にも進展があった。

 一足先に宿題を終えた将吾が沙希のために数学の宿題の解答と解説を書いてくれた時に、
 その将吾の行動を見て、沙希
「前にも誰かに同じようなことしてもらわなかったっけ…?」
そして小学生の頃に下駄箱にノートが入っていたことを思い出し、そのことをしてくれたのが将吾だと気がついたのだ!

「自分のために人が何かをしてくれたのはそれが初めてでうれしかった」
「頼りになる人にお世話してもらいたい」

という気持ちを将吾に明かしていた。

そして帰る将吾に
「これ、ありがとうございます。
小学生の頃も、これからも期待しています。」

と沙希は感謝していた。

 一方祐樹は課題を終わらせた。
 そして祐樹は香織に
「どうして藤宮さんって、俺のことだいぶ覚えられたの?」
と聞いた。
香織は
「はっきりとは分からないが、私自身の何かが変わった」
と言っていた。

また、どんなことがあっても友達でいてくれる祐樹に香織は感謝していた。

そして、祐樹がノートで足を滑らせて香織を押し倒したシーンがあった!
幸い、それで記憶がなくなることはなかったが…


 …それなのに転校生・九条一は香織を「裏切り者」の一言で気絶させ、
祐樹が積み上げてきた友達との記憶を結果的に消してしまった!


 …けれども何度でも何度でも祐樹は立ち上がるだろうと私は信じたい。
そして将吾と沙希のさらなる進展も期待したい。


(※参考
一週間フレンズ。』TVアニメ公式サイト
あらすじ
第9話「友達との最終日。」
http://oneweekfriends.com/story09.html

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

夏休み!4人で海へ遊びに! そして新キャラ、九条一登場デース!! アニメ終盤、大波乱の予感… 『一週間フレンズ。』第8話の感想。

 アニメ『一週間フレンズ。第8話
それまでの二人」のシーンに登場した『奏(かなで)』

 …長谷くんが歌うのかよ( ゚д゚)


 …それはさておき、1週間毎に友達との記憶を失ってしまう少女、藤宮香織と彼女を慕う長谷祐樹、そして祐樹の親友の桐生将吾、香織と友達になった忘れん坊な少女・山岸沙希の4人が電車に乗って海に遊びに行くエピソードが最近放送された『一週間フレンズ。第8話にはあった。

 最初は香織と二人っきりで行こうと思っていた祐樹だったが、
香織は二人っきりだと恥ずかしいということで将吾と沙希も誘うことに。

祐樹は少しがっかりしていた。
ここでも祐樹のSBDK(嫉妬深い男子高校生)っぷりが。

 また、将吾は祐樹にしつこく誘われただけではなく沙希の住所を小学校の連絡網で調べて電話しなければならなかった(+翌朝沙希に海に遊びに行くことを忘れていないか確認するために電話する必要があった)ので祐樹と沙希に振り回される結果に。

 …さて、4人は無事に駅に集合し電車にも間に合った。
 車内では香織が作ってくれた弁当のタコさんウインナー祐樹がきれいに足から食べることが話題になっていた。
ちなみにこのことは香織の日記にも書かれていた。
祐樹が言うには顔から食べるともったいないからとのこと。

 さて、外は晴れていて電車の中からきれいな海が見えていたが、
海についた時には大雨になっていた。

 「わー とばされるー」
とそれでも遊ぼうとする沙希。

 砂のお城をつくろうと香織も誘われてしまったが、
 沙希が砂で作ったのは…

カエルだった…( ゚д゚)
しかもリアル…( ゚д゚)


 また、沙希はボール遊びをして、
飛ばされたボールを祐樹が取りに行くはめに。

 …雨宿りのために4人はゲームセンターを訪れる。
 祐樹は香織と沙希のためにクレーンゲームで鳥のぬいぐるみを取ろうとするがなかなか取れず。
けれども将吾は何と一回で2体もとってしまった!!

 そして4人でプリクラをとるが、将吾は乗り気でなかった。
けれども祐樹に引っ張られる形で写った。

 
 …いつの間にか雨は止んでいたので4人は再び海に。
 買い出しに行く将吾と香織、そして留守番の祐樹と沙希。
 香織と一緒に買い出しに行けなかったのを残念がっていた。

 けれども夕方の散歩では祐樹は香織と一緒になっていた。

 買い出しの留守番(?)をしている祐樹は沙希に
「香織ちゃんのどこが好き?」
と聞かれただけではなく、
香織について
「よく抱きついているから知っているけど、
結構胸あるよね~。」

とからかわれてしまった。

 一方買い出しをしている香織は将吾に
「おどおどしなくなったな」
と言われただけではなく、
「あいつ(祐樹)のことどう思ってるの?」
と聞かれていた。

香織と将吾は食べ物とともに花火を買ってきていて4人は夜は花火を楽しんだ。
 特に香織は友達と海に行った一日が「充実していた」と思っていて、
「最近「好き」という言葉を使いたくなるが、
なんという現象なんだろう?」

とも思っていた。

 そして第8話のラストでは九条一という少年の引っ越しの場面が描かれていた。
ちなみに一は、北海道から東京に戻ってきたらしい。


 …第8話では香織の記憶について一切触れていなかったが、香織、祐樹、将吾、沙希の4人が海で充実した一日を過ごしていたかな、と思う。
 ただ、九条一登場で運命の歯車が大きく狂いだすのではないかと思われるし、
 特に祐樹と香織の関係はどうなってしまうのかも気になるところ。


 …それにしても沙希が砂で作ったリアルなカエル…
その発想はなかった!!


(※参考
一週間フレンズ。』TVアニメ公式サイト
第8話「友達と海。」
http://oneweekfriends.com/story08.html

テーマ : 一週間フレンズ
ジャンル : アニメ・コミック

夏休み! 藤宮さんに会えない長谷くんのピンチ!? そして噛み合っていく歯車… 『一週間フレンズ。』第7話の感想。(後編)

(※前編の続きです)

【「ふぅ」の友達。の感想。】
 最近放送された『一週間フレンズ。第7話の後半では長谷祐樹が、
藤宮香織夏休み中は会えないことをものすごく心配しているシーンが描かれていた。

 桐生将吾は祐樹に、「ある意味いい機会だ」と言ったあとで、
「自分のことをどれだけ覚えているか試してみたら?」
と言っていた。

 けれども祐樹は
「全く覚えていなかったらどうしてくれるんだ?」
と言ったので、将吾は
「藤宮のことを信頼してやれよ…」
「お前って、すっげー女々しいよな…」
夏休みに藤宮に会えないのが寂しいだけだろ?」
「どうして悪い方向にしか考えないの?」

と言っていた。

 …祐樹は香織に旅行の話題を切りだすが、夏休みに会いたいという肝心なことは言い出せずにいた。
 
 ちなみに将吾は
「香織はとかプールとか花火大会とか、何を誘っても喜びそう」
と言っていた
が、祐樹は
「彼氏彼女にしか見えない」と言っていた。


 そんな祐樹を将吾は
「今すぐ話しに行け!」
と、祐樹の背中を足で蹴飛ばすというよりは押していた

そして
「いい加減背中押す手間が省けるといいんだけどな…」
と言っていた。

 …祐樹は香織に
夏休みも会おう!」
と言った。
 すんなりと香織は「いいよ」と言ったので祐樹はびっくりしたが、祐樹は夏休み中にも香織と会うことができるようになった
…けれども肝心な待ち合わせ場所を聞くのを忘れてしまった!
そのため会いに行くと約束した日、真っ先に祐樹は香織の家を訪れていた。
 
 けれども祐樹はいつもの学校の屋上に行ってみると、
何と私服姿の香織が待っていた。


 そして香織はこんなことを祐樹に話した。
「私、当たり前のように長谷くんが長谷くんとわかったよ。
初めて会ったとは全く思わなかった」

…と。
 
 祐樹はその言葉を聞いて、
「一週間ごとに巻き戻っていた藤宮さんの歯車が、
もうほとんど俺の歯車とかみ合ってきている」

と悟っていた。


 …次回第8話は香織が祐樹と一緒にに行って花火をする話と思われるが、
噛み合った歯車は狂うことなく無事いい思い出を作ることができそう

 ただアニメ終盤の第9話以降でその歯車を狂わせる出来事が起こってしまいそうに私は感じる。
 鍵となるのはアニメ公式サイトのキャラクターの項目にありながらまだ登場していない九条一

一は祐樹の恋のライバルになるのだろうか…!?

 …今後の『一週間フレンズ。』の展開が楽しみだ。

(※参考
一週間フレンズ。』TVアニメ公式サイト
第7話 「ほっ」の友達。 「ふぅ」の友達。
http://oneweekfriends.com/story07.html

テーマ : 一週間フレンズ
ジャンル : アニメ・コミック

初の2本立て! 忘れん坊な沙希、長谷くんをいじる! 『一週間フレンズ。』第7話の感想。(前編)

 一週間経つと友達との記憶が消えてしまう少女・藤宮香織と、彼女を慕う少年・長谷祐樹を描いた
アニメ『一週間フレンズ。

第7話は何と初の2本立てでしかもいわゆる「Cパート」もあった!

 前半と後半は夏休み前から夏休みのある日にかけてが描かれていて、
Cパートで長谷くんの誕生日のことが描かれていた。
 ちなみに祐樹の誕生日7月14日香織は祐樹のためにクッキーを作ってくれた。
 また、祐樹の誕生日を香織が知っていたのは桐生将吾がぼそっと香織に聞こえるように言ったから、とのこと。
そのため香織の日記に
7月14日 長谷くんのたんじょうび!」
と2ページを使って大きく書いてあった。
 また、思い切って祐樹が香織に
「藤宮さんは俺のこと、どう思ってますか?」
と聞くと
「私は長谷くんのこと好きだよ。」
と言ったのでびっくりするけれども、
続けて
「将吾や山岸さんのことも好きだよね?
数学も?」

と聞くと
「好きだよ」
と香織が答えたので祐樹はホッとしていた。

【「ほっ」の友達。 の感想。】
 さて、第7話前半では香織が教室のいろいろな人と話せるようになったけれども祐樹が香織と屋上で共に過ごす特別な時間が減ったことが描かれていた。
また、香織が体育の時間にクラスメートの芹沢舞子と西村藍と「香織は長谷くんとどういう関係か」について話しているシーンが描かれていた。

 祐樹について
「大事なお友達」
「とにかく優しくてすごく信頼できる人」

と香織は答え、
祐樹が香織に言った
「俺と友達になってください!」についても触れていた。

 すると舞子は香織と祐樹のことを「純情」と言っていた。 
 
 …ちなみにこのシーンでは山岸沙希走り幅跳びをするシーンが描かれていたが
記録は38cmだった。

 また沙希は井上先生から頼まれた期末テストの時間割を教室に貼る仕事を手伝っていたが、
将吾の苗字と名前を忘れていた…。
苗字を教えてもらったけれども
「桐生… そうでしたっけ?」
と言っていた。
 
 そんな沙希に将吾は
「思い出そうとした意志は汲んでやるよ。」
「どうせ忘れそうだからいいよ」

と言っていた。

 また沙希は教室でマンツーマンで香織に勉強を教えてもらっていた祐樹に期末テストの時間割を貼るのを手伝ってもらったが、
 「もっと上、もっと上」と言ってみたり、祐樹の足を触ってちょっかいを出していた。

 ところで祐樹沙希と一緒に勉強する予定だったところを香織に頼み込んでマンツーマンにしてもらったり
マンツーマンで勉強していたところを
「相変わらずの空気だな」と将吾に言われていた。
 しかもそんな将吾に対し、
「たまには二人っきりにさせやがれこのヤロー!」
と言って、将吾に
「本音丸出し」
と言われていた。

 また、祐樹は香織とは数学好きのことで話題になり、
香織は高学年ぐらいの時に算数が好きになったが、その理由ははっきりと覚えていないという。
ちなみに好きな数字は1だという。
 しかも祐樹が
「優しいし、しっかりしてるし、かわいいし。文句の付け所がないもんなあ。」
と香織に言って香織の顔が赤くなってしまった時は祐樹は慌てていたけれども、
「男の人にかわいいと言われたのはびっくりしたけれども素直にうれしい」
と言っていた。


 …祐樹と香織の友情(恋の進展!?)は今のところ順調そうだけど
将吾と沙希の友情も進展しつつあるのだろうか…?


 ただ、
「今の祐樹と香織があるのは将吾のおかげでもある」
というのを祐樹が忘れてしまわなければよいのだが…。


 …それにしても沙希はとぼけた顔して長谷くんいじりすぎ!!

(後編に続く)

(※参考
一週間フレンズ。』TVアニメ公式サイト
第7話 「ほっ」の友達。 「ふぅ」の友達。
http://oneweekfriends.com/story07.html)

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

藤宮香織の過去より母、それ以上に追試控えてるのに超マイペースな山岸沙希!! 『一週間フレンズ。』第6話の感想。

一週間経つと友達との記憶を失ってしまう少女・藤宮香織と、彼女を慕う少年・長谷祐樹の物語、
一週間フレンズ。
第5話で新たに超忘れん坊で超マイペースな山岸沙希が登場し、香織や祐樹に新たな友だちが増えることになったが、
第6話では何と祐樹と沙希そして桐生将吾香織の部屋に入る展開が!!

 きっかけは、祐樹と沙希の追試
 追試で点が低かったら答案を貼りだされてしまうらしい。
 
 祐樹は香織に勉強を教えてもらおうとすると香織の家で教えてもらうことになり、沙希もそうすることになったのだが、
 沙希は香織の部屋に入るやいなや…

 …ふかふかのベッドに飛び込んだ!
そしてマンガを取り出した!


 しかも香織のが差し入れに持ってきたメロンパンを頬張ると、
眠くなって寝てしまった!


 …ちなみに将吾は追試がないのでマンガを読んでいた

 …それにしても香織のは慌てん坊だなあ

 …ところで祐樹が下の階で用を足している間、
将吾と香織が二人起きている展開があった。
 けれどもしばらく会話がなかった二人。
香織は将吾を怖く感じてしまったらしい。
 そして戻ってきた祐樹は
「藤宮さんに何したんだ?」
と将吾に言った。

 すると突然
「は~い ちゅうもく~」
沙希が起き上がり、香織と将吾の二人の手を取って
「今から香織ちゃんと桐生くんをお友達にしよう作戦、開始~」
と言った。
香織が将吾と話すのが怖いから何とかしようと思ったようだ。
しかも将吾が笑わないので脇をくすぐったり頬を引っ張って笑わせようとしていた
 
 その様子を見ていた祐樹と香織は笑っていたが、
 沙希は
「(将吾と)友達にならなくてもいい」と言い出す。
 けれども香織は
「いつか仲良くなれたらいい、長谷くんの友達だから…」
それに対して、将吾は
「友達でいいって…」と言っていた。

 …それにしても香織と別れる前に沙希が言った
「ケータイ忘れた、部屋も忘れた
は迷言だなあ。

 ところで祐樹は帰る前に香織のから
「明日公園に来てください。
お話があります。」

という手紙を受け取っていた。
 
 祐樹は追試のため香織ののところに来たのは夕方になってしまったが、待ってくれていた。
 そこで香織のから
「どうして香織に声をかけようとしたのか」
という質問をされた。
 祐樹は顔が赤くなってしまって答えられなかったが、香織の

香織が小6の時に交通事故にあったこと、
そのことがきっかけで友達の記憶がなくなってしまったこと。
昔は友達がたくさんいて、家に帰るといつも友達のことばかり話していたこと。
 けれども香織の母は香織がいてくれるだけで幸せだ。

…といったことを祐樹に打ち明けていた。


 …さて、気になる祐樹の追試の結果だが、なんとか合格したようだ。
 
 そして香織に祐樹は勉強を教えてくれてありがとうと言うと
香織はおはようと言われたことに対して感謝していた。
そして香織の日記には毎週月曜日のに
「また俺と友だちになってください」
という言葉が入っていることを明かした。


 そして、
「来週もその言葉を楽しみにしててもいいですか」
と香織は祐樹に言い、
「もちろん!」
と言っていた。

 
 …今回の話は香織の母と絡めて香織が友達との記憶を一週間経つごとに失ってしまうきっかけが描かれていたが
祐樹と香織の中が少しずつ進展しつつあることが描かれていたなあ。

 けれどもそれ以上に沙希の超マイペースっぷりが描かれていたし、
それが目立っていたと思う!!

 …ただ、沙希の追試の結果が
「ご想像にお任せします」
的な感じで明かされていなかったのは何かもどかしいなあ。

(※参考
一週間フレンズ。』TVアニメ公式サイト
あらすじ
第6話『友達の母親。』
http://oneweekfriends.com/story06.html)

一週間経つと友達との記憶を失ってしまう少女・藤宮香織と、彼女を慕う少年・長谷祐樹の物語、
一週間フレンズ。
第5話で新たに超忘れん坊で超マイペースな山岸沙希が登場し、香織や祐樹に新たな友だちが増えることになったが、
第6話では何と祐樹と沙希そして桐生将吾が香織の部屋に入る展開が!!

 きっかけは、祐樹と沙希の追試。
 追試で点が低かったら答案を貼りだされてしまうらしい。
 
 祐樹は香織に勉強を教えてもらおうとすると香織の家で教えてもらうことになり、沙希もそうすることになったのだが、
 沙希は香織の部屋に入るやいなや…

 …ふかふかのベッドに飛び込んだ!
そしてマンガを取り出した!

 しかも香織の母が差し入れに持ってきたメロンパンを頬張ると、
眠くなって寝てしまった!

 …ちなみに将吾は追試がないのでマンガを読んでいた。


 …それにしても香織の母は慌てん坊だなあ。

 
 …ところで祐樹が下の階で用を足している間、
将吾と香織が二人起きている展開があった。
 
 けれどもしばらく会話がなかった二人。
香織は将吾を怖く感じてしまったらしい。
 そして戻ってきた祐樹は
「藤宮さんに何したんだ?」
と将吾に言った。

 すると突然
「は~い ちゅうもく~」
と沙希が起き上がり、香織と将吾の二人の手を取って
「今から香織ちゃんと桐生くんをお友達にしよう作戦、開始~」
と言った。
香織が将吾と話すのが怖いから何とかしようと思ったようだ。
しかも将吾が笑わないので脇をくすぐったり頬を引っ張って笑わせようとしていた。
 
 その様子を見ていた祐樹と香織は笑っていたが、
 沙希は
「(将吾と)友達にならなくてもいい」と言い出す。
 けれども香織は
「いつか仲良くなれたらいい、長谷くんの友達だから…」
それに対して、将吾は
「友達でいいって…」と言っていた。

 …それにしても香織と別れる前に沙希の
「ケータイ忘れた、部屋も忘れた
発言は迷言だなあ。

 ところで祐樹は帰る前に香織の母から
「明日公園に来てください。
お話があります。」

という手紙を受け取っていた。
 
 祐樹は追試のため香織の母のところに来たのは夕方になってしまったが、待ってくれていた。
 そこで香織の母から
「どうして香織に声をかけようとしたのか」
という質問をされた。
 祐樹は顔が赤くなってしまって答えられなかったが、香織の母は
香織が小6の時に交通事故にあったこと、
そのことがきっかけで友達の記憶がなくなってしまったこと。
昔は友達がたくさんいて、家に帰るといつも友達のことばかり話していたこと。
 けれども香織の母は香織がいてくれるだけで幸せだ
、ということを祐樹に打ち明けていた。

 …さて、気になる祐樹の追試の結果だが、なんとか合格したようだ。
 
 そして香織に祐樹は勉強を教えてくれてありがとうと言うと
香織はおはようと言われたことに対して感謝していた。
そして毎週月曜日の日記に
「また俺と友だちになってください」
という言葉が入っていることを明かした。

 そして、
「来週もその言葉を楽しみにしててもいいですか?」
と香織は祐樹に言い、
「もちろん!」
と祐樹は答えを返していた。

  …今回の話は香織の母と絡めて香織が友達との記憶を一週間経つごとに失ってしまうきっかけが描かれていたが
祐樹と香織の中が少しずつ進展しつつあることが描かれていたなあ。

 けれどもそれ以上に沙希の超マイペースっぷりが描かれていたし、
それが目立っていたと思う!!


 …ただ、沙希の追試の結果が
「ご想像にお任せします」
的な感じで明かされていなかったのは何かもどかしいなあ。


(※参考
一週間フレンズ。』TVアニメ公式サイト
あらすじ
第6話『友達の母親。』
http://oneweekfriends.com/story06.html

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

SBDK(嫉妬深い男子高校生)の長谷祐樹、藤宮香織と山岸沙希のデート(?)を桐生将吾と(※強引に)見守る!! 『一週間フレンズ。』第5話の感想。 (後編)

(※前編の続きです)
一週間フレンズ。第5話では
主人公・長谷祐樹が、同級生の山岸沙希藤宮香織と友だちになったことに焦りというかヤキモチのような感情を抱いているようで、
特に金曜日の放課後に香織とデートすると沙希から聞いた祐樹桐生将吾を強引に誘ってその様子をうかがうことに
二人がちゃんと仲良く出来るか見届けたいとのことだが…。

 …香織と沙希は、以前香織が祐樹と一緒に来た時に閉店で食べられなかった駅前のクレープを食べることができた
分け合って仲良く食べていた様子を見た祐樹は…
完全に二人に妬いていた!!!

ちなみに香織は友達と一緒に食べ物をシェアすることやショッピングをすることに憧れていたようだ。
 
 特に服を買った時には、
沙希はクマのパジャマを着たけれども、沙希のすすめで香織も着てみることに。
香織はピンクのうさぎのパジャマを来た。
 沙希は「かわいい」と言っていたけど、
香織は「ちょっと恥ずかしいな」と言っていた。

 …ちなみに将吾は
「それ、服じゃなくて着ぐるみだから」
と陰でツッコんでいた。

 ところで沙希香織のことを最初は「物静かで大人っぽい人」だと思っていたが、
香織とデート(?)して
「いろんな香織の顔が見られて嬉しい」
と言っていた。

その様子を見た祐樹は…
「藤宮さん、すごく楽しそうだね。
俺と一緒の時より…orz」


長谷くん…(´・ω・`)

 …夕方、河川敷のベンチで楽しそうに話している香織と沙希の様子を見ていた将吾は、祐樹
「(沙希は)だいぶ変わった」
と言っていた。

実は将吾は、小学校の頃沙希とクラスが一緒だったという。
そして小学校の頃から沙希は忘れっぽく、からかわれいじめられ泣いていたという。

沙希と別れた香織は、思わず泣き出してしまった。

…それにしても着ぐるみ着ている沙希と香織はかわいいし、
「またね~」とやってる時の沙希と香織もかわいいなあ。



 …そして月曜日。教室で香織に声をかけた沙希は
「あの、どちら様ですか?」
と言われてしまう。
けれども、沙希は
「すごい! 本当だ、本当に忘れちゃったんだ。
私だよ? 山岸沙希。」
「一緒にクレープ食べてショッピングして、いっぱいおしゃべりしたよね。」

と言った。

すると、香織はクレープを沙希と半分こにしたのを思い出した!!

そこに沙希の友だちがやってきて、沙希は
「香織ちゃんって、私より忘れんぼさんなんだよ。」
と紹介した。
すると友達の一人が、沙希が学校にかばんを持ってくるのを忘れたけれども、弁当箱だけは忘れなかったという話をする。
「そんなことあったっけ…?」
と、とぼける沙希。


 その話を聞いていた香織は…
思わず笑い出してしまった!!

けれども周りにクラスメートがいるのに気がついて笑うのをやめた香織に沙希は、
「怖い顔、ダメ! 笑って!」
そして、香織は祐樹と将吾に微笑んでいた。


 …第5話は沙希の天然っぷりと香織の仲のよさがよく出ていた回であり、
香織に同性の友達ができて、なおかつ教室でも話し相手ができた回でもあった
と思う。

 そして、長谷くんのストーカーっぷり、
…もといSBDK嫉妬深い男子高校生)っぷりが出ていた回でもあった。


 …それにしても「SBDK」という言葉を考えて
ニコニコ大百科に記事までつくっちゃう人、天才だなあ。
http://dic.nicovideo.jp/a/sbjk

(※参考
一週間フレンズ。』TVアニメ公式サイト
第5話 「新しい友達。」
http://oneweekfriends.com/story05.html

テーマ : 一週間フレンズ
ジャンル : アニメ・コミック

SBDK(嫉妬深い男子高校生)の長谷祐樹、山岸沙希に妬く! 『一週間フレンズ。』第5話の感想。 (前編)

SBDK」。
アニメ『一週間フレンズ。』は
ニコニコアニメチャンネルでも配信されているが、
第5話には『桜Trick』の「SBJK」を彷彿とさせるいち視聴者による上に書いたタグがあった。

 …さて、『一週間フレンズ。』は一週間経つと友達との記憶を失ってしまう少女・藤宮香織と、彼女を慕う少年、長谷祐樹の物語だが、
第5話では新たに山岸沙希という祐樹や香織の同級生が新たに登場した。
沙希は背が低くのんびりした話し方をする忘れん坊で天然系の女子生徒だ。

 ある日、沙希は屋上で昼食中の香織の前に
「見つけた。ここにいたんだ。藤宮さん。」
と現れ、
「よかったら私とお友達になって下さい。」
と言ってきた。
しかも、
「本当はおねえちゃんになってもらいたいんだけど…
あっ、おかあさんでもいいよ。
でもやっぱりおねえちゃんがいいかなあ? …2つ上くらいの。」


 また、沙希は香織の「大人っぽくて一人で何でもできるところ」に憧れているようだ。

 香織は戸惑っていたが、
そこに祐樹と桐生将吾が現れた。
沙希を見た祐樹は
「ナチュラルに誰かいるんですけど」
と言っていた。
 ちなみに沙希が「祐樹と将吾は香織の友達か」を聞いた時に祐樹は、
「厳密に言えば俺一人だけど」
と答えていた…。

桐生くん…(´・ω・`)

 次の日、登校してきた香織に沙希がいきなり後ろから抱きついてきた。
後ろから沙希の友達(?)のマイコとアイがやってきておしゃべりしていたことを伝えるが、
沙希が後ろをふりかえると香織は先に行っていた。
その様子を、祐樹が後ろで
|д゚)チラッ と見ていた。


 また、「屋上以外では話しかけないで」と香織は沙希にお願いしたが、そのお願いを沙希は忘れてしまっていた。
「なんで話しかけちゃいけないの?私が嫌い?」
と聞く沙希に、
「そうじゃないけど…」
と戸惑う香織。
その様子を見ていた祐樹は…
「山岸さん、強引すぎ!」


また、沙希は香織に数学の問題を教えてもらおうとしたら香織がそそくさと教室を出て行ってしまったので、
「藤宮さ~ん、ど~こ~?」
と、大声で探していた。

その様子も祐樹が見ていた。

 沙希の様子から、祐樹が香織に「屋上以外では話さない」というルールを破ったら、とアドバイスすることに。

すると香織は、教室にいた沙希に
「山岸さん、私の話聞いてくれる?」と言い、
自分が友達の記憶が一週間おきににリセットされるということを明かした。

 …けれども沙希は、難しくてよくわからないとのこと。
そして、自分も物忘れが多いこと、一度話したことも忘れてしまうこと、
いつ忘れるかわからない自分に比べれば、香織のほうが全然いい、と言っていた。

さらに、「そんなふうに考えたことなかった」と答えた香織に対して、
「藤宮さんは難しく考え過ぎなんだよ。
もっと肩の力を抜いて、楽しく生きていこうよ。
忘れん坊さんでも、結構みんな助けてくれるよ。
まあ、私の場合、「難しいことから逃げすぎ」って言われるけどね。」

と言っていた。

香織と沙希は友だちになることに。
そして互いを名前で呼び合うことに。


 …ちなみにその様子を祐樹と将吾が陰で見ていて、

祐樹「藤宮さん、ちゃんと話できてるかなあ?」
将吾「それより自分のこと心配すれば? 弁当食われてるぞ。」
祐樹「ダメ~~~ッ!!」

何と沙希は香織の弁当を平らげてしまったのだ…。

食べるの早すぎだよ…OTZ
と落ち込む祐樹。


 しかも沙希が「放課後に香織とデートする」と言ったのを聞いた祐樹は…

次の日翔吾を連れて香織と沙希のあとをつけた!!

…まさにSBDK!!!
祐樹は「嫉妬深い男子高校生!」!!
女どうしの友達なのに将吾も振り回して二人の様子を見たり後をつけるとは…。

どう見てもストーカーです。
本当にあ(ry

 …それにしても香織と沙希、忘れっぽいというところよりはむしろおっとりしているという意味でずっといい友だちになりそうかも。

(※後編に続く)

(※参考
一週間フレンズ。』TVアニメ公式サイト
第5話 「新しい友達。」
http://oneweekfriends.com/story05.html

テーマ : 一週間フレンズ
ジャンル : アニメ・コミック

長谷祐樹、藤宮香織と初のケンカ…。  けれども仲直りで活躍していたのは… 『一週間フレンズ。』第4話の感想。

一週間経つと友達との記憶を失ってしまう少女・藤宮香織と、彼女を慕う少年、長谷祐樹の恋物語が展開されている
アニメ『一週間フレンズ。
前回第3話では祐樹が親友の桐生将吾を香織と引きあわせたが、
第4話では祐樹が香織とケンカをしてしまい将吾を頼ることに。

 …ケンカの原因はざっくり言うと祐樹が将吾に嫉妬したこと。
祐樹が
「香織が将吾のことばかり話する」
と思い込んで香織を傷つけてしまった。


 さらに悪いことに、香織は河川敷を歩いている時に後ろから若い男と自転車とぶつかったはずみで日記をなくしてしまった。それゆえノートをみることができず祐樹の記憶がすっぽり抜けてしまっていた。
しかも香織に祐樹は「こんな危ない人」呼ばわり…。

 …祐樹が香織が日記をなくしたのに気づいたのは香織に「こんな危ない人」呼ばわりされた日に、将吾に相談した時

 将吾は祐樹のことを「めんどくさい」と言いつつも、

「(藤宮が日記を)なくしたとは思わないのか?」
「藤宮はちょっとしたすれ違いで日記を捨てるような薄情な奴か?」


と祐樹に言った。

 将吾の言葉に祐樹は目覚め、学校を休んでまで日記を探し続けた。

 …けれども将吾が声をかけたのは祐樹だけではなかった!

 香織にも声をかけ、
日記を忘れたことを自分から思い出させるように持っていっただけではなく、
日記をを探しに行っている人(祐樹)がいるということも思い出させた
のだ!!


 …香織は祐樹を下校時に見かける。
 …そして、河川敷で日記を一生懸命探している祐樹を見つけた!
 さらに日記も無事見つかり、
晴れて祐樹は香織と仲直り…というか再び友だちになることができた。


 …今回は将吾が祐樹と香織の仲直りのために大活躍な回だった。
 頼りない祐樹のために奔走していた。
将吾は恋のキューピッドというか、名軍師というか…
とにかくすごい人だと思う。

 
 …けれども祐樹は香織との初のケンカをきっかけに、
将吾に心から感謝できるのだろうか?

 もし今度香織をめぐってまた将吾に嫉妬したら今度は将吾と大ゲンカすることになって、
頼れる友人がおらず香織に対して暴走してしまうのではないか
と私は思う。

 …さて、第5話では山岸沙希が新たに登場する模様。
祐樹と香織の関係に割り込むのか、それとも将吾と関わるのか…
今後の展開が楽しみだ。

【追記】
一週間フレンズ。』第4話には河川敷アザラシの話があったが、
どう考えてもアゴヒゲアザラシのタマちゃんだと思ったのは私だけだろうか!?
…懐かしすぎる!!!

(※参考
一週間フレンズ。』TVアニメ公式サイト
第4話『友達とのケンカ。』
http://oneweekfriends.com/story04.html

テーマ : 一週間フレンズ
ジャンル : アニメ・コミック

長谷祐樹、桐生将吾を藤宮香織に近づける。 だが、嵐の予感が…!? 『一週間フレンズ。』第3話の感想。

一週間経つと友達との記憶をなくしてしまう少女・藤宮香織と、彼女を慕う少年・長谷祐樹の恋物語が展開されている
アニメ『一週間フレンズ。
 第3話では第1話、2話の祐樹と香織2人の出来事を描いたものとは打って変わって、
 祐樹の親友・桐生将吾も(祐樹の強引なすすめで(?))香織と関わることになった。

 最初は香織と出会って
いつもの正確と全然違ったことに驚いてか
「二重人格なの?」
と発言してしまい、祐樹に
「しばらくしゃべるな」
「(将吾は)空気みたいな人だから」
などと言われてしまった。

 また、祐樹が香織と仲良くしているときはオーラが出ていて、それに対し

「何このほわほわした感じ…」
「甘ったるい…」
「見ていて食欲なくなった…」

と言っていた。

そしてついには、
「お前ら、付き合ってんの?」
と祐樹と香織に聞いていた。

 …さて、本題の香織の記憶喪失について、将吾
「すごく複雑…」
「小さい頃何かあったろ」

などと事情を理解しつつも、
「香織は演技している」
と言ってしまった。

 特に祐樹には
「たかが1ヶ月?」
「お前は人を疑うことしなさすぎ。」
「なんで長谷が(香織のことを)全部しゃべってんの?」

と香織に対する態度に疑問を投げかけ、去ってしまった。

 その翌日、金曜日。
香織は祐樹と将吾が口喧嘩したことを気にしていた。
祐樹は「気にしないで」と香織に言うが、香織は気にしていた。

 そんな香織は帰る途中、ノートを教室に忘れてきてしまった。
友達と一週間にあったことを忘れないように書き留めておくノートを。
 けれども他の生徒が机の近くにいて取りにいけず、夕方になってしまった。
しかも、とある女子生徒たちが
「藤宮がノートを見てなんかニヤッとしてなかった?
気持ち悪いよね。」

陰口をたたいていて、香織は思わず涙を流してしまった。

 そんな時、将吾が現れ、藤宮のノートを回収。そして女子生徒に
「確かにノートを見てニヤッとしているのは気持ち悪いが、
陰口で悪口言ってるお前らもどうかと」

と女子生徒たちに言った。
 そして香織にノートを渡し、
「大事なものだろ、自分の言葉で言わんとワカンネーだろ。」
と言って、去っていった。

 その言葉を聞いた香織は、その様子を見ていた(陰口を叩いていた)女子生徒に、

 このノートは自分にとって大事なものであること、大事な友だちを失いたくないという気持ちを言い、去っていった。
 
 …翌週の月曜日、香織は数学の時間に指名されて黒板に答えを書いた時、「18」という数字を見て思わず涙が溢れ教室を飛び出してしまった。
 それを追いかける祐樹。
 香織は祐樹を見た時、祐樹のお気に入りの玉子焼きの分量、「卵2個に砂糖18g」を思い出し、
「長谷君だよね!?」
と言った。
 
 けれども、祐樹を追いかけた将吾が現れた時は、祐樹よりも将吾のことを覚えていた…。
 将吾が言うには、香織は将吾を友達として認識していなかったという…。

 …「友達として認識していない」…。
ものすごく含みのある終わり方だ…。


 そういえば第4話のサブタイトルは「友達とのけんか
香織がノートに関して優しくしてくれた将吾に特別な思いを抱いた結果、
祐樹と将吾が衝突してしまいそうな予感がする。

特に翔吾は自分の思ったことをズバッと言ってしまうところは長所にもなりうるし短所にもなりうるので…。
(※香織のノートを取った時に陰口を叩いていたクラスメートに自分の思っていることをズバッと言ったシーンはカッコ良かったけれども…。
 
 …いや、そもそも祐樹と香織は友達になったのだろうか…。
いつしか交流を重ねるうちに友達を超えた何かになったようにも思える。

 「ケンカ」というある意味「記憶がなくなること」以上かもしれない荒波を、
祐樹と翔吾と香織はどう越えていくのだろうか。
 次回、第4話は特に見逃せない。
切なさを超えた何かがありそうだから。
 
 …それにしても祐樹のために朝早く起きて玉子焼き大量につくる香織は、かわいいなあ。

【追記】
そういえば、別のアニメで下の画像のキャラが大量に産んだ卵で玉子焼き作っていた人が昔いたなあ。
みー


(※参考
一週間フレンズ。』TVアニメ公式サイト
あらすじ
第3話「友達の友達。」
http://oneweekfriends.com/story03.html
第4話「友達とのけんか。」
http://oneweekfriends.com/story04.html

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

玉コッペとカラオケの思い出! そして香織が祐樹との思い出を忘れなかった3週目の月曜日。 『一週間フレンズ。』第2話の感想。

一週間経つと友達と過ごした記憶がリセットされてしまう少女、藤宮香織と彼女を慕うクラスメート・長谷祐樹の恋物語が展開されている
一週間フレンズ。

第2話…、香織に祐樹が告白してから2週目の月曜日は祐樹が香織に声をかけると
「いきなり何ですか?」
と冷たく言われてしまいそこで一週間経つと友達と過ごした記憶がリセットされてしまうことを悟り、落ち込んでしまった祐樹のシーンからスタート。
 けれども祐樹はクラスメートの桐生将吾から
「いつまで落ち込んでんだよ」
「普通、友だちになって下さいなんて言わねえよ」
と言われながらも
「もうちょいがんばれ」
と応援された。

火曜日、昼休み、屋上。
香織は冷たい視線だったが、昨日話しかけたことを祐樹は香織に謝った。
そして、先週香織と何があったかを祐樹は話した。
特に
「香織が先週『私は一週間経つと友達と過ごした記憶がリセットされてしまう』ということを言った」
ということを祐樹が話すと、香織は喰い付くように祐樹を見つめ、姿勢を正し、
「それでも私と…」
と言いかけて、しばらくして

「なあんだ、そうだったんだ!」

と言い、明るい声で
「先週の私にとって(祐樹は)友達だった」と言った。

水曜日、体育のバレーボールで点数係をしていた時に顔面レシーブしてしまった時、将吾に
「点数付け忘れんなよ。」
と言われたことから、祐樹は日記をつけることを香織に提案する。
香織は早速、メモ帳を取り出し、祐樹が食べていた購買の人気メニュー、「玉コッペ」についてメモをした。
また香織は帰宅後、買って来た一冊のピンクの水玉模様のノートを机の上に出していた。

木曜日香織は数学の時間に当てられた祐樹が問題が答えられず先生にヒントを頼んでいたところをメモしていた。
その様子を見た祐樹は、
「そこまで書くんだ…(´・ω・`)」
と思った。

金曜日、香織は昨日もらった新しくできたクレープ屋のチラシを祐樹に見せた。
祐樹は香織と一緒に放課後に食べに行こうと誘ったが、その様子を人に見られると恥ずかしいので、日曜日に行くことに。
 けれども日曜日そのクレープ屋に行ったら何と定休日だった…。
 けれどもそのかわりカラオケに行くことに

 友達と一緒に行くのが初めてという香織はカラオケを大いに楽しんでいた。
 香織は帰りに祐樹と
「今日のこと、明日またいっぱいお話してね。」
と言って別れた。
 そして帰宅後、ドアのところに、

同じクラスの
長谷祐樹とは
友達
机の上の日記を絶対読むこと!


という張り紙を貼った。
そして、日記に何かを書き残した。

 …その次の日。昼休みの屋上。

 香織は先週祐樹と過ごしたことを忘れていなかった。
玉コッペのことも。先週も、先々週のことも。

日記には祐樹のことがいっぱい書かれていた。
香織にとって、祐樹と過ごしたことはとても楽しかったが、
「楽しくって、楽しくって… 
楽しかった… はずなのに…」
「うれしくって…」

思わずうれし涙を流してしまった。

 それを見た祐樹は、香織に謝った。
「友達になって下さい」
という過程をすっ飛ばすために日記をつけることを香織に提案したことを
「すごく自分勝手だった」と思ったから。


 …けれども香織は気にしていなかった模様。
日記に、

「長谷くんはずるくて、自分勝手で、私に日記を書くように言ったのも自分が楽をするためでした。
だけど、私が無理をしていることに気づいて、すぐ謝ってくれて…
やっぱり長谷くんは、ほんとうにステキな人です。」


とつけていた。

それを見た祐樹は照れながら、
「こんな俺でよかったら、また…友だちになってくれませんか?」
と香織に言ったあと、
「うーん」と考えこむ香織に青ざめていたが、
しょうがないな。」と笑顔で香織は言った。


 …第2話では祐樹と楽しく過ごした香織の思い出は消えずにいた。
しかも香織がうれし涙を流すシーンは思わずもらい泣きしてしまいそう。
しかもそのあとで祐樹が謝ったあと、そのことについて日記をつけるシーンは面白いし感動的なシーン!!

 けれども香織が祐樹との思い出を忘れてしまわないためにつけている日記や張り紙。

 ずっとあるわけではないし、何らかの理由でなくしてしまったり見るのを忘れてしまうこともあるかもしれない。
 そんな時、また一週間前のことを忘れてしまうのでは…。
 …第2話香織と祐樹の仲が大きく進展した回だったけれども、
 第3話以降の波乱の展開を予感させる嵐の前の静けさのような予感が、私にはする。
 
…けれども嵐こないで! 

 神様、おねがいします。(※日曜日、日記に香織が書いた言葉より。)


(※参考
一週間フレンズ。』TVアニメ公式サイト
あらすじ
第2話 『友達との過ごし方。』
http://oneweekfriends.com/story02.html

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
カテゴリ
プロフィール

群良源(むらいげん)

Author:群良源(むらいげん)
【群良源(ムライゲン) プロフィール】
まったりとアニメや漫画、ゲームの感想を書いてます。
現在取り扱っているのは…

<アニメ>
ポケットモンスターXY(アニポケ)
今季:ご注文はうさぎですか? 、金田一少年の事件簿R
<お気に入り>
ニャル子、きんいろモザイク、のんのんびより、ご注文はうさぎですか?、ラブライブ! などなど

<漫画>
金田一少年の事件簿R
 
また、Twitterでは genmurai の名でつぶやいています。興味あればフォローしてください!

つぶやき。
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
オレンジトラフィック
アクセス解析
コスメの多様化
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR