律、梅酒で酔っ払う! そして宇佐君と律ちゃんの恋は小さくとも着実に前進中!! 『僕らはみんな河合荘』第12話の感想

 宇佐和成のエロ妄想…もとい予感は的中していた

 「クラスメイトの前村に本好きな人の集まりに誘われた河合律はそれに参加したけれども、
実は合コンカラオケで、しかも男に絡まれる…」


 まさにその通りで、三井という男に律は絡まれていた。
 確かに本の趣味は一緒だったけれども、律にとってはとにかくイヤな感じだったという。

 和成は錦野麻弓のケータイを借りて律に「大丈夫?」とメールし、(※5分で千円)
 律の
「大丈夫じゃない、でも自分で何とかする。もう帰る」
という返事をもらった。


そして律はバス停で帰りを待っていた和成に
「スゴイ疲れた!
質問責めにメール責めにトイレ責め…」

とこれまで抑えてきた気持ちを打ち明けた。

 そして後日、前村は律に合コンのことを謝ったが、律は勝手に写メをしたことに対しては
「そういうの勝手にしないで!」
と言っていた。

そして
「いつも一緒にいる人がほしいだけなんじゃないの?」
と前村に聞いた。
前村は
「同じようなことでケンカして焦っていたのかも…」
と言っていたのだが、夕方、図書室でいつものように本を読んだ帰り、和成と一緒に帰った時に
前村とその友達が律のことで陰口をたたいていたのを見て
、律は
「帰る…」
とがっかりしていた。

 帰り道、律は涙を流していたが、和成の前では
「この本があまりにもすごい展開で…」
と言っていた。


 ちなみに帰りを待っていた麻弓は…
 玄関前で酒の瓶を持って合コンがどうとかわめいていた…
 和成と律は真っ白になって脱力していた…( ゚д゚)


 …その日の夜、律が間違って梅酒を飲んで酔っ払ってしまうハプニングが発生した。
 
 渡辺彩花には「性格悪い」を3回繰り返し、
和成にはふくれっ面をして「お人好しすぎる」などと説教していた。

 更に律は「お腹が空いた」と言い出し住子さんに
「寝る時間だから我慢しなさい」
と言われた時は拗ねて、
テーブルの上に顔をつけてぐりぐりしだした!
和成はそんな律の様子を見て
「何このかわいい生き物…」
と言っていた。

 和成は部屋にお菓子を取りに行こうとするが、麻弓と彩花が和成の部屋でお菓子探しゲームを始める。
 けれども、点数がつくのはエロDVDや写真集などで、どう見てもお菓子探しゲームではなかった…。

 …次の日、梅酒の酔いが覚めた律は和成の部屋に律が貸した本にノートが挟まっているのを見つけた。
 けれども麻弓に見られてしまったので部屋をダッシュで逃げ出したが、和成が呼び止めると笑顔を見せたかと思うと腹を抱えて笑っていた。

 …実は和成のノートは本の登場人物や感想を書いたノート。
律は赤ペンでコメントを書いていたところを麻弓に見られてしまったのだ。


「読み進めたらまた見せて」と律は和成に言っていたが、
「まるで交換日記みたい」と和成が言ったので思わず顔を赤くして走り去ってしまった。
 けれども和成は律をを呼び止めて、ケータイ番号とメアドの交換を申し込んだ。

 律は振り向いて、和成にケータイを見せた。
 こうして和成は憧れの律先輩とケータイ番号とメアドの交換に成功した…

 けれども麻弓は、なぜか朝番組を言いまくって和成に嫉妬(?)していた…
( ゚д゚)ポカーン



 …和成と律の関係は少しずつだけれども前進しつつある…
もっとも和成と同室の城崎のように河合荘の住人たちやその周りの人たちは変わり者が多いけれども…。

 それにしても酔っ払ってふくれっ面して説教する律はかわいい。
 和成の言葉に思わず吹き出してしまう律もかわいいけど、
 笑顔が一番かな。


 『僕らはみんな河合荘』。
個性的な登場人物にどうしても目が行ってしまうけど
住人たちは和成と律の関係をぶち壊すような真似はしない。
そこがいいところ。


 …二期は果たしてあるのかな。
 もしあるとしたら秋と冬のエピソードが中心になるのかな?
 期待したい。


(※参考
TBSテレビ
僕らはみんな河合荘」公式ホームページ
第12話「近づきたくて」
http://www.tbs.co.jp/anime/kawaisou/story/story12.html
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

彩花の友達と弱点! そして律の友達と、合コンの危機…!? 『僕らはみんな河合荘』第11話の感想

 主人公・宇佐和成はいつも本を読んでいて同じ河合荘の住人である河合律先輩のことが気になっている。
河合荘の住人たちは変人もとい個性派揃いだが、二人の恋は少しずつ進展している…
そんなストーリーが展開されているアニメ『僕らはみんな河合荘』。

 第11話では前半では渡辺彩花の友人・「ツネコ」こと常田美晴が登場し、
 彩花と仲がいいと見せかけて彩花の過去…
例えば中学時代に卵を温泉卵にして50円で売り飛ばしたら親に怒られて道具小屋に閉じ込められたので釘バットで脱出したなどの恥ずかしいエピソードを岐阜弁で語り出していた。
 しかも和成に彩花の弱点を教えていた。

 ちなみにツネコが河合荘を訪れた目的は高校の同窓会を訪れる前に彩花に会いたかったから。
 また、高校の同窓会当日、ツネコは彩花にメイクしてもらったが、和成は
「誰…( ゚д゚)」
と思うと同時に、中学時代の同級生・林を思い出していた。


 …そして彩花の弱点は…

 …なんとウサギだった!!

 しかもウサギが弱点だということを和成から聞いたという話を住子さんから聞いてしまったので、和成は彩花にひどい目にあってしまったようだ…。
(※アニメでは「俺の弱点が増えた」と言っていた)


 …彩花は過去にウサギに何をされたのだろうか…?
…噛まれたのかな。

 
 …さて、アニメの後半はがクラスメイトの前村と本を通じて親しくなる話。

 律は前村とは本の話になると会話が弾み、和成にとっては
「キャッキャウフフ」
なのだが、
 メールを打つ早さは普段本ばかり読んでいるからか遅い。

 特に前村から本好きな人の集まりに誘われた時は駅前で律を見かけた彩花の話から
和成は
「今頃律はカラオケなど合コンでみんなについていけず、どうしていいかわからなくなっているのでは…?」
と考えていた。



 …前村は悪気はないのだろうけれども、ちょっと馴れ馴れしいなあ。
 ただ、律との関係が揺らいでいると思っている和成は、どうやって律を助けるのだろうか。
最終回でどんな恋の進展が待っているか、とても気になる。


(※参考
TBSテレビ
僕らはみんな河合荘」公式ホームページ
第11話「友達なんかいないって」
http://www.tbs.co.jp/anime/kawaisou/story/story11.html

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

林、書生カフェで意外な相手に惚れる! そして千夏の登場と泥団子作りがきっかけで宇佐君と律の仲が険悪に!? 『僕らはみんな河合荘』第10話の感想

  主人公・宇佐和成はいつも本を読んでいて同じ河合荘の住人である河合律先輩のことが気になっている。
河合荘の住人たちは変人もとい個性派揃いだが、二人の恋は少しずつ進展している…
そんなストーリーが展開されているアニメ『僕らはみんな河合荘』。

 第10話は前半は和成が中学生の頃(へんしょり時代)のクラスメートで霊感少女のが登場。
後半はシロこと城崎泥団子作りをし、そこに律を「ぼっち先輩」と呼ぶ小学生の千夏も登場した。

 …そもそも前に書生カフェを訪れた時にひどいことをしたと思って和成に謝ろうと書生カフェをのぞいていた
 けれどもどう謝っていいかわからなかった。
 同じく外から店内をのぞいていた…というか熱射病で倒れそうになっていたシロはに、和成が氷水を置いていってくれたことを教えると、
「宇佐くんの変人処理(ヘンショリ)能力が進化している…」
と言っていた。

そしてシロは
「宇佐くんは、君にどうだった?」
に聞いた。

 は中学生の頃を思い出す。
 林は実はクラスの女子に和成と絡めて陰口を叩かれていた。
 
 和成は林を見た時、「何を今更…」と思っていたが、林は
 「ありがとう宇佐くん。
無視しないでくれて、気遣ってくれて、我慢してくれて、ありがとう。
甘えて、ごめんなさい。
ひどいこと言って、本当にごめん。」

と謝った。
和成は
「分かった、もういいよ。」
と林に言ったが顔は…

…メイクが落ちてしまっていた!!
( ゚д゚)ポカーン

 トイレで落ち込んでいた林だったが、
 用を済ませると黒川(西園寺)が声をかけてきた。
前に書生カフェに来た時に忘れものをしたので渡したかったようだ。

このとき、
「君、せっかくいい守護霊つけてるのに、呆れさせるようなつまらないことするなよ。合コン帰りの時はどこかに行っちゃってたよ。
でも、ありがとうは良かったよ。守護霊は大切にね。」

と林は黒川に言われた。

 何と、それを聞いた林は黒川に惚れてしまった!!

 …ちなみに書生カフェではオーナーがアンティーク店で買った本を整理した時に本が足りず、律から本を借りていた。

  …ところで、後半のシロの泥団子作りのエピソードは千夏がシロのところに遊びに来ていたが、和成はバイトのため出番はほとんどなし。
ちなみに律は本を読みながらやりたそうにしていた。
けれどもシロはいきなり錦野麻弓
「破れたパンティーストッキングちょうだい」と言ったから、
麻弓に踏まれていた…( ゚д゚)

 …ちなみにパンストは光る泥団子を作るために磨くためのもの。

麻弓は一番きれいな泥団子をつくろうと張り切っていたが…
 …力を入れすぎてうまく行かず、シロに
「まるで麻弓の恋愛みたい」
と言われてしまった…。

 パンストで泥団子を磨くシロたち。
 突然、千夏が律に

ぼっち先輩は宇佐くんとデートしないの?

と聞いた。

びっくりする律。
 更に律を質問攻めにする千夏

「…それ、違うよ。」
「宇佐くんはちょっと外れた人たちの世話焼くことに慣れてるだけ。」
「ほっとけばいいのにほっとかなくて、気にして世話焼いて。
そういうのが宇佐くんにとって当たり前で、ものすごくお人好しで…
変人処理ってあだ名がつくづくぴったりで…
だから特別あたしがどうってわけじゃないよ。」

と律は言った。
 けれども千夏は、
「なあんだ、ぼっち先輩、ヤキモチ焼いてるんだ。」
と律に言ったので、律は顔が真っ赤になってしまった!

麻弓が言うには千夏
SJS(Sな女子小学生)」だった…( ゚д゚)

更に千夏は

「宇佐くんと千夏が付き合っちゃったらどうする?」
と律に聞いた。
律は
「通報する、宇佐くんを」と言っていた。

 夕方、和成がバイトから帰ってきたが、
千夏はしょんぼりしていた。
 しかも律は和成が
「何か気になることでも?」
と聞くと、怒った顔で
「別に。」
と振り向いていた…。( ゚д゚)


 けれども和成はそもそもなぜ律が怒っているのかわけが分からなかった…。

 ちなみに千夏は帰ってきた住子さんの飾りパンを見た時、
すぐに飾りパンのほうに興味が向いてしまっていた…。


 …林と黒川は「類は友を呼ぶ」ということでいい感じになりそうな予感がする
もっとも守護霊関連だが…。

 …守護霊とは別に、和成のへんしょり時代のエピソードは
もしアニメ2期があったらそこでもやってほしいな。


 また、久しぶりの千夏だが、特に律にとっては意外な天敵だ…。
 良く言えば幼いゆえの純粋さ。
 悪く言えば毒舌…、特に作中にもあった「SJS」…


 もっとも、シロにとってはご褒美(?)だが…。

 …さて、次回第11話は渡辺彩花の友人の話の模様。
 サークルクラッシャーの意外な弱点が明らかになるらしいが…
果たしてどんなエピソードになるのだろうか…?


(※参考
TBSテレビ
僕らはみんな河合荘 TVアニメ公式サイト
第10話「ほっとけばいいのに」
http://www.tbs.co.jp/anime/kawaisou/story/story10.html

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

麻弓、屋根の上でソロライブ! 夜のムカデ騒動で和成と律に更なる恋の進展が!! 『僕らはみんな河合荘』第9話の感想

 主人公・宇佐和成はいつも本を読んでいて同じ河合荘の住人である河合律先輩のことが気になっている。
河合荘の住人たちは変人もとい個性派揃いだが、二人の恋は少しずつ進展している…
そんなストーリーが展開されているアニメ『僕らはみんな河合荘』。
 
 第9話ではメインとして律が夜にムカデを見つけ和成や城崎に退治してもらうエピソードがあった。

 律は和成と城崎を女子エリアに特別に入ることを許可しムカデ退治を始めた。
 けれどもムカデは見つからず、
結局錦野麻弓ムカデを発見した時に、渡辺彩花が恐れることなくあっさりと退治してしまった。
 …ちなみに彩花は田舎育ちだという。

 和成はムカデを退治することはできなかったが、
ムカデが自分の背中を登っていたのに気がついた律がものすごく驚いて
ムカデ退治に使っていた熱湯を和成の腕にぶっかけてしまった!
 けれども和成は
「先輩、落ち着いて。大丈夫。」
と、律を落ち着かせていた。
強調文
 …彩花がムカデを退治したあとで、律は和成の腕を冷やした。
律は顔が真っ赤になってしまっていて、
「ごめん… ありがとう…」
と言っていた。


 …前回の書生カフェのエピソードに続いて、
和成と律の関係は進展しつつあるのが伺える…。


 
 …また第9話では麻弓が会社のお局さんに彼氏ができたので落ち込んでしまい、城崎に肩車してもらって城崎をビール瓶で殴っていたが、
住子さんが押入れからギターを持ってくると麻弓は屋根に登って「不幸せソロライブ」を始めた。

ちなみに麻弓が言うには「不幸が移れば幸い」という。

 和成は禍々しいライブかと思ったが、
 
…麻弓の歌はうまかった!!
 しかも20曲も歌っていた!



 …また、麻弓について言えば、
第9話では和成の親友の田神が麻弓を慕っていることも明らかになっていた。
 けれども河合荘にやってきた時に、最初は
「年下もいいかもなあ~」
と言っていたけれども田神が15歳であることを知ると、パスしてしまった…。
 
 …麻弓はだいたいダブルスコア…( ゚д゚)

 
 …この回では麻弓がいわゆる見せパンやっていてお色気アピールしていたけれども
 律がムカデに怯えている時や、和成に熱湯をかけてしまい申し訳なく思っている時の表情が
普段の無表情な感じとは打って変わって豊かだったなあ。

 
 …特に住子さんの部屋の日本人形見た時の律のリアクション!!

 …これからの和成と律の関係がどうなっていくかがとても楽しみだなあ。

(※参考
TBSテレビ 
僕らはみんな河合荘 公式ホームページ
第9話 「禁断の」
http://www.tbs.co.jp/anime/kawaisou/story/story09.html

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

河合律、ハイカラさんになる! 宇佐和成、林との再会! そしてよみがえる「へんしょり」!! 『僕らはみんな河合荘』第8話の感想

主人公・宇佐和成はいつも本を読んでいる河合律先輩のことが気になっている。
律は和成と同じ河合荘の住人だったけれども河合荘の住人たちは残念な人達だった…
…そんなストーリーが展開されている『僕らはみんな河合荘』。

 第8話では住子さんの友人のすすめで和成が書生カフェで夏休み期間限定でバイトすることになる話。
ちなみにそこで和成は「姉小路」と呼ばれることに。
 
 また、バイト先の先輩はロン毛の山本(本名:北条)とメガネの西園寺(本名:黒川)がいて、どちらも変わり者。
 特に西園寺は和成にとって、
守護霊がどうこう言ってくるのでそれは和成の中学校時代(へんしょり時代)の同級生の女子生徒、を思い出させるという。

 しかもそのが、和成の友人・田神が誘った合コンに参加しているという。
 しかもイメチェンしていた!(※ちなみに見ぬいたのは錦野麻弓渡辺彩花
 さらに和成がバイトしている書生カフェにやってくるという!!
 
 …けれどものツレの男が非常に態度が悪かった!!
 最初に接客した山本はその態度に怒りを示していた。
 結局和成が接客をしたがあまりの態度の悪さというか、押しの強さにオーダーを取れずにいた。

 
 …けれども和成に、思わぬ助けがあった!!
 それは何とハイカラさん姿の律だった!!!


 住子さんは和成の様子を見に行こうと河合荘の住人たちを連れて行った。
特に律は和成の書生カフェの制服に合わせてハイカラさんにコスプレした!

 律のハイカラさん姿を見たの連れら男子たちはたちまちメロメロに。
 
 しかも律は和成に
「一階に来て」
と言っていた。

 更に麻弓と彩花が部屋に入ってきて彩花がハプニングを装いのつけまつげを外した!
(※実は全く外しておらず、つけまつげを落としただけ)

 更に更に、二人は和成を誘惑する。
男子たちは居ても立ってもいられない状態になったが、林は「帰る」と言ってしまった。

 …何はともあれ、和成は救われた。
 けれども和成が一階に行くと律はすでに帰ったという。

恥ずかしさのあまり死ぬ思いで、ダッシュで…

「はずかしぬっ」

一方、山本西園寺のもとに戻った和成はしゃがみこんで嬉し泣き(?)してしまった。
嬉しさのあまり死ぬ思いで…

「うれしぬ」


 …『僕らはみんな河合荘』第8話で一番印象に残るシーンは、
何と言っても律のハイカラさんのインパクト!!
 林のイメチェンもすすけて見えるほど。

 …それにしても河合荘の住人たちは方法は独特だけど和成と律の恋の進展を全力で応援しているみたいだなあ。

(※参考
TBSテレビ
僕らはみんな河合荘 公式ホームページ
第8話 うれしぬ
http://www.tbs.co.jp/anime/kawaisou/story/story08.html

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

宇佐和成、和カフェでバイトする!! そして中学校時代のアダ名、「へんしょりくん」の謎も明らかに! 『僕らはみんな河合荘』第7話の感想

主人公・宇佐和成はいつも本を読んでいる河合律先輩のことが気になっている。
律は和成と同じ河合荘の住人だったけれども河合荘の住人たちは残念な人達だった…
…そんなストーリーが展開されているアニメ『僕らはみんな河合荘』。

 第7話では主に河合荘の近くで痴漢が現れたというエピソードと
金華庵に外食に河合荘のみんなで行ったことをきっかけに和成が和カフェでバイトをするというエピソードが展開されていた。


 まず痴漢については、
サングラスにTシャツハーフパンツの男が
「最近、暑いですね」
と話しかけてズボンをずり下げるという手口の痴漢が出没した、という回覧板が回ってきたことがきっかけ。
 そのため律に住子さんから読書禁止令が出るが、律は「和成と一緒に帰る」という条件で下校時の読書を通そうとしていた。
 のちに痴漢が捕まったという回覧板が来てみんなは一安心、律も和成と一緒に帰らずに読書できて安心したのか地下道を通って行ったが、
実は痴漢が捕まったというのは実はくだんの回覧板にあった痴漢とは別の痴漢で、回覧板にあった痴漢が律の前に現れた!

 けれども近所の子供たちから地下道に痴漢が現れたということを聞いた和成と城崎と錦野麻弓、渡辺彩花は痴漢を撃退した!!
ちなみに痴漢は城崎の手によって亀甲縛りになっていた…。


…それにしてもシロ作の

蔑みの
視線もあつい
Mの夏

夏のM句



は迷五七五だなあ。

 また、痴漢が現れても本に夢中で痴漢をスルーする律も律らしいなあ。
そして宇佐君と一緒に帰ってでも読書を通そうとするのも。


 …さて、金華庵への外食は住子さんの提案。
理由は
「暑い・だるい・働きたくねぇ」
とのこと。
ちなみに金華庵を経営しているのは住子さんの友人。
しかもその姉妹店である「和カフェ」が人気が出たらしい。

 メニューを決めるみんなの様子を見て住子さんの友人はあることを思いつく。
 それは和成に和カフェのバイトをすすめること。

 その理由は何と
変人の扱いに慣れているから
とのこと。

 ちなみに和カフェではスタッフに「花山院」「西園寺」「姉小路」というあだ名が付いているが、和成は
「華麗すぎて嫌な予感しない」と言っていた。
すると住子さん

へんしょりくん』よりはいいじゃない?」と言っていた。

 …ちなみに「へんしょり」とは
変人処理班」の略で和成の中学校時代のあだ名
変態プレイが大好きなすね毛をショリショリしている人、という意味ではない。
また和成は、中学校の時にマッドサイエンティストっぽい先輩や、暗黒のゲートが左太ももに宿っている田中、超霊感少女の林に近寄られたという。

 …ちなみにそれを聞いた律は本を読みながら笑いを必死にこらえていた。

 
 …別の日、住子さんの友人がやってきて和成に和カフェの制服を(強引に)着せていた。
そこに律がやってきて和成は笑われるか飽きられるかのどっちかだろうと思っていたが、
律は顔を赤くして和成が前に頼んでいたおすすめの本を渡していた。

 …結局、律の様子を見た和成は和カフェのバイトをやることに。
 住子さんと住子さんの友人はガッツポーズ。
住子さんの友人はきみまろチケットを住子さんに渡していた。


 …河合荘の住人たちは変人でもあり、個性的でもある…
 そして和成はその扱いに長けているのが長所であり、
そうであるゆえ困ることもあるようだなあ。

 …それにしても和カフェのバイト、和成は長続きするだろうか?
 次回が気になる。

(※参考
TBSテレビ:僕らはみんな河合荘 公式ホームページ
あらすじ
第7話「おすすめの」
http://www.tbs.co.jp/anime/kawaisou/story/story07.html

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

シロと千夏とピタゴラ装置! 千夏が河合荘に毎日通っていたのにはわけがあった! 『僕らはみんな河合荘』第6話の感想

 主人公・宇佐和成はいつも本を読んでいる河合律先輩のことが気になっている。
律は和成と同じ河合荘の住人だったけれども河合荘の住人たちは残念な人達だった…
…そんなストーリーが展開されている『僕らはみんな河合荘』。

 第6話では河合荘の近所に住む小学生・千夏が、
何とシロこと城崎に会いに毎日河合荘に会いに行くという展開になっていた!
 しかもその前にはシロが警察から電話を受けていたという展開も!!

 …けれどもシロは何も悪いことはしておらず、千夏の財布を交番に届けたことからお礼がしたいと親と一緒にやってきた。
 実はそれこそが千夏が来るようになり、しかもシロが好きだと思ったきっかけ

 千夏はプリンが大好きで、財布を届けてくれたシロが竹で作っている「ピタゴラ装置」とやらが気になっている模様。
けれどもあまり進まないものだから千夏シロを手伝ってくれていた。
 
 けれども千夏シロが
「住子さんと用事がある」
と、どこかに行ってしまうとふくれていた。
 
 そこに錦野麻弓が千夏に話しかけ、
和成の方がいいとかシロは自分の彼氏だとか言ったが
それに対して
「そっちは条件で好きになったほうがいいんじゃ…
歳的に…。」

といったのに対し麻弓は怒り、
「小学生が色気づきやがって!
ガキはガキ仲間とガキガキすりゃいいんだよ!」
そんなんじゃハブられっぞ! バーカ!」

と言ってしまった!!

 千夏は大粒の涙を流して大泣きしてどこかに行ってしまった。
麻弓は全身が真っ白になっていた…。

 …その日以来、千夏は河合荘に来なくなった。

 ただ、渡辺彩花
「確かに千夏を泣かせたのは麻弓だが、河合荘に来なくなった理由は他にあるのではないか
とみていた。

 ある日の夕方、和成と律は学校の帰りに友だちを待っていると思われる千夏を見かける。
けれども千夏が友達に声をかけると避けるようにして友達は去っていった。
和成は
「あからさまにハブられてる…」
と思っていた。

 河合荘に戻った和成は麻弓が千夏に言ったことを思い出した。
 「ガキガキ」という言葉よりはむしろ、
ハブられる」という麻弓の発言に千夏が傷ついたのではないか
、と。


 そんな中、千夏の母が河合荘にやってきて千夏がいないということを聞かされた
 シロたちは小学校周辺を探し、和成も遠くを探そうと自転車に乗ろうとしたところ、
茂みからガサッという音が。

 …見ると千夏が座り込んでいた。

 …千夏に事情を聞く和成たち。
 千夏の話によると友達とケンカしてハブられてしまったという。

 麻弓から律はいつも一人でいることから律を
「現役のプロぼっち」
と言い、それに対し千夏が律に
ぼっち先輩」と言ったことに対し、
お返しで律が
「千夏ちゃんは友達多そうだし…
ケンカしてはぶられたんでしょ」
と言ったことから、千夏が河合荘に毎日行っていた本当の理由を引き出した

 …千夏が勉強や習い事がうまく行かずイライラしていたところに
友達がアニメの話をしてきて思わず「嫌い」と言ったらその友達が泣き出してしまい、
そのことをクラスのみんなが見ていたという。
それから自分が近づくと空気が固まる音がするという。


 しかも、「死んじゃいたい…」と言っていた。

 そんな千夏の頭を住子さんと真弓が優しく叩いていた。

真弓「そう言うの平気で言うのはガキの証拠。」
住子さん「最年少がなんてこと言うの。
死んじゃう前に、プリン食べる?」


 さらに住子さんは
「戻りたいと思ったら頑張ってらっしゃい。
それでもうまく行かなかったら、バケツプリンでもつくろうかしら?」

シロは
「次の週末までにピタゴラ装置完成させておくからさ。
友達連れておいでよ。」

と言っていた。

 …その後河合荘を訪れた千夏。
友達もやってきていて無事仲直り出来た模様。
 ちなみに千夏が
「シロのことが好き」
と言ったのはシロが言うには
「逃避の一種」
とのこと。
 また、シロが作ったピタゴラ装置流しそうめんだったが、
水が足りなくて結局はホースで流すことに。


 …河合荘の大人たちは一見頼りなさそうで残念な人達だけれども
結局のところは千夏の良き相談相手になっていたかな。
 ただ、千夏に「ぼっち先輩」と言われてしまった律ちゃんが
ちょっと切ない…(´・ω・`)

 …さて、第7話は何とチカンの話の模様。
今度こそシロは逮捕されてしまうのか!?
次回が気になる!!

(※参考
TBSテレビ
僕らはみんな河合荘 公式ホームページ
第6話「もしかして」
http://www.tbs.co.jp/anime/kawaisou/story/story06.html

テーマ : 僕らはみんな河合荘
ジャンル : アニメ・コミック

河合律先輩の好きな話題はやっぱり本の話題! そして錦野麻弓と渡辺彩花にまさかの百合展開!? 『僕らはみんな河合荘』第5話の感想

主人公・宇佐和成はいつも本を読んでいる河合律先輩のことが気になっている。
律は和成と同じ河合荘の住人だったけれども河合荘の住人たちは残念な人達だった…
…そんなストーリーが展開されている『僕らはみんな河合荘』だが、

 第5話では和成が居間で見つけた律が読んでいた本を偶然見つけ、
読んでみたら面白かったので律に貸してもらい更にはその話題で盛り上がり、
和成と律の距離がぐっと近くなったいい話だったけれども…

  …冒頭でまさかの百合展開があるとは思わなかった!

 何と渡辺彩花が玄関前で錦野麻弓キスしようとしていたのだ!!
しかも彩花は酒臭い…
 何とか、騒ぎは住子さんが彩花の頭に買い物袋をかぶせて収まったが…。

 彩花が騒ぎを起こした理由はサークルの飲み会の2次会で合流した仲間の友達が彩花の元カレで
その元カレに無理やりキスされたため麻弓で口直ししたかった」、とのこと。
「吐くかと思った、いや、吐いてやりゃーよかった」
と元カレについて彩花は言っていた。

 …ちなみに彩花はキスした元カレの股間をヒールで殴ったらしい
 …どう見てもアサシンです。
本当にありがとうございました。
(※中の人的意味で

また、彩花はサークルクラッシャーという異名があり、
彩花が関わったサークルは2ヶ月以内に潰れるらしい。

それにしても
100SAYAKAって何…( ゚д゚)ポカーン
 
 …ところで麻弓は
「男の恋愛は個別保存、女の恋愛は上書き保存」
と恋愛をパソコンのファイルに例えて自分のことを
「典型的な上書きタイプ」と言っていたが、

住子さん「上書き、何回目なの?」
彩花「麻弓さんが付き合ってきた男って、100%クズでしょ?」
麻弓「100%じゃねーよ!」
彩花「じゃあ、130%。 …未来の分です。
 …そういうウイルスみたいな男のデータこそ個別保存して
手口やら特徴やらをじっくり調べてそれを元にウイルスソフト作っておかないと。
上書きして忘れちゃうから、同じ手口に引っかかるんですよ。」


と言われていた。

さらに彩花は律に対して、
「律の場合、いちいち内容をチェックして軽く考えればいいことでも
勝手にやってるくせに勝手に疲れている…
ある意味麻弓さんより面倒。」

と言っていたが、住子さん
彩花ちゃんの場合は自分がウイルスよね
と言われていた。

 …彩花は住子さんには頭が上がらなかった…。

…ちなみに城崎は彩花によれば
ハードディスクが壊れている」とのこと。

 またこの話題では律に(冗談で)キスしようとする彩花を止めるために和成が腕を出したところ律の唇が触れてしまったため思わず律が逃げ出してしまったシーンがあった
住子さんは「律は一人はきらいじゃないけど、ずっと一人でいたいわけでもない」
というアドバイスを和成にしていた。

 …今回の話では彩花と麻弓が「青春破壊団」と呼ばれていたように和成は律について二人に振り回されっぱなしだったが、
 カエルのレインコートを着て水鉄砲遊びではしゃぐ姿、
特に和成がハマった律が読んでいた推理小説の話題で微笑む姿が少なくなかった
 
 また、みんなで創作昔話を作るエピソードで飛び出した
川で電気カミソリでヒゲを剃るおじいさんと延長コードでサポートするおばあさん、
そして巨大なシロさんが川の上流から流れてきて、おじいさんとおばあさんを通り過ぎるのは面白かったなあ。


それにしてもシロが流れてくるときの擬音、
キッモンこっこ… キッモンこっこ」って何…
( ゚д゚)ポカーン

 …さて次回は、小学生の千夏が登場する模様。
城崎とどんなストーリーを展開するかが楽しみだ。
 …もっとも、2週遅れだが。

(※参考
TBSテレビ:僕らはみんな河合荘 公式ホームページ
ストーリー
第5話「やっぱり」
http://www.tbs.co.jp/anime/kawaisou/story/story05.html
第6話「もしかして」
http://www.tbs.co.jp/anime/kawaisou/story/story06.html) 

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

空気読まない(渡辺彩花に振り回された)宇佐和成と、素直になれない河合律。 そして、錦野麻弓のハムスターはどう見ても… 『僕らはみんな河合荘』・第4話の感想

 主人公・宇佐和成は、いつも本を読んでいて自分が住む河合荘の住人である河合律先輩が気になっている。
けれども河合荘の住人はみんな残念な人達だった!
…そんなストーリーが展開されているアニメ『僕らはみんな河合荘』。

第4話では
和成が渡部彩花
「律はいつも一人だけど本当はすごく寂しい。
だから力になってあげて。宇佐君ならイケるよ。」

という言葉に乗せられて空気を読まないというか、馴れ馴れしく律に話しかける回だった。
 けれども律はどんよりしていていて迷惑そうだった…。

 特に本屋で律が中学校の時の友達に後ろからいきなり背中を押されびっくりしたり、友達と楽しそうに話をしていたのを和成に見られてしまった時、

「やめてよ!
勝手に決めつけて、勝手に心配して!
いい加減にして!」

和成に怒ってしまう。

 和成はあまりのショックに石化するが、
「…ごめん。」
と律はすぐに謝った。

 ちなみに河合荘に戻った和成は、律に怒られてショックを受けて廊下に倒れていたのを錦野麻弓に見られて
「シロのMが伝染った?」
と言われてしまった。

 しかも彩花に一杯食わされたことに対して
「女郎蜘蛛に喰われる訓練と思って」
「ご苦労様でした」
と、麻弓に言われた和成は、

プギャーッ!!

と叫んでいた。

 …一方律も河合荘の庭で落ち込んでいて、城崎
「私、そんなに寂しそうに見えるのかなあ…」
「嫌いじゃないけど、話早く終わらないかなと思ったり、
でも、笑って調子合わせて…」
「一人は嫌じゃないのに、一人と思われるのは嫌で…」
「矛盾ばっかで、宇佐くんに八つ当りしちゃうし…。」

と自分の気持ちを打ち明けていた。

 けれども、城崎は
「自分が嫌いってやつぅ~?」
「青春の定番の悩みだよね~。」

と答えていた。

 けれども、
「若い時って、潔癖なとこあるよねえ。俺もそうだったなあ。」
「でもいつかさ、『まあ、こんな自分もありか』と思えるよ。俺みたいに。
だから安心して悩むといいよ。」

と言っていた。

二人の会話を見た和成は
「自分が的外れだった」
と思うと同時に、
「律先輩はシロさんのこと…」と思っていたが、
 
 律が城崎に
「自分のこと嫌いじゃないんですか?そんなんで。」
と聞いてきて、
「ですよね~」と
律の住子さん譲りのバッサリ感に酔いしれているところを見た途端、
そんなことはなかったと思っていた…。

 …ちなみに第5話において律に対する和成の行動について、「書店で友達と楽しそうに話していたエピソード」だけではなく、
「信号待ち」のエピソードもあった。

 …夕方、信号のところでいつものように本を読んでいた律に和成は会うが、律が青信号にもかかわらず渡らないのが気になって戻ってくる。
 しかも4回目の青信号でも渡る気配がない。
それゆえ律を和成は
「この人、ちゃんと帰れるのか? 車とかいろいろ危ないだろ…
そういや、遅くに帰ってくること多いよな。子供みたいな顔しちゃって。」

と心配し、青信号の時に、律の肩を叩いてあげた
 そして、肩を叩いた理由を律に説明し、交通安全のおばちゃんの話を引き合いに出すと…
律は吹き出し、
「なにそれ、変なの。
宇佐くんって、ホント変」

と言っていた。

しかも
交通誘導中』のテロップが!!


 …和成は律のことをすごく慕っていて、しかも律が
「いろんな人にうまく合わせて疲れないの?」
と第5話において言っていたように河合荘の大人たちに合わせ、その結果失敗して凹むこともあるけれども、
和成と律の距離はうまい具合になっているように私は思う。

 …それにしても、麻弓が実家で飼っているハムスターハム次郎」。
どう見てもとっとこハム太郎です。
本当にありがとうございました。
 それとデフォルメの彩花がかわいい。

(※参考
TBSテレビ『僕らはみんな河合荘』公式ホームページ
あらすじ
第4話 とりあえず
http://www.tbs.co.jp/anime/kawaisou/story/story04.html

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

麻弓、「股三」に会いに行く! 彩花は小悪魔ぶりが炸裂するが… 『僕らはみんな河合荘』・第3話の感想

主人公・宇佐和成は、いつも本を読んでいる先輩かつ自分が住む河合荘の住人である河合律が気になっている。
狙っているわけでもなく、好きというわけでもないけれども
「もう少し近くに行けたら…」
と思っている…
そんなストーリーが展開されているアニメ『僕らはみんな河合荘』。
 第3話は、主に錦野麻弓が「股三」…もとい三股男に会いに行く話と、第2話で登場した女子大生・渡辺彩花の黒さが描かれていた。
(※ちなみに股三」は律が名づけた。

 まず、そもそも麻弓が「股三」に会いに行ったきっかけは、元カレから何度も電話やメールが来たこと。
ちなみに和成と城崎と彩花はその反応を観察(?)していた。
特に彩花は
「どうしてそう都合よく気持ち汲み取っちゃうかな…。」
と麻弓に言った。
 そして三股男とデート…もとい会いに行く当日。麻弓はメガネを外しておしゃれしていた。
三股男とは自分から別れたけれども、
「シロから連射ゴム銃借りればよかった!」
と麻弓は後悔していた。
 実は城崎は麻弓の破局前提で…もとい麻弓が喜ぶと思って連射ゴム銃を作っていたのだ。

 次に彩花の黒さが発揮されたところについて。

 それは彩花が河合荘の前でストーカーと思われる男に絡まれていた時のこと。
和成が自転車でその現場を目撃すると、いつの間にか彩花は和成にくっついていた。

 当然、男はそちらに向かってきた。
和成は青ざめているが、
彩花はうつむき、口ごもっていた。
しかも和成が男に胸ぐらをつかまれた時は、
「ゴメンッ★」
と、てへぺろ状態!!


男に殴られそうになる和成だったが、本が男の背中に当たった。
その本はの本で、風で飛んでいったとのこと。

 律は男に邪魔だからどいてと言って河合荘に入っていったが、そのドサクサに紛れて入ろうとした和成は、逃げられなかった。しかも和成は律との関係も疑われてしまった。
律が和成をかばっていたのが男にはわかっていたのだ。

今度こそ大ピンチ! と思われたが、それを救ったのは何と、

城崎

…をつまんでいたおまわりさんだった…。

城崎は学校近くにあった古雑誌のひもを解かずに本を抜こうととしていたらおまわりさんに職務質問をされたらしい。
ちなみに助けられた和成は「昔の男子中学生みたいなアッタマ悪い行動に助けられて屈辱的」と言っていた。
そして彩花は流し目で和成に謝るが、

麻弓は冷めた眼で
「(彩花は)男を好きでもないのに弄くるのが趣味」と言っていた。


更に彩花は住子さん
「河合荘にトラブルを持ち込むのは関心しない」
と言われた時に、顔が青ざめていた。


ちなみに、男を断る方法について城崎
「目の前でメイクを落とせばいいんじゃないかな」
と言われた彩花は、
城崎をボッコボコにした模様。

麻弓はサムズアップだったけど、
彩花は釘バット…( ゚д゚)
恐ろしや…( ゚д゚)


そして彩花が黒い花のオーラを出した時は、
何と住子さんが登場し、
「トラブルを持ち込んだら怒る」と言い出した。

…すると彩花は顔が青ざめ、汗だくに。



 …ところで、和成と律との関係について。

 和成は自転車を手に入れたけれども律と彩花が帰ってきた時に律を荷台に乗せても構わないと言ってしまった時、ドン引きされてしまった。
さらに、和成が
「後ろ乗ってきます?」
と誘った時、
絶対やだ
と言われてしまった。
 ちなみにその時はその様子を他の住人が面白そうに見ていたので律が怒って
「河合荘はもともと祖父の持ち家なんです。
家主の身内特権、家賃の5割増し。」

と言うと、住子さん以外震えていた。

また和成は図書当番で図書室に入ると律が待っていて、今朝のことを謝っていた。
けれども恥ずかしがっている様子。
特に律が恥ずかしがっていたのは、彩花が持ち込んだストーカー(?)の男から和成を助けるために本を投げて助けてくれたあと、
和成に感謝された時。


 ただ、そこに割り込んできた彩花が…
ひどいというか残念すぎる…。



 …彩花はとにかく黒かった!
特に和成が災難だった!
中の人的意味で彩花は
鬼畜イカ』と呼んでも良さそうな勢い。


…ただ、彩花は住子さんには頭が上がらない模様。
過去に何か青ざめるだけでは済まない大変なことを河合荘でやらかしたのだろうか?


(※参考
TBSテレビ
僕らはみんな河合荘 公式ホームページ
ストーリー
第3話「どうして」
http://www.tbs.co.jp/anime/kawaisou/story/story03.html

テーマ : 僕らはみんな河合荘
ジャンル : アニメ・コミック

笑顔はじける律先輩、吹き出す律先輩、そして怖がりな律先輩。 『僕らはみんな河合荘』・第2話の感想

 河合荘に下宿することになった宇佐和成が、憧れの河合律先輩がそこに住んでいることにびっくりするけれども、
河合荘にはドMな城崎と酒乱な錦野麻弓がいた…

そんなストーリーが展開されているアニメ『僕らはみんな河合荘』。
 第2話は新しく渡辺彩花が登場したけれども、
メインはだった。
 律はいつも無口で無表情でご飯の時も本を片手に持つほど本好きだが、そんな律とは違う一面が多く見られた。

 まず、ゴールデンウィーク頃のある日のこと。
律がいつものように本を読んでいると城崎錦野麻弓と和成がシャボン玉遊びをしているのが気になって、
やってみると楽しくて笑顔になってしまった。
特に和成はシャボン玉遊びを
「もう一回したい…」
と言った律を特にかわいいと思ったけれども、
麻弓が和成に
「無意識エロの破壊力ったらねーなー。」
と言ったのを聞いて律が顔が赤くなったところに
真弓と城崎が追い打ちを掛けるように
「この顔セットでいただきます!」
と言って逃走したために、和成は律からビンタを食らってしまった。

 …宇佐くん…(´・ω・`)ショボーン

 …それにしてもゴールデンウィークで廊下で落ち込む麻弓。
 その様子がどう見てものうりん』のベッキー(戸次夏海)だと思ったのは私だけだろうか…。
 …特に廊下を這いながら和成の前に現れた時
「独神(ヒトリガミ)」
が降臨したかと思った!!


 …次に、和成が住子さんに頼まれて律と一緒にカーテンを取りに行き戻った時のこと。
洗濯物を干していた城崎の服が風でめくれてしまった時に、和成

「今、一瞬ヴィーナスが誕生しませんでした?」

と律に言うと、律は笑いをこらえ、更に和成が

河合荘ルネッサンス

と続けると、律は

「下らなっ!」

と吹き出して大笑いしてしまった!!

 …それにしても城崎のタオルでつくった服…
 …どう見ても変態です。本当にあ(ry
( ゚д゚)ポカーン


 …そして、麻弓のすすめでみんなでホラー映画を見た時。
何と律は怖いものが大の苦手で、

「眠い、すごく眠い」
と顔を隠していた。


 特に一番怖いシーンを見てしまった時、律は和成に

「うそつき。」

そして和成は律に「ごめんね」を連呼しながらも「かわいい」オーラを出しまくっていたので、麻弓

「何だ~?イラッとする空気を
一方的に宇佐から感じるぞ~?」

と言っていた。

今回は律の笑顔も泣き顔もあふれていた回だった。
どちらも「かわいい」オーラが出まくっていたが、

次回は彩花が中心のストーリーで
小悪魔オーラ出まくりの回になりそう
な予感。

 特に彩花が初登場の時はいきなり麻弓を触りまくっていたので
かわいいふりして麻弓を振り回しそうな予感がする。

(※参考
TBSテレビ
僕らはみんな河合荘 公式ホームページ
第2話 「これって」
http://www.tbs.co.jp/anime/kawaisou/story/story02.html

テーマ : 僕らはみんな河合荘
ジャンル : アニメ・コミック

河合荘にはあこがれの女子生徒! …でも、「ドM」な人生の先輩が! 「酒乱」な人生の先輩も…。 『僕らはみんな河合荘』・第1話の感想

続きを読む

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
カテゴリ
プロフィール

群良源(むらいげん)

Author:群良源(むらいげん)
【群良源(ムライゲン) プロフィール】
まったりとアニメや漫画、ゲームの感想を書いてます。
現在取り扱っているのは…

<アニメ>
ポケットモンスターXY(アニポケ)
今季:ご注文はうさぎですか? 、金田一少年の事件簿R
<お気に入り>
ニャル子、きんいろモザイク、のんのんびより、ご注文はうさぎですか?、ラブライブ! などなど

<漫画>
金田一少年の事件簿R
 
また、Twitterでは genmurai の名でつぶやいています。興味あればフォローしてください!

つぶやき。
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
オレンジトラフィック
アクセス解析
コスメの多様化
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR