なるたち、本番中にハナと感動の再会!! なるは父に、ハナは母によさこいへの熱い想いを打ち明ける!! 『ハナヤマタ』の感想・12組目

 最近放送されたアニメハナヤマタ最終回
よさこい部を作ったハナ・N・フォンテーンスタンドが突然アメリカに帰ってしまい、
関谷なる笹目ヤヤ西御門多美常盤真智の4人で花彩よさこい祭の本番に臨んだ
何と「本番にハナが現れる」という感動の再会が待っていた!!!

 …実は、「なるたちがハナの父の家を訪れ、よさこいのCDと明後日によさこい祭があることを伝えたこと」をハナは聞き、
「みんなとよさこいが踊りたかった」
という自分の気持ちをハナの母・ジェニファーに打ち明けるとすぐにチケットを取ってくれたため日本に戻ることができた

 
 ちなみになるのスマホにはハナから電話があったが、よさこいの練習をしていたため本番30分前までは電話に出ることができなかった。
 この時はハナの父が車で送ってくれた。
 けれども道路は渋滞だったのでハナは車を降りて近道をしようとしたが、塀に登っていたのをおまわりさんに見つかった時に事情を話すと送ってもらったという
 そしてサリーちゃん先生こと常盤沙里先生や海坊主…もとい大船勝の協力もあって本番のステージに無事上がることができたのだ。

 そして、ハナ、なる、ヤヤ、真智、多美の5人は無事ステージを成功させた。
 会場からは盛大な拍手が送られていた。

 そして、なるたち5人は近日行われる文化祭に向けて気持ちを新たにしていた…。

 ちなみになるはよさこい祭前日、なるの父に自分がよさこい部をやっていることを明かした。
怒られるのかと思ったら、よさこい祭はいつやるのか喰いついて本番も見にきていた。

 また、ヤヤのバンドの元メンバーや多美の父もよさこいを見に来ていた。

 
「ああ^~心がぱーっとぱーっと晴れやかになるんじゃぁ^~」

…と言わんばかりの最終回だったけれども
「自分ががんばればちょっとだけでもなりたい自分になれる」
と言って恥ずかしいセリフを言ってしまったと思い込み顔が赤くなったなるはかわいかったなあ。

 
 …そして、作中でも言っていたけれどもよさこい部に入って一番変わったのはなるだと私は思う。
 特に多美やヤヤが落ち込んでいた時に励ましてくれたのはハナよりはむしろなるだったし。

 なるやハナたちの文化祭に向けての活躍…すなわち続きはゲームでということになるけれども、いずれアニメ2期はあると思われるし、それとは違ったオリジナルの展開が繰り広げられそうな予感がする。

ああ^~心がぱーっとぱーっと晴れやかになるんじゃぁ^~
となる展開が再び見られる日は、いつの日か…。


(※参考
テレビ東京 あにてれ
ハナヤマタ
これまでのお話
12組目「ハナヤマタ
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/hanayamata/episodes/index.html
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

花彩よさこい祭一週間前、突然のハナとのお別れ…。 『ハナヤマタ』の感想・11組目

ああ^~心がぱーっとぱーっと晴れやかになるんじゃぁ^~

アニメハナヤマタは早くも、いや、遂に11話目
夏の暑い日、ハナの提案で迫る花彩よさこい祭に向けてプールでよさこいの練習をすることになったよさこい部。
関谷なる西御門多美は喜んだけれどもいざやるとなったら水着姿だったので恥ずかしかった…。


 特になると多美の胸の差は…(´・ω・`)

 …注目するハナ笹目ヤヤ常磐真智

なる「比べないで…(´;ω;`) 」


 …ちなみに練習したけれども真智以外暑さでバテていた…。
 そこでプールに入るみんな。


 なるとヤヤ、多美は楽しそうに水遊びを始めたが、プールに入ったハナは…

実はトンカチ(カナヅチ)だった…

それゆえ、サリーちゃん先生こと常磐沙里先生に助けてもらっていた。

 …ところで最近のハナは元気がなかった

その理由はハナの母にあるようだ。

ちなみにメールには
「今ちょうど成田空港についたところ。
すぐハナに会いに行くところよ。」
「追伸。
いい成績は取れたかしら?
もし取れなかったら…埋めちゃうよ!」

とあり、成績が悪かったことで気をもんでいるのかというと
たしかにそれもあるけれども本質は別のところにあるようだ。

 ちなみにハナは英語の成績が良くないがその理由は問題が日本語で書かれているから。
 
 …それにしても埋められるハナ…( ゚д゚)

 また、ハナはある日ハナの母が作った弁当を持ってきたが…

いろいろな国の料理が混ざっているのはまだしも、
ハンバーグが黒焦げだった…

( ゚д゚)ポカーン


どうやらハナの母は料理が苦手らしい。

 …さて、花彩よさこい祭に向けてよさこい部は仕上げの段階に。
ヤヤの提案で曲に歌詞が付き、ハナのソロパートもあった。
また、衣装も大船勝が用意してくれていてさらにはヤヤの家で使わなくなった番傘を調達することができた。
 
 それでもハナは元気がなかった…
 その理由は花彩よさこい祭り一週間前の夜にハナがなるの家の部屋の窓に泣きながら張り付いてきて、
「なる~
あたし、どうしたらいいかわかんない…」

と言っていたことで明かされた。

 ハナが言うには本番前にアメリカに帰らなくてはならなくなり、祭りに参加できなくなってしまったとのこと。しかも、明日には旅立つとのこと。
 なるたちと一緒によさこいを踊りたかったが、ママとパパにはそのことは言えず、親子3人で仲良く暮らすほうを選んでしまったという。

 なるはハナの話を聞いて、
「打ち明けてくれてありがとう」
「ハナちゃんは、ハナちゃんが笑顔でいられるように幸せを選んで。」
「笑っているハナちゃんが一番好きだよ。」
「私たち何があってもハナちゃんと友達だよ!」

とハナに言った。

 …ハナの出発前夜、なるとハナは一緒にお風呂に入り、一緒にアイスを食べて、一緒の布団でお話しながら眠った。
そしてハナはなるが目を覚ますとその姿はどこにもなく、
よさこい部のみんなに手紙を残して何も言わずに旅立った…


 …ヤヤ、多美、真智の3人がハナが旅立ったのを知ったのは、朝3人がなるを迎えに来た時。
 
 手紙にはみんなと出会えてよかったということ、今まで本当にありがとうなどと書かれていて、手紙を読んだなるも、多美もヤヤも真智は涙していた。
 だが、ハナが何も言わずに去ってしまったことから
「文句の一つも言ってやらないと!」
とヤヤが走りだした。


 なるたちも走りだすが、途中でサリーちゃん先生にあった。
 事情を聞いたサリーちゃん先生海坊主…もとい大船勝に電話をかけてくれて、
大船さんの車でなるたちは成田空港に急いだ。


 …幸い、アメリカに出発する前にハナに会うことができ、ハナを見送ることができた。
ちなみにヤヤはハナにデコピンしていた。
 
 本番まで一週間、
よさこい部のなる、多美、ヤヤ、真智は、
「ハナちゃんがいなくてもちゃんと踊る」
と本番に向けて練習を続けていた…。



ハナちゃん…(´;ω;`)ブワッ

けれどもアメリカに向かう飛行機の中でハナは鳴子を触っていてハナのママがそれを気にしていたシーンや
ハナが本番で披露する歌を口ずさんでいる時もハナのママが聞いていたシーンがあった
ように
ハナは両親、とくにママに自分の気持ちを打ち明け、本番までには戻ってきそうな予感。


ハナの「ハ」。
なるの「ナ」。
ヤヤの「ヤ」。
真智の「マ」。
多美の「タ」。


どのタイミングでハナとなるたちが再会するかが楽しみだけども
5人による大きな花がパーッとパーッと晴れやかに咲くであろう最終回がとても楽しみだ。

(※参考
テレビ東京 あにてれ
ハナヤマタ
これまでのお話
11組目「スマイル・イズ・フラワー」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/hanayamata/episodes/index.html
次回予告
12組目「ハナヤマタ
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/hanayamata/trailer/index.html

テーマ : ハナヤマタ
ジャンル : アニメ・コミック

温泉合宿で5人そろった! けれども花彩よさこい祭に参加できない!?  『ハナヤマタ』の感想・10組目

アニメハナヤマタ第10話で、
よさこい部を立ち上げたアメリカ人留学生、ハナ・N・フォンテーンスタンドをはじめ
ハナのすすめで自分を変えたいと思って入部した、関谷なる
なるが慕うお姉ちゃん、西御門多美
名義を貸していたがバンド解散を機に正式に部員となった笹目ヤヤ
そして「サリーちゃん先生」こと常盤沙里の妹で生徒会長の常盤真智が加入し、メインの5人の女子中学生がそろった。
 
 第10話は花彩よさこい祭本番まで残り3週間で、
多美の提案で温泉旅館で合宿をするエピソードだった。

 その前にハナの部屋でミーティング。
 女の子らしい部屋だが、実はハナの父が女の子らしくということで色々物を買ってくるからとのこと。
また、ハナの両親は離婚していて、ハナは英会話講師の父と一緒に暮らしている。

 ミーティングのあと、合宿前に
なるは衣装とワッペンのデザインを考え、
ハナは振り付け。
ヤヤと多美は曲のアレンジと楽譜起こし。

そして真智はみんなについていこうと真剣に練習していた。

 けれども合宿当日の行きの電車では…

 真智以外ヘロヘロになっていた…。

 けれども真智は負けず嫌いというか真剣。
 みんなで一緒に温泉に入った時も一人先に上がって外で練習していた。

 外でみんなで練習した時うまく踊れなかったのが悔しかったのか…
いや、みんなに追い付くために練習していた。

 ちなみに顧問のサリーちゃん先生は…。
 
 …旅館に着くやいなやまんじゅうをほおばって、しかも温泉卵を買いに行ってしまった…
( ゚д゚)ポカーン


 また、ハナはメガネを外した真智に「萌え」を感じていたけれども、
長湯でのぼせてしまった…

( ゚д゚)ポカーン

 …ところで風呂から上がったなるたちは大変なことに気がついた。

 …実は花彩よさこい祭にエントリーしておらずエントリー期間を過ぎていたのだ!!

 落ち込むハナたち。
 けれども真智は
「練習は予定通りやろう」
と言っていた。

「このままじゃ悲しいだけの合宿になっちゃう」
と思い練習することに。


 夜、真智は一人で練習していた。
 ハナたちはサリーちゃん先生から真智が一人で練習していることを聞くと真智を探してみんなで練習しようと誘った。
 そして練習を始めると、部屋からお客さんたちがハナたちの練習している様子を見ていた。

 謝る5人だったが、「続けて」とお客さんたちは言う。
 5人はみんなの前で練習を続けた。


 そんな5人に嬉しいお知らせが。
 花彩よさこい祭にハナたちが出られることになったのだ!!!

 実はサリーちゃん先生海坊主…もとい大船勝に花彩よさこい祭の件を相談して、
出場チームに空きができたのでハナたちよさこい部が参加できることになったのを聞いていたのだ。


 …合宿から戻ったよさこい部の5人。
 なるは真智のワッペンのデザインを思いついた。
 それはひまわりだった。

「真っ直ぐで理想が高くて熱い感じ」
だという。
みんなもそれに大賛成。
真智は弾けんばかりの笑顔を見せていた。

 …その時、ハナのスマホに電話が。
 それはハナの母の電話だった…。


 
 …ハナの母からの電話ということは、まさかの再婚話!?
 …ということはハナはアメリカに帰っちゃうのだろうか…。
 特に予告ではハナとなるが大泣きしてたからお別れになっちゃうのか…。

 果たして花彩よさこい祭はどうなってしまうのだろうか…。


 …それにしても真智がデレた時の顔はかわいかったなあ。
のぼせた時のハナも。


(※参考
テレビ東京 あにてれ
ハナヤマタ
これまでのお話
10組目「オンセン・ガッシュク」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/hanayamata/episodes/index.html

次回予告
11組目「スマイル・イズ・フラワー」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/hanayamata/trailer/index.html

テーマ : ハナヤマタ
ジャンル : アニメ・コミック

サリーちゃん先生が真智を置いて家を出て行った理由! 全ては真智のため!! 『ハナヤマタ』の感想・9組目

 サリーちゃん先生こと常盤沙里常盤真智は、
医者の娘だったのか…( ゚д゚)

 アニメハナヤマタ第9話
前回に引き続きサリーちゃん先生と真智回。
 けれども第8話のメインはデパートの屋上でよさこいを披露するが関谷なるが転んでしまうアクシデントが発生したこと…。

 けれどもなるはハナ笹目ヤヤ西御門多美に励まされて立ち直り、花彩よさこい祭に向けて決意を新たにした。
 ちなみになるは人前に立った時の失敗…小学生のとき運動会で転んで大泣きしてしまったのを思い出してしまっていた

 
 けれどもヤヤと多美はなるが昔からそういう子…
 泣き虫で甘えん坊なことは知っていた。


 …ちなみにハナは当日熱を出していて演技が終わった後3日間寝込んでいた。
 とくになるは心配のあまりずっと泣いていたという。

 一方、生徒会長の真智から衝撃の発表が。
 1学期でよさこい部が廃部になるという。
 その理由はサリーちゃん先生が非常勤の先生だから。

 それを聞いた多美は校長に直談判するも失敗する。

 その一方で生徒会副会長でもある多美は生徒会長の真智がサリーちゃん先生をあからさまに目の敵にしていることを疑問に思っていた。
「自分にとっては何でも出来るヒーローに映っていたけれども
ある日突然家を出て行ってからは無責任で自分勝手な姉…」
「どうせ多美たちを見放すんでしょ」

真智にはサリーちゃん先生がそう映っていた。

 真智は
「多美には関係ないこと」
と言って取り合わなかった。

 更にハナたちに追い打ちを掛けるような悲報が。
 
サリーちゃん先生が学校をやめる…」

 それを聞き、サリーちゃん先生に
「学校やめないで下さい!!」
と泣きながら飛びつくなるとハナ

 その姿を見て、真智は
「なぜハナたちは無責任で自分勝手な姉…サリーちゃん先生を信じるのか」という疑問をますます強めた。

 多美は真智とサリーちゃん先生が仲直りできることを祈り、3人分の弁当を用意したりサリーちゃん先生がなるたちをよさこい部で指導している姿を見せたけれども真智の心を開くには至らなかった。
 
 ― 今更いい先生ぶってもダメだ ―

 そこにサリーちゃん先生に校長からの呼び出しが…。

 サリーちゃん先生が学校をやめる件についてなのか…?
 …それでも何とか真智を多美は引き止めた。

 実は校長先生の呼び出しは教員採用試験の件だった。
 サリーちゃん先生は採用試験に合格したのだ。

 
 また、サリーちゃん先生が由比浜学園中学の教員であることを選んだのは真智がいるから。
 特にサリーちゃん先生が家を出て行ったのは逃げ出すためではなく真智に勉強を教えている間に学校の先生になろうと思ったから。


 このことを聞いた真智は姉に対して両親の期待がどれだけ重かったかということなどを悟り、夜に姉のところへ。
「どうだった…? お姉ちゃん…?」
と聞いたところ、サリーちゃん先生はVサインをしていた…。

 …そして、よさこい部入部の話についても
「考えとく」
という真智の答えを多美は得た。


「マチちゃんとサリ先生が仲直りできますように」
という短冊に書いた七夕の多美の願いはかなった…。

 
 …多美のエピソードにもあったけれども
サリーちゃん先生も親の期待にもがき苦しんでいたのか…。
 
 サリーちゃん先生と真智の関係も良くなりそうだし、
これでハナヤマタの「マ」がそろったかな。
 
 次回には間違いなく5人揃うのでデパートでのよさこいは失敗に終わってしまったけれども8月の花彩よさこい祭はきっと大成功に終わると信じたい。
 
 …次回はオープニングにも登場する温泉合宿の話で、その後はおそらくハナに関するエピソードと花彩よさこい祭本番のシーンで終わりそう。
それにしてもハナの家族はどんな人達なのかなあ。

 それにしても真智は
「かしこいかわいいマチーチカ」
だなあ。

生徒会長的意味で。

(※参考
テレビ東京 あにてれ
ハナヤマタ
これまでのお話
第9組「シスター・コンプレックス」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/hanayamata/episodes/index.html
次回予告
第10組「オンセン・ガッシュク」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/hanayamata/trailer/index.html

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

デパートのイベントのよさこい失敗より、サリーちゃん先生と真智生徒会長の関係…。 『ハナヤマタ』の感想・8組目

 アニメハナヤマタ第8話
関谷なる、ハナ・N・フォンテーンスタンド、笹目ヤヤ、西御門多美よさこい部4人が
いよいよデパートの屋上のイベントでよさこいを披露する回だった。

 けれども結論から言ってしまえば、
よさこいはみんなが緊張していたせいか大失敗に終わってしまった…。

 …そういえばなるの小学校の思い出のシーン…、
運動会の本番で転んでしまって大泣きしてしまったシーンが象徴しているように
「本番でも失敗したらどうしよう…」

という気持ちはなんかわかる気がするなあ。

 …ただ、太っていると思ってハナとヤヤの厳しいトレーニングを乗り越えたなると多美は素晴らしかったし、
多美の考えた曲をヤヤがアレンジしてくれて居たのも素晴らしかった。
そして練習中は4人とも息ぴったりだったけど…。
 
 …けれどもそれよりも私が気になったのは「サリーちゃん」こと常盤沙里先生と常盤真智生徒会長との関係。
 それゆえ、第8話は個人的にはよさこい披露回というよりはむしろ真智回であり、サリーちゃん先生回でもあると思う。

 ちなみにこの回では
「サリー先生と生徒会長が実は姉妹だった」
ということに、なるとハナとヤヤがびっくり仰天していた。

 またイベント当日はサリー先生が音源のCDを忘れてきてしまいそれを真智に届けさせていたが、真智がなるたちに届けるように言って先生自身は地下のシュークリーム売り場に行っていた。
 真智は姉のサリーちゃん先生に対して昔何らかの理由で別れた辛い記憶があるようで、真智はどこかサリーちゃん先生に対してどこかぎこちなかった…。

 
 …ハナやなるのイベント失敗の原因は様々な要素が絡んでいるけれども、
常盤姉妹の問題というか確執がどうにかなることが重要では。

 姉妹の確執の詳しいところはは次回第9話で明らかになることだが、
 もしかするとサリー先生は真智によさこい部に入って欲しいのでは…?
 だからこそ真智CDを届けさせ、「多美たちが演技するところを見て欲しい」と言ったのかも。


 もし真智がよさこい部に入ったら、まずプレッシャーに負けない強さを補ってくれそう。
それだけではなく顧問のサリー先生のよさこい部のあり方も変えてくれると信じたい。


 …ただ、予告によると「よさこい部は正式に認められていない」とあり、常盤姉妹は修羅場になりそうな予感が…。
 次回、どうなってしまうのだろうか…。

(※参考
テレビ東京 あにてれ
ハナヤマタ
これまでのお話
第8組「ミッション・イベント」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/hanayamata/episodes/index.html
次回予告
第9組「シスター・コンプレックス」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/hanayamata/trailer/index.html

テーマ : ハナヤマタ
ジャンル : アニメ・コミック

なるとヤヤが大げんか!? その時ハナとなるが屋上でとった思わぬ行動は… 『ハナヤマタ』の感想・7組目

元気いっぱいのアメリカ人留学生でよさこい部を立ち上げたハナ・N・フォンテーンスタンド
 ハナに誘われてよさこい部2人目の部員になった関谷なる
 生徒会副会長でなるの憧れ、西御門多美
 そしてなるの友達でバンドのドラムをしているが、名前だけよさこい部の笹目ヤヤ
 
 アニメハナヤマタは6組目の時点で4人の部員が揃っていて、
7組目ヤヤ回。
ちなみにヤヤのバンド「Need Cool Quality」はオーディションに落ち、メンバーは皆落ち込んだ様子。

 一方、ハナとなるはよさこいの練習に元気いっぱいで更によさこい部顧問のサリー先生こと常盤沙里も練習に気合が入っていた。
  けれどもなぜかハナたちは獣耳しっぽをつけて練習させられていた…
 しかもサリー先生スク水がどうとか言い出していた…
 それがダメならメイドもいいと思う、とも…。

 ( ゚д゚)ポカーン
 …ちなみにサリー先生はよさこい部に1位を目指してほしいが、それは副賞のハワイ旅行目的らしい。

 …多美は生徒会長の常盤真智に、イベントや部活で使わなくなった衣装がないか相談していた。
多美はよさこい部のために今自分ができることをしようとしていた。

 
 ただ、各部活の許可が必要とのこと。
けれども廃部になった部活なら許可は必要ないとのこと。
 早速探しに行くハナと、なる。
けれどもハナは転んだか何かしたらしい。
 それを見た真智は
「元気ね…」

 
 また、真智は多美に「ありがとう」と抱きつかれて顔を赤くしてびっくり
「そんな照れくさいこと言わない!」
と、多美の頭をチョップしていた。

多美「痛い… >△<」

 それにしても獣耳しっぽを付けたままで生徒会室…
( ゚д゚)ポカーン


 …衣装を探している時、ヤヤのケータイにメールが。
 バンド解散の話の内容だった…。


 このメールが来てからヤヤの元気がない。
 この時点ではハナもなるも何で落ち込んでいるのかわからなかったが、ヤヤの様子がなんか変だということに気がついていた。
 
 特に、ヤヤを見かけた時なるは「よさこい部のみんなでお揃いのワッペンを作りたい」と言い、ハナが鳴子をよさこいショップのアニキこと大船勝と取引をして手に入れた白い鳴子をヤヤに渡そうとしたが、ヤヤは受け取るのを断っていた。
 「ずっと「興味ない」って言ってるじゃない!」
ヤヤに言われてしまった…。


 ――どうしてヤヤは私たちに相談しないのだろう――

 多美が言うにはヤヤは「真面目さん」で強い子。
一人で解決しようとしている…
…というよりは、誰かに頼るという選択肢そのものがない。


 …ちなみに真智は多美によれば
「何でも一人でできちゃう」
という。

 …まるで犬のように追いかけ回したハナ。
 ヤヤのバンドのメンバーに話を聞くことができ、どうしてヤヤが落ち込んでいるのかを突き止めたなる。
 けれどもヤヤの心を開くことはできず、なるとハナはヤヤに
「勝手に仲良しごっこに巻き込まないで!」
と言われてしまった。

 そしてなるは
「ヤヤちゃんのバカ!
本当は孤独ぶってさみしがりやのくせに!」

と言ってしまった。
それを聞いたヤヤは
「なるに私の何がわかるの!?
もう好きじゃない!
あんたたちなんか大っ嫌い。」

となるとハナに言ってしまった…。

 けれどもヤヤはなるに「さっきはごめんね」というメールを打っていた…。
 「何やってるんだろう、私…」と思っていた。

 …なるとヤヤがケンカしてしまった日から、なるとハナはヤヤに話しかけにくくなってしまっていた。
 けれども多美は「ヤヤも同じなのでは」となるとハナに言っていた。

 「…ヤヤがいなければ、よさこい部じゃない。」

 ハナとなるは思わぬ行動に出た。

 朝、屋上で
「ヤヤちゃんのバカーーー!!!」
と大声で叫んだのだ。

 …ハナとなるに怒りを覚え屋上に駆けつけるヤヤ。
 けれどもそこで見たものは…

「ごめんね、ヤヤちゃん!」と寄ってくるハナとなるだった!!

ヤヤ
「悪いのは私。
自分たちの居場所を作ったなるたちがうらやましかっただけなの。
それに比べて私は、一人じゃ何もできない…
必死に自分を守っていたけどかっこ悪い私で…
ごめんね…。」

と、バンドのことを思い出して泣き出し、謝っていた。

なるは、ヤヤによさこいの衣装を着せて
「そんなこと言わないで…。ヤヤちゃんはお返しができないくらいわたしに居場所をいっぱいくれたよ。」
ハナは、
「私もヤヤさんにもらいました。このよさこい部だってヤヤさんが作ってくれたじゃないですか…。
ヤヤさんは私たちの仲間です!」

と言い、鳴子を渡した。

 そして、ヤヤが泣き出す前にヤヤとなるが大泣き。
 ヤヤと、なるとハナは仲直りした。
 …この出来事があってから、ヤヤはよさこい部に本格的に加わることになった。


 …ヤヤは一言で言うと『SBJC』だなあ。
つまり、「嫉妬深い女子中学生」

 特に最近はバンドのオーディションに落ち、バンドも解散。
よさこい部で元気に活動するなるとハナを影でこっそり見るシーンがあったように
「名前だけよさこい部」だったことに耐えられなかったのかなあ。

 …とにかく3人が仲直り出来て一安心。

 
 …そういえば、なるはいつの間にかハナの元気いっぱいなところが伝染ってるなあ。
 多美はなるに比べたら落ち着いているけれども
ハナとなると同じ衣装で屋上で一緒に踊った時はしゃいでいたシーンは特に弾けていたなあ。

 …それにしてもサリー先生はコスプレ好きなのだろうか…。
 ただ、獣耳尻尾で生徒会室に入るハナたちには思わず笑ってしまった。
 きっと真智会長も
( ゚д゚)ポカーン
となっていただろうなあ。

 さて次回は真智会長とサリー先生回。
 サリー先生のミスでCDを忘れて真智会長に届けてもらう話だそうだが、無事CDはサリー先生のもとに届くのか!?

(※参考
テレビ東京 あにてれ
ハナヤマタ
これまでのお話
7組目「ガール・アイデンティ」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/hanayamata/episodes/index.html
次回予告
8組目「ミッション・イベント」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/hanayamata/trailer/index.html

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

ハナ、サリー先生の条件不達成… けれどもその後のハナの、ハナたちの頑張りがすごかった!! 一方ヤヤは…。 『ハナヤマタ』の感想・5組目

 アニメ『ハナヤマタ5組目の冒頭は、
何と関谷なるの父・関谷直正(56)の悩み(?)からスタート。
なるの様子が最近変わっていることに気がついた。
帰りが遅かったり、休みの日にはしょっちゅう出かけたり、ラブレターとおぼしきものがあったり…。

 一方、なるはハナ・N・フォンテーンスタンド笹目ヤヤ西御門多美とともによさこい部のコンセプトというか、テーマを決めていた。
なかなか決まらなかったけれどもなるは父に思い切って自分についてなにか変わったことはないかを聞いてみて、
「笑顔が華々しくなった」
と言われたことをヒントに、テーマを花と決めた。


 ちなみになるの父は妻のとも(39…もとい17)
「なるが… なるが…」
と泣きついていた…。


父ちゃん…(´;ω;`)ブワッ

 …ところで「花彩よさこい祭り」まであと2ヶ月。
けれども中間テストが近づいていて、よさこいの準備もしなければならない。
そしてヤヤはバンド「Need Cool Quality」のオーディションが近づいていた…


 …そんなある日、ハナは1か月後にデパートで行われるよさこいのイベントのお知らせのチラシを見て課外活動許可申請をサリー先生こと常盤沙里先生に出した。
けれどもサリー先生は許可の条件を2つ出した。

1.よさこいを完成させて先生に見せること。
2.中間テストで全員が平均80点を取ること。


 ヤヤと多美はテストは余裕だが、ハナは国語と社会が苦手で、なるは理科と数学が苦手。

 そして結果は、多美が平均94点、ヤヤが92点。
なるは81点で何とか目標達成できた
が…

 …ハナは平均72点で条件達成はならなかった…

ハナは大泣き。
サリー先生
「まさか一人だけこぼれ落ちるとは…」
と思っていた。
けれども、
「ダメだったらダメだからね!」
とハナに言っていた。

 …けれどもなるはイベントに出るつもりでよさこいを完成させようと提案。ハナも多美もそれに賛成した。
 さらにハナは中間テストはダメだったけれども、サリー先生に国語のノートを毎日のように提出していた。
 
「私がやれることを全部やらないと、
なるたちが今私がが試験休みの間に考えた振付練習してくれてて…。
イベントには出られないってわかってるのに。

なのに私だけなにもしないのは、絶対イヤです!!


 ある日の夜自宅でビールを飲んでいたサリー先生は、ハナが提出したノートの中によさこい帳が紛れ込んでいることに気がついた。
 そこにはなるが考えたテーマとハナの考えた振り付けが描かれていた…。

 ある日、ヤヤがふと鳴子を鳴らしたらよさこいの話題で教室はもちきりになった。
そこでハナ、なる、多美が自分たちで考えたよさこいを教室で披露することに。
  クラスメイトたちはよさこいを披露したハナたちに盛大な拍手を送っていた。
 …実はサリー先生もその様子を見に来ていた!!

 …サリー先生はハナに課外活動申請許可した。
ここまでハナが、ハナたちがしてるのに何もしないのでは教師の前に人間としてダメな気がしたから。

 …一方、ヤヤ達のもとにバンドのオーディションの結果が届いた。
結果は不合格で皆、落ち込んでいた…。

 …そして次回に続く、となっていた…。
 
 …テストでサリー先生の条件を満たせず泣きじゃくっていたハナだったけれども、
ここで終わるハナじゃなかった!!
 それに一生懸命なハナの姿勢なるたちよさこい部も感化されているみたい。
 「自分たちはよさこいを完成させよう」と。


 …さて次回はオーディションに落ちてしまったヤヤ
名前を貸すのではなく本格的によさこい部に入るまでが描かれそうだが、
ハナ、なる、多美に対してどんなことをヤヤは想うのだろうか…?
 次回が気になる!

(※参考
テレビ東京 あにてれ
ハナヤマタ
これまでのお話
6組目「トライ・トライ・トライ」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/hanayamata/episodes/index.html
次回予告
7組目「ガール・アイデンティティー」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/hanayamata/trailer/index.html

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

「ハナなる」「タミヤヤ」。 湘南よさこい祭りでサリー先生に恋の予感!? 『ハナヤマタ』の感想・4組目

 アニメ『ハナヤマタ』は
第5話ではついによさこい部は4人になり、晴れて部として認められることになった。

 部員はよさこいに興味を持ちアメリカから留学してきて、よさこい部を立ち上げて部員集めに日々奮闘している
ハナ・N・フォンテーンスタンド
 ハナに「よさこいしませんか?」としつこく追い回されて結局よさこい部に入ったけれども
よさこいへの興味が日々高まっている関谷なる
 前回父に嫌われたくないがゆえ多くの習い事をしてきたことに疑問を感じ、
なるの一言で父と真剣に向き合いよさこい部に入ることにした西御門多美
 そして、バンドでたくさんの女子生徒にサインをお願いされた時、それに紛れてよさこい部入部届のサインを
ハナにすり寄られてねだられたのでしぶしぶ(?)名前だけよさこい部になった笹目ヤヤ

 屋上の使用は生徒会長の常盤真智に禁止されてしまったけれども
副会長である多美が真智に働きかけたことで一応部室を確保することができた。

 さて、ハナはなる、多美、ヤヤの4人で「アニキ」こと大船勝店長のよさこいショップ「勝」に行った
そこでタミとヤヤをアニキに紹介。

ハナはタミを「大和撫子」と。
そしてヤヤを「ツンデレっぽい人」と紹介していた。

ヤヤ「ツンデレ言うな!」

 しかもヤヤはハナがよさこい部の4人で「花彩祭り」にみんなで出ようという話を聞いてびっくり。
「バンドの練習があるから…」
と言っていた。
また、ハナの発言にはなるも戸惑っているようだ…。

 けれどもタミは
「よさこい「部」だから実績を残さないと!」
と張り切っているようだ。
そして
「花彩祭り楽しみだねえ。
ね、ヤヤちゃん。」

と言ってヤヤの顔を赤くしていた。

…よさこいショップを後にしたハナはお腹が空いた。
 そこでみんなで食べに行こうというが、行ったところは…

ヤヤの家のそば屋だった…
( ゚д゚)ポカーン
しかもお小遣いが足りないので「ツケでお願いします」と…
( ゚д゚)ポカーン

…けれどもなるはタミお姉ちゃんと寄り道ができることを嬉しく思っていた。

 …そんなタミから、湘南よさこい祭りの話が。
 タミの父からチラシをもらっていた。
 
 ハナとなるは大はしゃぎ。ヤヤも
「行けそう?」
とタミに聞かれて、
「まあ、忙しいけど…いいかな。」
みんなで湘南よさこい祭りに行くことになった。

 …ハナは行きの電車でもテンションが上がっていた。
けれどもよさこいを生で見たハナはいつも元気いっぱいなのとは打って変わって
ものすごく大人しくなっていた。
…感動のあまり…。


 一方、タミはよさこい祭りが始まる前にヤヤと二人きりになることがあった。
 名前だけよさこい部と言っていたけれども実際に来てくれたヤヤを
「優しい」とタミは言い、
「みんなと遊びたいとずっと思っていた」
「自分の気持ちにウソをついていたけれどもなるに
『一人よりみんなのほうが楽しいよ』
と教えてもらったので一歩踏み出すことができた」

ということを伝えた。

そして
「ヤヤちゃん、私今とっても幸せだよ。
だってヤヤちゃんやみんなと今こうして一緒にいられるんだもの」

とヤヤに伝えると、
ヤヤは顔が真っ赤になっていた…。

 …ハナとなるのコンビ、そしてタミとヤヤのコンビがここに誕生したなあ。

 …ところで湘南よさこい祭りにはサリー先生こと常盤沙里先生が4人を引率していた。
 …けれども携帯ゲームに夢中だった…。
 
 けれどもカフェで海坊主…もとい大船勝アニキサリー先生は出会った。

 また、アニキはハナたちが見かけた時はうさぎの着ぐるみを着ていて、
おば様方のよさこいチームの旗手を務めていた。
 さらにアニキとある中学生チームを見てほしい、と薦めていた。
 発足当時から手伝っているという。
 
 当時は4人だったが、衣装や小道具、曲や振付まで全部自分たちでやったという。

 アニキ「みんなで力を合わせることはすごく楽しいことだ」
と言っていた。

 それを聞いたなる
「今までは花彩祭りに参加する勇気がなかったけれども
いつかみんなといっしょに一生懸命になれたら、自分たちが主役の物語を作れたら…」

と自分の気持ちをみんなに明かした。
そして
「世界のどこにもない私達だけの物語、
私達だけのよさこいを作りたい!」

と言った…。

 …そういえば3人から初めて9人になり、
衣装や小道具、曲や振付まで全部自分たちでやったスクールアイドルグループがいたなあ…。

 なるの発言はまさにその人達の考えによく似てると思う。

 また、なるはみんなに自分の気持ちを明かす前、
「楽しい気持ちをみんなで感じあいたい」
ということをハナに言っていて、
その時はハナにものすごく感動されてみんなに言いふらされそうになって顔が真っ赤っ赤になって必死になってハナを追いかけていたけれども、

「世界のどこにもない私達だけの物語が…」

と言ったシーンでは恥ずかしいという気持ちはなるから消えていたなあ。

 …それにしてもサリー先生海坊主と言われてしまったアニキ。
 2度目にサリー先生に会った時は顔が赤くなっていたなあ。
 新たな恋の予感!?

【追記】
ハナヤマタ』のタイトル
某スクールアイドルアニメにあやかって
ハナヤマタ!』
とした方がいいと思う。

…「みんなで一生懸命になる」「みんなで物語を作る」という考え方がなんか似ているし。

(※参考
テレビ東京 あにてれ
ハナヤマタ
これまでのお話
5組目「ファースト・ステップ」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/hanayamata/episodes/index.html

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

プリンセス・タミの憂鬱… なるの憧れのお姫様。お父様のためのお姫様。 『ハナヤマタ』の感想・4組目

「よさこいしませんか?」
と、アメリカからの留学生、ハナ・N・フォンテーンスタンドに言われて
主人公・関谷なるはよさこい部に入ったものの部員がなかなか集まらず苦戦している…
その上、生徒会会長・常盤真智から屋上の無断使用を命じられた…

 …そんなストーリーが展開されているアニメハナヤマタ

第4話では生徒会副会長で、
なるにとっては憧れのお姫様である西御門多美が中心に描かれていた。

 ある日の昼休み、なるとハナが屋上で昼食を食べていて笹目ヤヤも混ざっていたが、
さり気なく多美もいた!
 
多美はなるのために
「力になれることがあったらいつでも呼んで」
と言っていた。

 また、多美はお返し物をなるの家に持ってきた時に途中までなると一緒に歩いて帰ったが、その時に
「なるは急に大人になったみたい。
とっても綺麗になったね」

と言っていた。
 ちなみになるはものすごく恥ずかしがっていた…。
 
 …ところで多美を見たハナは、彼女を大和撫子だと思い、よさこい部に誘おうと考えていた。
 …けれども多美は習い事がいっぱいあって部活をやっている暇がなかった。
 
 特に、ハナとなるがよさこいを披露したがなるがターンが上手く行かず転んでしまった時、多美はなるにターンのしかたを教えただけではなく、バレエのターンも披露した時に
ハナ
「コーチになって!」
と真剣に言われたために「考えておく」と言ってしまった
けれども、
 父に「感心しない」と言われてしまい、ハナとなるに断った時から多美は特に思い詰めるようになってしまった。
 多美に断られてどんよりするハナとなる以上に…。
(※ちなみに多美は小学校の時にバレエを習っていたらしい。)

 ちなみに真智は多美が
「最近のお父様はつれないの…
いつも忙しそうにしていて私にかまってくれない」

と、ハムスターみたいに真智に言っていることから
「いつまでもお父さん、お父さんと言っている歳じゃないでしょうに…」
ファザコンなんてしている場合じゃない」

と多美に言っていた。

 …多美は真智に昼休みの昼食中に
「今日はずっとボーっとしているけど、何かあったの?」
と聞かれた。
そこで多美は
「真智ちゃんは自分のための幸せと、友達と一緒の幸せ、
選ぶとしたらどっちを選ぶ?」

と聞いた。

お父様に喜んでもらえるのが幸せだと思っていたのに、
本当にそれだけでいいのかな…」

と多美は思っていたのだ…。

真智は
「一緒に喜んだり泣いたりしてくれる友だちがいることは素敵なこと」
と答えた。

 夜、大雨の中なるが多美を待っていた。
「何か心配事があるの? タミお姉ちゃん…
私じゃ頼りないかも、だけど、相談に乗るよ?」

となるは言ったけれども、多美は父の声が心に響いてきて、
「私急いでるから!」
と走り去った。


 けれどもなるは転んでしまいながらも多美を捕まえた。
「放っておけないよ…
だって、タミお姉ちゃん、この前のあたしと同じ顔してるもん…。
どうすればいいかわからなくて、胸がチクチク痛む…、そんな顔…。
だから…」

すると多美は
「怖いの…。大好きな人に嫌われるのが怖い…」
「今までお父様に喜ばれるために何もかもやってきたんだ、ということにすでに心の何処かで気づいていた」
「必死に西御門の娘を必死に演じて、自分で溺れて…
勝手に一人で…」

となるに気持ちを打ち明けた。

なるは
「そんなことない!
タミお姉ちゃんは一人なんかじゃないよ!」

と言い、自分が悩んでいる時にハナが背中を押し勇気をくれた、ということを話した。
そして

「私じゃダメ?
タミお姉ちゃんの背中を押してあげるのが。」


けれども
「私にはそんな資格なんて…
私はつぎはぎだらけのお人形で、なるちゃんが思ってるようなお姫様じゃ…」

と多美は言っていたがなるは、
「何があっても私にとってはタミお姉ちゃんはずっと私のお姫様だから!」
「こんな私で良ければ、タミお姉ちゃんの隣にいさせてくれませんか?」
と多美に傘を差し出した。

 …多美はなるに「ありがとう」と言い、
 あとで父に自分が今思っていることについて話をすることにした…。


 …多美はファザコンというよりはむしろ、
父親に縛られていたというか自分で「父親に縛られている」と強く思っていたのかなあ。

 特にハナやなるの前ではさり気なくというか突然登場して明るい表情を見せていたけれども
それは実は父に縛られていた(と思い込んでいた)ことに対する裏返しなのだろうか…。

 …さて、多美は父と自分がしたいことについてどんな話をするのだろうか。
次回予告によればで多美とヤヤがよさこい部に加入するというけれども
 第4話の時点ではまだ、多美の心が晴れたというわけじゃないし…。
 
 それにしてもハナの
「第1回チキチキ ハナ&なる
よさこいの場所をどうするかをプロデュース」
のグラサン。

 どこから持ってきた…( ゚д゚)ポカーン
 ピコピコハンマーはかわいいけど…。


(※参考
テレビ東京 あにてれ
ハナヤマタ
これまでのお話
4組目「プリンセス・プリンセス」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/hanayamata/episodes/index.html
次回予告
5組目「ファースト・ステップ」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/hanayamata/trailer/index.html

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

ハナ、ヤヤの弟になる!? よさこい部は生徒会と対立!?  『ハナヤマタ』の感想・3組目

主人公・関谷なるは桜の花びらが舞う月夜にアメリカからの留学生、ハナ・N・フォンテーンスタンドに会うが
ハナは中学校に転校して早々、
「よさこいしませんか?」
となるにしつこく迫って学校中を追い掛け回していたため結局よさこい部になるは入った…
そんなストーリーが展開されているアニメ『ハナヤマタ』。
 
…第2話ではなるが友達の笹目ヤヤに認めてもらおうと一生懸命よさこいの練習に励む一方、ヤヤがなるを巡ってハナに嫉妬していることに気づいたが
第3話でもヤヤの嫉妬はまだ続いていた。
 特に連休最終日、ヤヤの家の蕎麦屋の前で倒れていたハナに蕎麦を食べさせたことからヤヤの予定が大きく狂った。
 その日は午後からなると一緒にアニメ映画を見に行く予定だったが、ハナが「私も行きたい」と食いついてきたのだ…。
 なるとウザイ(ハナ)を天秤にかけるヤヤは、結局ハナと一緒に行くことにした。

 …ちなみにハナはその日は着物で、ヤヤは映画を見に行くのに相応しくないと考え、の服を着せた。
小さなハナには似合っていると思っていたが、ハナは違和感を感じていて、
「大きくなったらナイスバディになっているはず!」と言っていた。
 
 買い物をしながらハナとの時間を過ごしたヤヤだったが、気がついたら約束の時間を過ぎていた!
 その翌日、なるは怒っていた…。

 …けれどもヤヤはなるがハナのことを気に入っている理由がわかった。

ハナはバカだけど、それゆえに裏表もなく前向き。
一緒にいるとつられて楽しくなってしまう…


 けれども
「なんかムカつく…」
とハナの頬をつねっていた。


 …ところで第3話の冒頭では何とスパイ映画のようなシーンが。
 よさこいショップに怖そうなおっさんがいるのでなるとハナは第2話では入れなかったが、
意を決して第3話では入ったのだ。

 
 ちなみに怖そうなおっさん…もといよさこいショップ「勝」の店長は大船勝という名前。
 当然よさこいについては詳しく、なるとハナに丁寧によさこいについて説明していた。
 特にハナは
「冷やかしに来た」と店長に堂々と言い、なるは焦るも、
いつのまにかハナと店長は互いを
「アニキ」「ハナっち」と呼び合うほどになっていた。


  ところで店長は鎌倉で行われる「花彩よさこい祭り」にはあと二、三人集まれば参加できる、と言っていたが
 学校でもよさこい部について問題が起こった。
 生徒会長の常盤真智の話によると、よさこい部は許可されておらず、部として認められるためには部員が少なくとも4人必要なことと顧問が必要なことを言っていた。
そこでハナは「サリーちゃん先生」こと常盤沙里先生に顧問になるように頼んでいた。
 特にハナは常磐先生に抱きついてサインをお願いしていた。
 
 …更によさこい部について新たな問題が。
 屋上の無断使用は禁止、と真智に言われてしまった…。


 …ヤヤとハナはまるで姉だったが、ヤヤがハナに振り回されるというか夢中になるあまり、なるとの大事な約束を忘れてしまうなんて…。
ヤヤの「SBJK」(嫉妬深い女子高生)ならぬ
「SBJC」(嫉妬深い女子中学生)は更に加速しそうな予感…。


 また、日本の文化に目を輝かせているハナはかわいいけれどもっぽいハナもいい感じだったなあ

 …ところで問題のよさこい部の活動場所は次回予告によると、副会長でなるの幼なじみの西御門多美がなんとかしてくれるようだ。
 けれどもサリーちゃん先生の妹である真智との関係はどうなっていくのだろうかということも今後のよさこい部も含めて気になるところだ。

(※参考
テレビ東京 あにてれ
これまでのお話
3組目「ガールズ・スタイル」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/hanayamata/episodes/index.html
次回予告
4組目
「プリンセス・プリンセス」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/hanayamata/trailer/index.html

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

SBJC(嫉妬深い女子中学生)・ヤヤの嫉妬! なるはよさこいはうまく踊れなかったけれども… 『ハナヤマタ』の感想・2組目

 主人公・関谷なるは桜の花びらが舞う月夜にアメリカからの留学生、ハナ・N・フォンテーンスタンドに会うが
ハナは中学校に転校して早々、
「よさこいしませんか?」
となるにしつこく迫って学校中を追い掛け回していたため結局よさこい部になるは入った…

そんなストーリーが展開されているアニメ『ハナヤマタ』。

 第2話ではなるの親友である笹目ヤヤのハナに対する嫉妬が描かれていた。

 ハナはなるがよさこい部に入ってからも当たり前のように馴れ馴れしく、
 なるの家を訪れたり一緒によさこいショップに行こうと誘ったり。
 ちなみにハナがなるの家を訪れた時にはなるは1年ぶりにヤヤ以外の友人を家に呼ぶのでものすごく緊張していたが、
ハナは侍を見つけて顔を真っ赤にして大興奮、写真を撮りまくっていた…。
 また、家の中ではなるの部屋に本がたくさんあることから本のことが話題に。
ハナはヒーローもののコミックが好きだという。
 また忍者に憧れてフリーランニングをしていたことから男の子みたいだとなるにハナは言われていた。
 …ちなみになるはハナが来る前に恥ずかしい物は隠したつもりだったが、
ボードに書いた絵日記(?)は隠しきれていなかった…。
( ゚д゚)ポカーン


 また、なるはハナから鳴子をもらって鳴らしてみたり、ハナと一緒によさこいのDVDを見ていた。

 ちなみにハナとなるでよさこいショップに行った時は、強面の店員がいて
「ジャパニーズゴクドーサン!」
とハナは大騒ぎするも、なるに引っ張られて去ったために店内に入ることはできなかった。

 一方、バンドでドラムをやっているヤヤはなるにメールをするもすぐにメールは来なかった。

 ヤヤがなるからメールを受けたのは夜、なるが家についてからで、
 「よさこいショップに入れなかった」
という内容に微笑むが、
「ハナと一緒にあんみつを食べた」
という内容を見ると切ない気持ちになった。

 …そして次の日、なるはハナに会い、さらにヤヤに声をかけると、ヤヤはよさこいについて
「なるには絶対ムリ。
小さい頃から弱虫でいつもオドオドして人前じゃいつも赤くなってしまうくせに!」

と言われてしまった。
なるはヤヤに
「一週間後よさこいを見せてあげる。私だってやればできるんだから!」
と言った。
 …けれどもなるは運動音痴で転んでばかり。

 一方、ヤヤはなるに嫉妬したことに気がついた。
「これじゃまるで小学生じゃないか!」と。
 そこにハナが飛び込んできて、一度練習しているなるの姿を見てほしい、とヤヤを引っ張っていった。
 しかもなるがヤヤに認めてもらおうと学校の屋上で練習しているのを見て去ろうとしていたヤヤに対して
「これが噂のツンデレってやつですね!」
と言った…。

 …夕方、階段の踊場から屋上に引き返したヤヤはなるに
「よさこいを見せて!」
と言った。

 なるは途中まではぎこちないながらも踊れていたが、途中でバランスを崩して転んでしまった。
 なるは大泣きしてしまった。
 ハナに教えてもらったのに、ヤヤに認めて欲しかったのに失敗してしまったから。

 けれどもヤヤは
「本当にドンくさいんだから! もう十分わかったわよ。」
と言いつつも、
「この間はごめんね。」
と「よさこいは無理だ」となるに言ってしまったことを謝っていた。



 …ヤヤはツンデレ!
しかもSBJC(嫉妬深い女子中学生)だった!
 けれどもドジななるをいつも気にかけているなあ。
 ただ、ヤヤはハナに「ツンデレ」とこれからもいじられそう…。

 それにしてもなるがよさこいをうまく踊れる日はいつの日か…。
 そして、よさこいショップに入れる日はいつの日か…。


(※参考
テレビ東京 あにてれ
ハナヤマタ
これまでのお話
2組目「ジェラシー・ローズ」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/hanayamata/episodes/index.html

よさこい大好き! なる大好き! …留学生・ハナ登場!! 『ハナヤマタ』の感想・1組目

まんがタイムきらら系の留学生といえば『きんいろモザイク』のアリス・カータレットが挙げられるが、
最近登場したアニメハナヤマタ』の留学生、
ハナ・N・フォンテーンスタンドは、
主人公・関谷なるの中学校に転校して早々
よさこいしませんか?」
としつこく迫って学校中を追い掛け回していた…!!


http://hanayamata.com/

 更には図書室の机の下に隠れたり、窓に張り付くというしつこさ…
 
 ただ、なるがハナに初めて神社で出会った時、鳥居をピョンピョンと飛び越えていたように
ハナの運動神経はものすごく良さそう。


 …そもそも、なるはごく普通の女の子でおとぎ話に憧れている中学2年生。
けれどもやりたいことはまだ見つかっていなかった。空っぽだった。
 ある日、桜の花びらが舞う月夜に踊っているハナを見て踊りたいと思っていたけれども、なかなか踏み出せなかった。
 転校して早々、自分をしつこく追いかけるハナを疎ましくさえ思っていた。
 けれどもなるは、よさこい部を立ち上げ夜遅くまで勧誘活動しているハナの様子を見て、屋上のよさこい部、ハナのもとにやってきた。
ハナに初めて出会った時もらった鳴子を返そうと。


 ちなみにハナ留学してくる前はアメリカニュージャージー州プリンストンにいたが、日本に来た時初めてよさこいを見てその力強い踊りに魅了されて
「自分もあの中に入って踊りたい!」
「みんなでよさこいを踊りたい!」

と思ったので留学したという。

 なるはよさこい部に入ることをためらっていたが
空っぽだったらこれからいくらでも詰め込める」
というハナの言葉を聞いて
「ハナと初めて踊った時すっごく楽しかった」
という想いを伝えた。

 …もっともなるは、
よさこい部の手伝いで入部するだけだから」
ということを強調していたけれども…。



 …ハナはなるが超がつくほど大好きなのは明らかだけども、
これほどまでにしつこいとは…( ゚д゚)
しかもよさこい…( ゚д゚)

これぞ、「クレイジーよさこいレズ」…


 ただ、ハナとなるの関係は次回以降も気になるし、
これからよさこい部に入ってくるメンバーも気になる。


…それにしても屋上での練習というと
『ラブライブ!』を彷彿とさせるなあ…。

(※参考
ハナヤマタ TVアニメ公式サイト
http://hanayamata.com/

テレビ東京 あにてれ
ハナヤマタ
これまでのお話
1組目「シャル・ウィ・ダンス?」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/hanayamata/episodes/index.html
次回予告
2組目「ジェラシー・ローズ」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/hanayamata/trailer/index.html

テーマ : 2014年 夏アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

最新記事
カテゴリ
プロフィール

群良源(むらいげん)

Author:群良源(むらいげん)
【群良源(ムライゲン) プロフィール】
まったりとアニメや漫画、ゲームの感想を書いてます。
現在取り扱っているのは…

<アニメ>
ポケットモンスターXY(アニポケ)
今季:ご注文はうさぎですか? 、金田一少年の事件簿R
<お気に入り>
ニャル子、きんいろモザイク、のんのんびより、ご注文はうさぎですか?、ラブライブ! などなど

<漫画>
金田一少年の事件簿R
 
また、Twitterでは genmurai の名でつぶやいています。興味あればフォローしてください!

つぶやき。
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
オレンジトラフィック
アクセス解析
コスメの多様化
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR