FC2ブログ

九校戦は圧勝の嵐! けれどもノーヘッドドラゴンは嵐の前の静けさ…? 『魔法科高校の劣等生』・第11話の感想

アニメ『魔法科高校の劣等生』は今、九校戦が展開されていて
司波達也・深雪の兄妹はそれぞれエンジニア、選手として活躍している
 
 深雪の出番はまだだけれどもその一方で
達也と吉田幹比古が国際犯罪シンジケート「ノーヘッドドラゴン」のメンバーと思われる不審者と遭遇したり、その前には自爆テロがあったり
またも国をまたぐ犯罪組織の陰謀の影が渦巻いている…
 特に最近放送された第11話では風間玄信少佐や真田繁留大尉も登場したし、これから九校戦を巻き込む大騒動が起こりそうな予感がする…。

 とはいえ、第11話は渡辺摩利バトルボードで圧倒的な差をつけて準決勝進出
七草真由美スピードシューティングでパーフェクトを叩きだして優勝し、
更には地面を振動させる魔法が得意な千代田花音ピラーズブレイクで勝利していた。

 …けれども全体の結果から一高優勝のためには本選で残り6種目のうち4種目優勝する必要があるとのこと。

 …ところで第11話では夜更けに深雪が達也の部屋を訪れ、七草会長からの連絡を伝えたがそこでも相変わらずのお兄様デレデレっぷりを見せていたが、
 七草会長もクラウドボールの試合前に達也にストレッチを手伝わせるシーンがあった。

 …七草会長はこれからも達也にアタックしていきそうな予感がするが、
魔法科高校では今のところ達也以外誰も知らない九校戦の裏で展開されるノーヘッドドラゴンの事件に巻き込まれてしまわないだろうか…?


 また、深雪が部屋を夜更けに訪れた時、達也が九校戦とは無関係にプログラムしていた「あるもの」があり、
それが半日で組み立てられて達也のもとに送られてきていて早速西城レオンハルトがその実験台になる、というところで第11話が終わっていた。


 …九校戦は深雪の活躍も気になるけれども、
メインとなるのはどうもノーヘッドドラゴンの野望と思われる
 
 特に達也は幹比古に
「お前はアホだ、なぜ自分を否定しようとする」
と厳しい言葉を投げかけていて、幹比古が魔法の発動スピードを特に気にしていることを言い当てたが
 魔法の発動スピードの件は九校戦でも、
これからおそらく来るであろうノーヘッドドラゴンとの戦いでも役に立ってきそう。


 …それにしてもレオに実験台になってもらったものはやはり対ノーヘッドドラゴン用の武器なのだろうか…?
 他人には「おもちゃ」と達也は伝えているけれども…。

(※参考
アニメ『魔法科高校の劣等生
STORY
九校戦編 4
http://mahouka.jp/story/e11.html)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 魔法科高校の劣等生
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

群良源(むらいげん)

Author:群良源(むらいげん)
【群良源(ムライゲン) プロフィール】
まったりとアニメや漫画、ゲームの感想を書いてます。
現在取り扱っているのは…

<アニメ>
ポケットモンスターXY(アニポケ)
今季:ご注文はうさぎですか? 、金田一少年の事件簿R
<お気に入り>
ニャル子、きんいろモザイク、のんのんびより、ご注文はうさぎですか?、ラブライブ! などなど

<漫画>
金田一少年の事件簿R
 
また、Twitterでは genmurai の名でつぶやいています。興味あればフォローしてください!

つぶやき。
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
オレンジトラフィック
アクセス解析
コスメの多様化
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR