流れてきた夫婦狐… 乾光太郎の死! 『金田一少年の事件簿R(リターンズ)・狐火流し殺人事件』の感想・3

今週刊少年マガジンで連載されている『金田一少年の事件簿R』は
狐火流し殺人事件』が展開されている。
 金田一一は、一通の電報をきっかけにはじめが小5の時に一が参加した白狐村で行われたカブスカウトのメンバーと6年ぶりに再会するが、
はじめたちは電報で月江茉莉香2ヶ月前に霧谷凛の家の土蔵でまるで「狐の嫁入り」のように裸に白い布を纏い白狐のお面を被せられて殺された事件を知り、
更に今に至りかつてのカブスカウトのメンバーだった乾光太郎が何者かに刺されて殺され、第3話ではその遺体が狐火流しの灯籠に紛れて流れてきた。

 灯籠にはゴムボートがくっついていてそのゴムボートに狐のお面を被せられた光太郎の刺殺体が乗っていた。
 ちなみにこのゴムボートカブスカウト当時、蛇に噛まれた鐘本あかりを運ぶために金田一一と桃瀬心平が川下りしたゴムボートで、
霧谷凛の父が裏の物置にしまっていたものだという。

 またはじめは、犯人は光太郎と茉莉香を殺害した人物がカブスカウト時代のはじめたちを知っていて、6年前の遭難事件に関わっている人物とみていた。
 また、光太郎の遺体を乗せたゴムボートは釣り場のある当たりから流されたと見ていた。
 そこに行ってみると凶器と思われる刃物やマッチを擦ったあと、光太郎のスマホを発見。
 あかりによってスマホが光太郎のものだと確認された。

 はじめは「10分以上姿を消した人は一人もいない…」と思っていたら、
アリバイがないかもしれない人物が一人だけいる」
と言っていた…。

 
 …はじめが思い描いたアリバイがないかもしれない人物」は恐らく花嫁役だった凛と思われるが、これこそ犯人の罠なのでは…。
 自分のアリバイを確保し、アリバイのない凛に疑いをかけることなのかも…。

 それにしても狐火流しとともに流れてきたゴムボートは、ロウソクで暖められた熱で船を動かす、
いわゆる「ぽんぽん船」に似ているなあ。


 …くだんの光太郎殺しで使われたのはそれの巨大版かな…?

(※参考
週刊少年マガジン 2014年第33号~35号
金田一少年の事件簿R 狐火流し殺人事件
講談社(2014) (第3話)p217~p236

雪印メグミルク株式会社
楽しい工作
ぽんぽん船
https://www.meg-snow.com/fun/make/craft/craft32.html
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 推理小説・ミステリー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ゴムボートで到着

こんばんは。今回の話で、光太郎の遺体に狐の仮面を被せることに拘りがあるみたいですね・・。
大事な仲間達が殺される展開に、一ちゃんは止められるのかー?
一体何故そこまでに殺意を刈るまでになったのかな・・・。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

群良源(むらいげん)

Author:群良源(むらいげん)
【群良源(ムライゲン) プロフィール】
まったりとアニメや漫画、ゲームの感想を書いてます。
現在取り扱っているのは…

<アニメ>
ポケットモンスターXY(アニポケ)
今季:ご注文はうさぎですか? 、金田一少年の事件簿R
<お気に入り>
ニャル子、きんいろモザイク、のんのんびより、ご注文はうさぎですか?、ラブライブ! などなど

<漫画>
金田一少年の事件簿R
 
また、Twitterでは genmurai の名でつぶやいています。興味あればフォローしてください!

つぶやき。
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
オレンジトラフィック
アクセス解析
コスメの多様化
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR