桃子、短刀とお守りをなくす…。 けれども鬼姫が…! 『モモキュンソード』・第七話の感想

 桃から産まれた桃太郎…ではなく桃子が、
三千実の桃(みちみのもも)のかけらを守るため犬神、猿神、雉神と一緒に旅をする
アニメモモキュンソード

 第七話は越後の国が舞台で崖で鬼姫と戦っている時に桃子は森の中に桃子が大切にしていた短刀、というか桃子が生まれた時に持っていたおじいさんにもらったお守りを落としてしまったので探しに行く回。

三千実の桃のかけらを鬼姫に奪われた桃子
けれども、大切なお守りをなくしてしまったので桃子はそれどころではなく鬼姫を無視してしまっていた。

 一方、鬼姫は桃子に無視されたばかりか鬼姫の父・邪鬼王に褒めてもらえず彼女にとっては後味が悪い戦いだった。
 
 夜中、艶鬼を連れて人間界にやってきた鬼姫
 短刀を探し続ける桃子を見かけた。

 短刀をなくしたのは自分のせいなのか、と思う鬼姫。
けれども桃子も、猿神たちも「この件は恨んでいない」とのこと。
けれども鬼姫は
短刀をなくしたことで桃子が腑抜けになるならば短刀を奪っておけばよかった
と、なぜか幻鬼をムチで叩きまくっていた…。

 この鬼姫の言葉を影で妖鬼が聞いていた…。

 幻鬼…(´・ω・`)ショボーン

 …ところで桃子は天女隊と安倍晴明と協力して短刀を探していた。
 けれども肝心の短刀とお守り妖鬼が先に見つけていて、
 返して欲しければそれ相応のもの…
すなわち三千実の桃のかけらを持ってこい、という取引を持ちかけた。


 ちなみに、三千実の桃のかけらを見つけた晴明はそれを懐に隠した。

 …妖鬼が去った後、桃子は涙を流して泣いていた。
鬼姫もその様子を隠れて見ていて、切なくなっていた。

 天女隊は今まで回収したかけらを返してもらえないか皇天女に掛けあってみることにした。
 また、晴明は自分もかけらを探すと言っていた。

 けれども皇天女はそれはできないと言っていた…。
 晴明も渡さなかった…。

 けれども桃子は短刀とお守りを諦めることにして、開き直っていた。
お守りよりももっと大事なものがある、と。


 …一方、鬼姫は母のことを想っていた。
 
鬼姫は妖鬼のところへ。
 短刀を見せてもらうと見せかけて、その短刀を持って逃走した。

 そして、鬼姫は
「短刀を奪われたと聞いてしょぼくれていると聞いてその顔を見に来た」
と言い、桃子の短刀を「拾った」と言って桃子に返した。

 …桃子に「ありがとう」と言われて照れる鬼姫。
鬼姫はその場を去った。
 
 桃子は猿神と憑依合体し、妖鬼を倒した。

 ちなみに鬼姫の裏切り行為については邪鬼王は責めなかった。
 己が信念に従ったから、と。

 一方、かぐやの研究所に三千実の桃のかけらを持ってきた晴明。
こちらは人間界の平和のために三千実の桃のかけらが必要で、これが集まれば強大な力が発動するらしい。



 …安倍晴明は桃子の敵か味方か…
三千実の桃のかけらを集めて何をしでかすのだろうか…。

 アニメの最終回直前のところでわかりそうな予感がする。

 それにしても鬼姫が短刀を妖鬼から奪い返すとは!
 桃子の両親代わりのおじいさん、おばあさんからもらった宝物と聞いて自分自身と重なったのかな。

 
 特に鬼姫には敵味方を超えた桃子との特別な感情があるようにも感じる…。

 さて次回は温泉回で、桃子と鬼姫が共闘する回の模様。
 盗難事件の犯人は、果たして…。

(※参考
モモキュンソード
STORY
第六話 喪失危機!? 桃子の大切なモノ
http://momokyun.com/story.html
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : モモキュンソード
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

群良源(むらいげん)

Author:群良源(むらいげん)
【群良源(ムライゲン) プロフィール】
まったりとアニメや漫画、ゲームの感想を書いてます。
現在取り扱っているのは…

<アニメ>
ポケットモンスターXY(アニポケ)
今季:ご注文はうさぎですか? 、金田一少年の事件簿R
<お気に入り>
ニャル子、きんいろモザイク、のんのんびより、ご注文はうさぎですか?、ラブライブ! などなど

<漫画>
金田一少年の事件簿R
 
また、Twitterでは genmurai の名でつぶやいています。興味あればフォローしてください!

つぶやき。
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
オレンジトラフィック
アクセス解析
コスメの多様化
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR