駆は母とともに旅立った。けれども彼には大切なものができた。 それは… 『グラスリップ』第13話の感想

 アニメ『グラスリップ』では
主人公・深水透子が両親と妹の陽菜とともに沖倉駆の家を訪れ、ピアニストである駆の母のピアノ演奏を聴いたが、
透子は冬の花火を見、そこでは駆は高山やなぎたちと親しかったけれども
最終回・第13話ではピアノの演奏が終わると透子は突然倒れてしまった。
透子が倒れてしまったことに責任を感じる駆だったが、起き上がった透子は演奏をもう一度聴くために駆の家に残っていた。
「すごくドラマチックなの」
と、透子は駆の母に言っていた。
そして透子は駆の家から帰ると工房で駆のためにガラス細工を作っていた。
 
 …透子が住む街に流星群が見られる日。
 透子が駆がいつも山を登って休む場所にやってくるとそこに駆がいた。
ただ、天気は生憎の曇り空だった。
 
 …透子は駆に冬の花火を見たということを話した。けれども駆には見えなかったという。

…それは「未来の欠片」なのか!?

けれども駆は「もうその言葉はそぐわない」と言った。

 透子は「私は駆を見たかった」
 駆は「透子を見たかった」
とお互いの気持ちを確かめ合った。


 そこで透子は駆のために色とりどりのビー玉のようなガラス細工を駆に渡した。
 そして夜空に向けて空高く二人でそれを放り投げると二人にはまるで流星のように見えた。

 ただ、流星群は透子と駆だけではなく高山やなぎ、白崎祐、永宮幸、そして透子の妹の陽菜にも見えていた。

 ちなみに透子の母は昔、流星群が見える日に夫に告白されたことがある、とのこと。

 …そして夏休みが終わって学校が始まったが駆は駆の母と共に旅立ってしまった…。

 透子は登校中に駆が自分を呼ぶ声を聞いた…。


 ― やはり、駆との別れは避けられなかったか…。

 けれども駆が口にしていた
唐突な当たり前の孤独
 それが駆から完全に消えたわけではないけれども、
少なくとも今の駆は透子という大切な人ができたし、
透子の母の話からもしかしたらいつか二人は再び出会い結ばれる…
そんな展開がありそうな予感


 …駆が3人に見えるシーンは最後まで謎だったけれども、
だからこそひと夏の透子と駆の恋の行方から目が離せなかったなあ


もっともネットではグラスリップの世界観が意味不明という声が少なくなかったけれども…。

【追記】
グラスリップ』最終話のタイトルが「流星」だからといって
「マンダのりゅうせいぐんはつよい」と言うのはやめましょう。

(※参考
TVアニメ「グラスリップ」公式サイト
ストーリー
最終話 流星
http://glasslip.jp/index.html
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

群良源(むらいげん)

Author:群良源(むらいげん)
【群良源(ムライゲン) プロフィール】
まったりとアニメや漫画、ゲームの感想を書いてます。
現在取り扱っているのは…

<アニメ>
ポケットモンスターXY(アニポケ)
今季:ご注文はうさぎですか? 、金田一少年の事件簿R
<お気に入り>
ニャル子、きんいろモザイク、のんのんびより、ご注文はうさぎですか?、ラブライブ! などなど

<漫画>
金田一少年の事件簿R
 
また、Twitterでは genmurai の名でつぶやいています。興味あればフォローしてください!

つぶやき。
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
オレンジトラフィック
アクセス解析
コスメの多様化
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR